見出し画像

小倉優子さんの似顔絵添削例⑤(Yさん)

・2019年3月の課題モデル「小倉優子さん」の添削例です。※本文中の教科書とは『似顔絵って難しいよねー似せるための観察方法と考え方ー』のことです。教科書があるとより理解が深まります。教科書のフルカラー版はBASEで、一部を白黒に変更した割安版はAmazonで購入できます。

今回はメールのやりとりからも学べる点が多いと感じる例でしたのでメールも一部公開します。

Yさんから課題提出時のメール

今回も難しかったです…!
なかなかどう描いてもただの漫画の美人の記号みたいにしかならず。
ちょっとでも何かが狂うと他の女性芸能人ぽくなったり
オバサンぽくなったり。

描き込みすぎるとホワンとした雰囲気が崩れて
自己主張の強い顔になってしまったり。

特徴…?
下唇が厚い、輪郭が意外と四角っぽい?
くらいしか言語化できません。
イメージでたれ目かと思っていましたが違いますね。

でもこの課題に取り組んだ後だと一般人を見たら特徴がわかりやすすぎて
余裕で描けそうな気がしてきました…!!
(まだ試してませんが…)

そして大変遅くなりましたが前回の添削ありがとうございました!
ちょっとした違いで格段に似るっていうことが
目に見えて分かって凄い!! って思いました。
丁寧であたたかい講評文に似顔絵これからも
頑張ろうって思えました。
本当にありがとうございます!

以上、長くなりましたが、よろしくお願いします。

マジェリンからの返信メール

こんにちは、マジェリンです。

>>今回も難しかったです…!
→ゆうこりん難しかったですよね(^_^;) 私も何度か挫折しそうになりました(笑)
よくいる美人な芸能人の中で、ゆうこりんらしさとは何か?しっかりと模索されていて素晴らしいです。文章と作品からゆうこりんの特徴とよく向き合ったのが伝わってきます。

>>特徴…?下唇が厚い、輪郭が意外と四角っぽい?
くらいしか言語化できません。
イメージでたれ目かと思っていましたが違いますね。

→全部私たちも同じ特徴だと思いました◎ できれば一通り描くまでは夢中で感性のままに描いて、「なんか似ないな…」と思い始めたら言葉に置き換えてみたり、理屈で似せにいったりすると良いです◎
似顔絵的に必要な右脳・左脳両方効率よく鍛えられます(たぶん)

>>でもこの課題に取り組んだ後だと一般人を見たら特徴がわかりやすすぎて
余裕で描けそうな気がしてきました…!!
(まだ試してませんが…)

→本当にその通りだと思います。
ゆうこりんを制す者はどんな美人も制す…気がしますよね(笑)

それでは、大変お待たせしておりました添削結果ですが、ようやく出来上がりましたので画像添付と共に解説していきます。


添削して感じたコト

・眉毛のグラデーション◎他の生徒さんは意外と描けてない方が多かったです。
優しい・女性らしい雰囲気が出ますよね。

・そして困り眉のような絶妙な形についてですが、これも上手く表現されていてさすがだなと感じました。眉毛を大事にする事は目も大事にする事と直結しますので、抽象的に捉えるのも得意で、
繊細な表現も兼ねられるYさんの強みがよく表れています◎

・黒目の下を削って笑っている目・潤んだ目にする表現、漫画的な処理がゆうこりんらしさにキレイに当てはめられていて良いなと感じました。受け取った人も嬉しくなる表現だと思います(^^)

私たちが思う小倉優子さんの特徴

教科書p.20にある『似ている似顔絵の5大要素』に沿って特徴を書き出しています。

画像5

画像6

※この絵は説明するためにあえて特徴を描かずにトレースに近い絵で説明しています。出来れば実際に写真を検索して観察してみてください。

◆配置

下型

◆パーツ

眉毛 → 困り眉のような印象もしくは平行眉

目 → タレ目の印象、黒目がち、メイクをしっかりしている、黒目の下がよくマブタでよく隠れる

鼻→鼻根にくびれがない感じの鼻。カマボコ鼻に近い(詳しい説明は画像参照)

口 → 下唇が分厚い。教科書p.76の「歯が生える前の赤ちゃん」のような口。上唇の真ん中を尖らせると幼さが表現できて似やすい。

◆かたまり・角
顔がとにかく横に広い。美少女なのにエラまでしっかりしていて、顎があまり尖っていないのが個性的。
配置が下型なのでやや耳が平均よりも上に付いているように見える。
ゆうこりんの配置は外型ではないけど、目と目の距離は気持ちやや離すと似ます。ですが、目尻から輪郭までのスペースも広いため、外型の要素がないところに注意(画像参照)。眉毛から生え際まで(おでこ)は意外と狭いが、前髪の始まりから頭頂部までが長くて下型が強調されている(画像参照)

◆表情
笑顔になるともっと黒目になる。口の横幅が狭い(より輪郭が大きく感じられる)
目頭の近くで笑うタイプ(p.98)

◆身体つき、雰囲気、仕草など
優しいママのイメージ。若々しい。首がスラっと長くとても女性らしい。


◆配置 下型

◆パーツ
眉毛 → 困り眉のような印象もしくは平行眉

目 → タレ目の印象、黒目がち、メイクをしっかりしている、黒目の下がよくマブタでよく隠れる

鼻→鼻根にくびれがない感じの鼻。カマボコ鼻に近い(詳しい説明は画像参照)

口 → 下唇が分厚い。教科書p.76の「歯が生える前の赤ちゃん」のような口。上唇の真ん中を尖らせると不思議と似ました。

◆かたまり・角
顔がとにかく横に広い。美少女なのにエラまでしっかりしていて、顎があまり尖っていないのが個性的。
配置が下型なのでやや耳が平均よりも上に付いているように見える。
ゆうこりんの配置は外型ではないけど、目と目の距離は気持ちやや離すと似ます。
眉毛から生え際まで(おでこ)は意外と狭いが、前髪の始まりから頭頂部までが長くて下型が強調されている。

◆表情
笑顔になるともっと黒目になる。口の横幅が狭い(より輪郭が大きく感じる)
目頭の近くで笑うタイプ(p.98)

◆身体つき、雰囲気、仕草など
優しいママのイメージ。若々しい。首がスラっと長くとても女性らしい。

添削結果

画像1

{修正したポイントは}

・前髪全体をセットにして下げて、下型の要素を強調。

・さらに耳が平均よりも上の方に付いている感じを出して、下型をもっと強調。

・女性の平均よりももみあげが多い感じを出すために、もみあげを下までしっかり描き、さらに耳に掛けている髪の毛もしっかり描きました。

・目と目の距離・目と輪郭までの距離の特徴を出すために、目を少し小さくしました。

・鼻根にくびれがなく、ストンとそのまま単調に落ちるようなカマボコ鼻にするために、鼻の線を影とセットで左にズラし、鼻の下の線は横に長くしました。

・口の横幅を狭くして、エラはしっかりしているけど口元は上品な感じに。

そして最後に、これは「似せる練習」だけなら意識しなくても良い事ですが、
ご本人の幸せそうな、素敵なママ感を出すために「ホワイト」を追加しました。
目の中、唇、頬には薄くチークを入れて、その中にもホワイトを少々。

ホワイトを入れる場所や大きさ・形によって似せる事も出来ますので、
白の色鉛筆や、コンビニで売ってるような極細の修正液などオススメです♪

模範解答

画像7

画像8

最後に

今回も作品を見せてくれてありがとうございました(^^)

【Yさんに役立ちそうな似顔絵上達法2つ】

{上達法1つ目}
Yさんは似顔絵的にとても良い感覚をお持ちなので、
お題の芸能人と同じ性別・似た年齢の人を複数人「描く・見る」をしてから、お題と向き合うだけでも、
「ゆうこりんって美少女だけど意外と目は大きくない方なんだな」とか「女子なのにもみあげすごっ!」など、すぐに気付けるようになるんじゃないかと思います。

{上達法2つ目}「ネガティブスペースを見る」

画像2

画像3

画像4

「ネガティブスペースとは」このように見えている物があって、そうじゃない箇所の形にも目を向ける、みたいな感じです。

教科書ですと「かたまり・角」の項目がそれに近いんですが(p21の上部)
写真から人を描くとどうしてもパーツばかり真剣に見すぎて、パーツがどんどん大きくなっちゃう現象があります。
これを防ぐために教科書p87の「パーツ以外の余白のかたまり」を見るようにすると、もっと特徴を把握しやすくなるんじゃないかなと思いました。

添削後のYさんからのメール

ありがとうございます!!
模範解答のゆうこりん、似ている上に、可愛すぎてすげー!! と思いました。
私もがんばってもっと魅力的な似顔絵が描けるようになりたいです…!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
似顔絵師夫婦マジェリン&かっとのニテンナスクールの通信添削の内容を投稿していきます。似顔絵を学びたい方のお役に立てれば嬉しいです。 教室のHP:http://school.shabonhead.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。