見出し画像

2021年J1第13節 ガンバ大阪対川崎フロンターレ レビュー「家長のプレーは川崎フロンターレの『目』」

2021年J1第13節 ガンバ大阪対川崎フロンターレは、0-2で川崎フロンターレが勝ちました。

この記事の全文は有料でご覧頂けます。僕が発行している有料購読マガジン「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」を購読している人も全文読むことができます。川崎フロンターレ、海外サッカー、スポーツに関するコラムを書いているので、有料購読マガジンの購読をおすすめしています。

大きな差があった「止める」技術

この試合を観ていて気になったのは、両チームの「ボールを止める」技術の差です。川崎フロンターレの「止める」とガンバ大阪の「止める」では明らかに差がありました。

実は最近思うところがあって、このDVDを観てみました。

このDVDでは「止める」という技術の定義が説明されています。このDVDで紹介されている「止める」の定義とは、次のプレーに即座に移れる位置にボールを一回で静止させること。ボールが動いていたら、それはミスなのです。

ガンバ大阪の選手の「止める」は多くの人が見ると「止まっている」ように見えるかもしれませんが、目を凝らしてみると、ボールが足から離れていたり、ボールを止め直す必要があったり、次のプレーに移るためにステップを踏み直したりする必要がある場所に止まっています。したがって、ボールを蹴るスピードは速くても「止める」間にプレーが遅くなり、川崎フロンターレに捕まってしまうのです。

また「止める」が遅くなり次のプレーに移るのが遅くなることで、ボールを「受ける」プレーにも影響が出ています。ガンバ大阪の選手は味方がボールを止めてから動いていますが、これでは川崎フロンターレの選手に捕まってしまいます。ボールが動いている間に、パスの出し手となる人とタイミングを合わせてボールを受けられる場所に移動する必要があるのですが、ガンバ大阪は「止める」「受ける」というプレーが一拍ずつ遅いのです。

ガンバ大阪の中で一番「止める」「受ける」が上手い倉田が入ってからはパス交換の本数が増えましたが、川崎フロンターレとの差は基本的なプレーの質の差が大きいと思います。

川崎フロンターレの選手のプレーを見ていると、正確にボールが止まっていないプレーもあります。パスを出せるタイミングを逃して、最適なプレーを選択できていない場面もあります。ただ、ガンバ大阪と比較すると、その回数が少ないだけです。

2021年シーズンの川崎フロンターレは、相手によって、自分たちのコンディションによって、ボールを保持しているときのチームオーガニゼーション(配置)を使い分け、4-3-3と言われるチームオーガニゼーションに捕われず、どこで選手が戦えば相手を攻略できるかを考えて戦っています。この戦い方は、相手よりボールを扱う技術に優れ、手でボールを扱うように正確にプレーを実行できるから故に成り立つサッカーなのです。

家長のプレーと川崎フロンターレのゲームプラン

この試合は家長に注目して観ていました。1つ前の名古屋グランパス戦で家長が途中交代した後に2失点。家長という選手がいかに川崎フロンターレにとって重要な選手なのかよく分かった試合でした。この試合は左サイドの長谷川や三笘のプレーが目立ちましたが、だからこそ逆サイドでプレーする家長のプレーがどう貢献していたのか、注目しようと思っていました。

この続きをみるには

この続き: 2,703文字
記事を購入する

2021年J1第13節 ガンバ大阪対川崎フロンターレ レビュー「家長のプレーは川崎フロンターレの『目』」

西原雄一

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
西原雄一

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! サポートで得た収入は、書籍の購入や他の人へのサポート、次回の旅の費用に使わせて頂きます!

観察の練習(菅 俊一)
20
INFOBAHN / Project Manager | 大和シルフィード / 分析サポート担当 | note有料マガジン「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」運営 | 🏃🏻‍♂️と☕️が好き | THA BLUE HERBと山下達郎も好き