見出し画像

2018年J1第19節 浦和レッズ対川崎フロンターレ レビュー「"王様"は上手いだけではダメ」

2018年J1第19節、浦和レッズ対川崎フロンターレは、0-2で浦和レッズが勝ちました。

先制点で気になった守備

勝敗を分けたのは、先制点でした。

谷口も試合後のコメントで「自分のミスだった」と語っていましたが、最近の谷口が「縦パスを奪う」ことに対する意識が強いために起こったミスだとも思いました。

僕は谷口のミスだと思う半面、谷口を責める気にはなりませんでした。なぜなら、谷口がトライしていることには、先制点のようなミスがつきものだからです。奈良と谷口は、2失点しましたが、「ボールを相手ゴール近くで奪う」ことを意識し、プレーし続けました。素晴らしいパフォーマンスだったと思います。

気になったのは、先制点の時に岩波に対して守備をしていた長谷川のプレーです。

岩波がボールを持ったとき、橋岡に対しては車屋が距離を詰めていたので、長谷川は岩波に対して、縦方向のパスを出させないように、素早く距離を詰める必要がありました。ところが、長谷川はただ立っているだけで、距離を詰めることも、パスコースを消すこともしませんでした。

岩波はパスが上手い選手なので、相手が何もしないと分かれば、正確なパスを出してきます。谷口の対応も問題がありましたが、長谷川の守備にも問題があったと思います。谷口を責めるなら、岩波と長谷川の状況を見て、ボールを奪いにいかないという対応もあったのでは、というくらいでしょうか。

長谷川のプレーで気になる「ボールを受ける」動き

長谷川のパフォーマンスは、守備だけでなく攻撃も良くありませんでした。ボールを運ぶプレーは素晴らしいのですが、自分の周りにスペースがある時や、タッチライン付近で足を止めた時でなければ、ボールを受けられないことです。

川崎フロンターレのMFには、「パスを出して、受ける」というプレーを、正確に、ミスなく、行う必要があります。パスを出すタイミングにあわせて、相手から離れたり、相手の背後を狙ったり、相手から届かない場所でボールを受ける。相手が距離を詰めたら、味方にパスをして、再び受ける。ボールを止める時にボールが浮き、パスを受けられるタイミングで、相手を外してなければ、ボールは受けられません。川崎フロンターレは、パスを受けるスペースがないと思われるような狭い場所でも、相手の逆をとって、パスを受け続けることで、ボールを相手陣内に運び、相手の守備を崩していきます。

長谷川は、「パスを出して、受ける」というプレーが上手くありません。特に気になるのは、ボールを受けるときに、相手を外せないことです。スピードを上げて、相手から離れる。味方がパスを出せるタイミングで、パスを出す。この動きが上手くないのです。タイミングが合わないし、味方がパスを出したいときに動かないときもあります。

長谷川がスターティングメンバーで試合に出たいなら、もっと狭い場所でもボールを受けられるようにならなければなりません。この試合でスターティングメンバーに起用されたので、どのくらい改善されたのか注目していたのですが、この試合のプレーを見る限りは、あまり改善されておらず残念でした。左サイドからの攻撃が多い川崎フロンターレにとって、左MFの長谷川のプレーが良くないのは、川崎フロンターレの攻撃にとって、大きな影響を及ぼしました。

「止める」「外す」「運ぶ」「受ける」というプレーの質

この試合をみていて、長谷川だけでなく、守田、知念、鈴木、家長といった選手たちの「止める」「外す」「運ぶ」「受ける」というプレーの質が低いことが気になりました。ボールを止めるときに、足元にピタッと止まらず弾ませる。パスを出すタイミングにあわせて相手を外さなかったり、外すときに動き過ぎてしまっていたりといったミスが目につきました。

ボールが弾んでいても、相手に奪われなければ、ミスには見えません。ただ、次のプレーに移るのが遅くなるため、相手に対応する時間を与えてしまいます。相手に与えてしまう時間は、コンマ数秒といったところですが、このコンマ数秒が積み重なって、攻撃が少しずつ遅くなっているのです。

長谷川だけでなく、守田、知念、鈴木、家長といった選手は、2015年以降に加入した選手たちです。鬼木監督の前任を務めていた風間八宏さんは、「止める」「運ぶ」「外す」「受ける」というプレーの質を徹底的に追求した監督でした。追求するがゆえに、おざなりになった部分もありましたが、時間が経つにつれて、選手たちの技術は向上しました。

そして、2017年シーズンから監督に就任した鬼木監督は、風間さんが注力してこなかった「ボールを奪う」プレーに重点をおきつつ、細部を調整し、勝てる確率が高いチームを作り上げました。

しかし、これまで注力してこなかった部分に注力してきた一方で、「止める」「運ぶ」「外す」「受ける」といった技術の質が、少しずつ下がっているようにも感じます。そして、風間さんがいた時期にプレーしていた選手、時期が短かった選手と、鬼木監督が就任してから加入した選手と、技術の質に差があるため、「ここは狙える」「ここは狙えない」といった、選手の判断基準にも差が生まれていると感じます。

2017年も同じような問題が起きたことがありました。当時の鬼木監督がとった処置は、技術を向上させてチームを立て直したというよりは、選手の配置やプレーの優先順位を整理し、選手同士がスムーズに動くように調整することで、チームを軌道に乗せました。

2018年はどうするでしょうか。

風間さんと同じことは出来ないし、同じことをやっても仕方ないと思います。ただ、チャンスを作り続けたのが、風間さんが監督していた頃に技術を向上させた小林、大島、谷口、奈良、中村といった選手たちのプレーだったのは、とても興味深いと感じます。

鬼木監督はどのようなアプローチを採用するのか。楽しみに見守りたいと思います。

王様は「上手い」だけでは評価されない

話は変わって、浦和レッズの柏木は素晴らしいプレーを披露しました。

キャプテンとして、大きく声を張り上げるよりは、アクションの強弱でチームに対して「何をすべきか」示し、チームの先頭に立って90分プレーし続けているように見えました。そして、柏木のプレーからは「チームを自分のプレーで勝たせる」という意思が強く感じられました。これぞキャプテンというプレーだったと思います。

柏木のプレーに感銘を受けつつ、僕は大島のプレーが気になってしまいました。

この続きをみるには

この続き: 1,363文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
Jリーグ2連覇を飾った、川崎フロンターレの2018年シーズンのレビュー記事をまとめて読むことができます。まとめて読みたい方におすすめです。

Jリーグ2連覇を飾った、川崎フロンターレの2018年シーズンのレビュー記事をまとめて読むことができます。まとめて読みたい方におすすめです。

または、記事単体で購入する

2018年J1第19節 浦和レッズ対川崎フロンターレ レビュー「"王様"は上手いだけではダメ」

西原雄一

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! サポートで得た収入は、書籍の購入や他の人へのサポート、次回の旅の費用に使わせて頂きます!

2020年6月30日にまたここで会おう(瀧本哲史)
3
スポーツコミュニケーター| JSAA & HiVE実行委員 | noteでスポーツコラム連載 | noteサークル会員限定トークイベント運営 | note公式「スポーツ記事まとめ」管理人 | スポーツを軸にした、個人、組織、コミュニティの支援が得意 |

こちらでもピックアップされています

勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方
勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方
  • ¥800 / 月

Jリーグ、海外サッカー、ランニング、時事ネタなど、自分が普段楽しんでいるスポーツの楽しみ方について、ちょっと表で書けない話も含めて、毎日2,000文字くらいのコラムを書きます。