【本の紹介】はじめてのAndroidアプリ開発 Kotlin編

にわけん

この度WINGSプロジェクト様より「はじめてのAndroidアプリ開発 Kotlin編」を頂きましたので、ご紹介させて頂きます。

前提

自分は一応職業プログラマーであり、仕事上でのスマフォアプリの開発経験有り(但しiOS系が主)という立場からのレビューとなります。

良かった点

・AndroidStudioの画面構成と各要素について、きちんと解説がされている。初心者が初めてAndroidStudioを使用した場合でも、迷い無く開発を進められると思います。
・Androidプロジェクトを構成する各要素について、きちんと解説が記述されている。案外軽視されがちで迷いがちなプロジェクト構成要素について理解出来、開発を進めて行く際に困るケースが減ると思います。
・アプリ開発時に重要な様々なViewについて、基礎と応用に分けて詳細に解説がなされている。UIやViewはアプリ開発で一番使用する事が多い部分なので、ここをしっかり学べるのは良いです。
・インテントについても一章まるごと割き、どういった種類があり、それぞれがどういったものかについて記述されている。初心者には直感的に分かりにくいインテントなので、これについてきちんと理解が進められるようになっているのは良いです。
・作成したアプリのストアでの公開についても、一章を割き解説がされている。
・本書全般において、図やスクリーンショットが豊富に使われており、学習するにあたって迷いにくくなるように工夫されている。
・古い(廃止予定の)AndroidAPIを使用している場合、注釈がきちんと入れられており、AndroidSDKの新しいバージョンでの推奨APIが分かる様になっている。

気になった点

・目的別の索引があるともっと良かった。

まとめ

別途Kotlinについての解説書が必要ではあるが、本書一冊でAndroidアプリ開発に関する基礎的な部分について学習可能です。最初に読む一冊として最適な内容だと思います。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
にわけん

毎度ご覧頂き感謝です♪ お布施をしていただくと、僕の喫茶店での執筆時のコーヒー代になります。とても助かります。