Yukimune Oji

日本文化を22世紀に継承する https://bun-kei.com/

Yukimune Oji

日本文化を22世紀に継承する https://bun-kei.com/

    記事一覧

    イランへ旅行したい方へ

    このNoteは、イランへ旅行してみたい方に向けたものです。制裁下の国ゆえ、VisaやMasterカードが使えないなど他の国とは違う旅行事情が多々ある中、より多くの人に諦めずに…

    Yukimune Oji
    4か月前
    3

    結局、自治体の課題は何なのか。

    日本の地方と向き合って10年 日本の地方に興味を持ち、「地方創生」と言われる活動を始めて10年が経とうとしています。47都道府県100弱の自治体と関わりを持ったからこそ…

    Yukimune Oji
    7か月前
    26

    2022.04 トルコ旅行記(人物編)

    前回のHatay編が食、歴史、文化の紹介と、あまりに普通だったので、出会った人にフォーカスした記事を書きました。 ZekiとはHatayのレストランで知り合った。ウェイターの…

    Yukimune Oji
    8か月前
    9

    2022.04 トルコ旅行記 (Hatay編)

    概要 2022.04.25~2022.05.10(16日間) トルコ Hatay→Gaziantep→Adana→Trabzon→Van 1人旅 トルコ4回目 総額費用 45万円 (航空機 20、 ホテル 10、 レンタカー 10、…

    Yukimune Oji
    8か月前
    13

    社会に残るもの

    最近、自分に残された時間について考えている。 平均寿命や健康寿命のような考え方で言えば、「まだ早い」と思われるかもしれないが、バックパッカーをしていたせいか、人…

    Yukimune Oji
    11か月前
    13
    イランへ旅行したい方へ

    イランへ旅行したい方へ

    このNoteは、イランへ旅行してみたい方に向けたものです。制裁下の国ゆえ、VisaやMasterカードが使えないなど他の国とは違う旅行事情が多々ある中、より多くの人に諦めずにイランに行っていただきたく、必要な情報をまとめました。

    イランとは?

    人口80万人。ほぼ100%の国民がイスラム教です。

    パキスタン、アフガニスタン、トルクメニスタン、アゼルバイジャン、アルメニア、トルコ、イラクと国境を

    もっとみる
    結局、自治体の課題は何なのか。

    結局、自治体の課題は何なのか。

    日本の地方と向き合って10年

    日本の地方に興味を持ち、「地方創生」と言われる活動を始めて10年が経とうとしています。47都道府県100弱の自治体と関わりを持ったからこそ見えてきた地方自治体の課題について、今日はお話したいと思います。

    まずは、私が考える自治体の課題そのものを記載します。解決策については、また然るべき時に(笑)

    人の活用が下手

    とにかく人の活用が下手。
    人は地域内と地域外に分

    もっとみる
    2022.04 トルコ旅行記(人物編)

    2022.04 トルコ旅行記(人物編)

    前回のHatay編が食、歴史、文化の紹介と、あまりに普通だったので、出会った人にフォーカスした記事を書きました。

    ZekiとはHatayのレストランで知り合った。ウェイターのチーフをしていて、笑顔あふれて気も効いて、とても気持ちよく食事をとることができた。翌日同じレストランの前を通ると開店前で暇そうだったので、一緒にお茶をすることに。

    ZekiはHatay生まれHatay育ち。なのに、ネイティ

    もっとみる
    2022.04 トルコ旅行記 (Hatay編)

    2022.04 トルコ旅行記 (Hatay編)

    概要

    2022.04.25~2022.05.10(16日間)
    トルコ Hatay→Gaziantep→Adana→Trabzon→Van
    1人旅
    トルコ4回目
    総額費用 45万円
    (航空機 20、 ホテル 10、 レンタカー 10、飲食費/娯楽費 5)

    サマリー

    ザ・バケーションは西部、奥深い歴史は南部、緑の自然は北部、未開の地は東部。

    超親日。トルコ語話せれば親友に。

    File 1.

    もっとみる
    社会に残るもの

    社会に残るもの

    最近、自分に残された時間について考えている。
    平均寿命や健康寿命のような考え方で言えば、「まだ早い」と思われるかもしれないが、バックパッカーをしていたせいか、人の生き死にに触れる機会も多く、心のどこかで今年・来年死ぬかもしれない、と思っているからだ。誰であったか忘れたがどこかの文豪も「平均寿命は誰の年齢でもない」と書いていたことを記憶している。

    最後に残るのはモノやサービスではなく、言葉。

    もっとみる