見出し画像

2019年J1第27節 川崎フロンターレ対ヴィッセル神戸 レビュー「手持ちのカード、もうない。ジョーカーもいない。」

2019年J1第27節 川崎フロンターレ対ヴィッセル神戸は、1-2でヴィッセル神戸が勝ちました。

この記事の全文は有料でご覧頂けます。僕が発行している有料購読マガジン「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」を購読している人も全文読むことができます。およそ毎週2本以上のペースで更新しているので、毎週読んでくださる人には、有料購読マガジンの購読をおすすめしています。

川崎フロンターレのヴィッセル神戸対策

この試合の川崎フロンターレは、明確にヴィッセル神戸への対策を準備していました。

まず、ボールを持っていないときです。前回対戦した天皇杯の後半の戦い方を踏襲して臨みました。

天皇杯の戦い方で踏襲したのは、ヴィッセル神戸がボールを持っているとき、マンツーマンで対応したことです。小林が大崎、阿部がダンクレー、中村がサンペール、家長がヴェルマーレン、登里が西、守田が酒井、下田が山口、イニエスタに田中がマンツーマンでマークし、谷口と車屋が2対2で古橋とビジャに対応する。完全にヴィッセル神戸にあわせた対策をしてきました。

僕が注目していたのは、家長とヴェルマーレンのマッチアップです。ヴェルマーレンは本当ならヨーロッパでプレーしていてもおかしくないレベルの選手です。ボールを奪うアクションだけでなく、ボールを運ぶスピード、パスの質と正確性、どれをとっても、JリーグのDFとはレベルが違います。ヴェルマーレン、イニエスタ、酒井というヨーロッパでプレーしていた選手の連携をいかに止めるか。そのためには、起点となるヴェルマーレンをいかにマッチアップする家長が止めるのか。家長には簡単ではないタスクが求められていました。

対策を余裕で受け止めたヴィッセル神戸

この続きをみるには

この続き:4,655文字
記事を購入する

2019年J1第27節 川崎フロンターレ対ヴィッセル神戸 レビュー「手持ちのカード、もうない。ジョーカーもいない。」

西原雄一

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

ピンチはチャンス
16
プロジェクトマネージャー | note有料マガジン「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」& 公式「スポーツまとめ」管理人 | スポーツアナリティクスジャパン実行委員 | コーチや選手やスポーツ関係者の相談役 | #coffee ☕️好き
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。