見出し画像

2019年J1第9節 ヴィッセル神戸対川崎フロンターレ レビュー「サンペールの強みがヴィッセル神戸の問題をはっきりさせている」

2019年J1第9節、ヴィッセル神戸対川崎フロンターレは、2-1で川崎フロンターレが勝ちました。

この記事の全文は有料でご覧頂けます。僕が発行している有料購読マガジン「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」を購読している人も全文読むことができます。およそ毎週2本以上のペースで更新しているので、毎週読んでくださる人には、有料購読マガジンの購読をおすすめしています。

今回は以下のようなテーマで書いています。

ヴィッセル神戸の戦い方で気になったこと

この試合のポイントは、ヴィッセル神戸の戦い方です。

ヴィッセル神戸は4-5-1というチームオーガニゼーションを採用しました。中央のMFに山口とサンペール、2人の前にイニエスタが配置されました。川崎フロンターレがボールを持っているときは、4-4-2のチームオーガニゼーションで対応しました。

ヴィッセル神戸の試合を観るのは2節ぶり、監督が代わってからは初めて観たのですが、気になった点が3点ありました。

山口は相手を外してボールを受けるのが苦手

1点目は、山口とサンペールの役割が整理されていないことです。ヴィッセル神戸はボールを保持すると、中央のDF2人がペナルティエリアの幅まで移動し、間にMFが1人移動してボールを受けます。ボールを受ける役割を担うのはサンペールであることが多かったのですが、山口もサンペールと同じ位置でボールを受けたがるので、なかなか中央からボールを運べません。

2人が下がるので、イニエスタも2人の距離を近づけるため下がってしまいます。イニエスタが下がると、FWの3人との間に距離ができてしまいます。イニエスタが下がったことによって生まれたスペースを誰かが活用すればよかったのですが活用できず、FWとMFの距離が広がったままで、ボールを相手陣内に進めることができませんでした。

馬渡のFKで失点した後、ヴィッセル神戸はボールを保持しているときは4-3-3のチームオーガニゼーションに変更。中央にサンペール、右に山口、左にイニエスタという配置に変更します。しかし、このチームオーガニゼーションに変更しても問題はあまり解決されませんでした。なぜなら、山口は相手選手を外してボールを受けるプレーが上手くないからです。

山口という選手は、周りに敵がいない位置でボールを受けられればよいプレーをします。しかし、周りに敵がいる状態で、相手を外してボールを受けたり、相手をひきつけておいて味方をフリーにするようなプレーは得意ではありません。周りに相手選手がいると、どうしても距離をとってボールを受けようと下がってきてしまうのです。したがって、チームオーガニゼーションを変更しても、あまり効果がありませんでした。

小川と古橋の差は「ボールを持っていない時のアクション」

2点目は、FWとMFの距離が空いているのに、FWが川崎フロンターレのDFの背後を狙って動いていたことです。ビジャが背後を狙うのは分かるのですが、気になっていたのは小川も背後を狙ってしまったことです。

この続きをみるには

この続き: 3,192文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
ヴィッセル神戸に就任したリージョ監督とはどんな監督なのか。第30節の川崎フロンターレ戦を見て、久しぶりに凄い監督が日本に来たと衝撃を受けました。第30節以降のヴィッセル神戸の戦い方をマガジンにまとめました。

ヴィッセル神戸に就任したリージョ監督とはどんな監督なのか。第30節の川崎フロンターレ戦を見て、久しぶりに凄い監督が日本に来たと衝撃を受けま…

または、記事単体で購入する

2019年J1第9節 ヴィッセル神戸対川崎フロンターレ レビュー「サンペールの強みがヴィッセル神戸の問題をはっきりさせている」

西原雄一

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! サポートで得た収入は、書籍の購入や他の人へのサポート、次回の旅の費用に使わせて頂きます!

自分の仕事をつくる(西村 佳哲)
12
note有料マガジン「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」& 公式「スポーツまとめ」管理人 | スポーツアナリティクスジャパン(SAJ)実行委員 | うたのワークショップのお手伝い | 本業はオウンドメディアのプロジェクトマネージャー

こちらでもピックアップされています

勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方
勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方
  • ¥800 / 月

Jリーグ、海外サッカー、ランニング、時事ネタなど、自分が普段楽しんでいるスポーツの楽しみ方について、ちょっと表で書けない話も含めて、毎日2,000文字くらいのコラムを書きます。