見出し画像

リーガ・エスパニョーラ 2018-19シーズン 第20節 ビジャレアル対アスレティック・ビルバオ レビュー「次の3試合が今後を左右する」

リーガ・エスパニョーラ 2018-19シーズン 第20節 ビジャレアル対アスレティック・ビルバオは、1-1の引き分けでした。

この記事は全文は無料でご覧頂けますが、投げ銭制を採用しています。もし気に行ったら、投げ銭して頂けたら嬉しいです。

最悪な負け方からどう立ち直ろうとしているのか

前節のビジャレアルは、レビューに「最悪な負け方」というタイトルをつけたように、ビジャレアルにとってはダメージが残る敗戦でした。

その後、コパ・デル・レイにも敗れ、UEFAヨーロッパリーグは残っていますが、リーグ戦に集中する環境が整いつつありますが、どうやって「最悪な負け方」から立ち直ろうとしているのか、注目していました。

この試合はビジャレアルは中2日、アスレティック・ビルバオは中3日で迎えた試合だったため、ビジャレアルはコンディションの不利が予想され、ホームゲームだけど苦戦が予想されました。

最近のビジャレアルの試合を見ていると、対戦相手はどのチームも、ビジャレアル相手にはロングパスを活用して、DFの背後を狙って攻撃を仕掛けてきます。アスレティック・ビルバオも、試合開始からビジャレアルのDFの背後に攻撃を仕掛け、ビジャレアルを自陣に押し込み、シュートチャンスを創り出しました。

ビジャレアルは、4-4-2のチームオーガニゼーションを採用し、この試合は右MFに普段はFWに起用されるエカンビが起用されました。エカンビは身体が強く、スピードもあるので、ボールを運ぶプレーが得意なのですが、サイドのMFとしてのプレーに慣れていないのか、守備のときに他の選手と連動して動くことができず、相手チームにスペースを与えてしまいます。

アスレティック・ビルバオは、エカンビが与えたスペースを上手く活用して攻撃を仕掛け、先制点を奪いました。ビジャレアルとしては、エカンビが担当するエリアの問題をどうにか解決しなくてはなりませんでした。

後半に入ると、ビジャレアルは選手の配置を動かします。左MFだったカソルラを右に、右MFだったエカンビをFWに、そしてFWだったフォルナルスを左MFに移します。この変更によって、相手にスペースを与えることはなくなりましたが、フォルナルスがボールを受ける回数が激減しました。

危機感は感じたけどチームと連携して動けなかったフォルナルス

僕はこれまでの試合のレビューでフォルナルスに対して、かなり辛辣なことを書いてきました。そして、前節のレビューでは「スタメンから外してもよいのではないか」とまで書きました。

この試合のフォルナルスは、これまでの試合に比べると、よく走り、ボールをたくさん受けようという意識が、アクションに現れていました。ただ、アクションの量の割には、ボールを受けることはできません。

フォルナルスの問題は、「いつ」「どこに」動いたらよいのかという判断が悪いのです。

フォルナルスの考え方としては、「あまり動かずにボールを受けたい」という意識があるのでしょうが、遅いスピードでただ動くだけだったり、相手の逆を取れていなかったりしたりと、相手を外せていないのです。そして、フォルナルスはとにかく「いつ」動くのかというタイミングが悪い。ボールを持っている味方がパスを出せないタイミングで動くことが多く、せっかく相手を外せても、味方とのタイミングがあわず、ボールを受けられないのです。

たぶん、フォルナルスはこの試合の前に「ここで結果を出さないとまずい」というようなことを、スタッフに言われたような気がします。本人もずっと危機感は持っていたのだと思います。プレーに危機感は現れていました。

ただ、危機感を持ったからといって、プレーが劇的に改善されるわけではありません。ボールを受けるために必要なタイミングが改善されたわけではありません。むしろ、「動き過ぎ」か「動かな過ぎ」というアクションの強弱がはっきりしただけで、チームメイトとの連携は、あまり改善されませんでした。

さすがにチームとしても我慢できなかったのだと思います。フォルナルスは後半13分に途中交代。ビジャレアルは後半26分のゴールで同点に追いつきましたが、その後アスレティック・ビルバオがこの試合素晴らしいプレーを披露したトリゲロスへの守備を強化し、同点ゴールをアシストした途中出場のペドラザの背後を狙って攻撃し始め、ビジャレアルの攻勢を止められてしまいました。正直申し上げると、アスレティック・ビルバオの方が余裕をもって引き分けた試合。そう感じました。

ビジャレアルの今後を左右する3試合

後半戦最初の試合も引き分け。順位も19位まで下がってしまいました。

ビジャレアルはコパ・デル・レイも敗退が決定し、ようやくリーグ戦に専念できる環境が整いつつあります。UEFAヨーロッパリーグが再開するまでに行われるリーグ戦は3試合。バレンシアCF、エスパニョール、そして、レアル・マドリー。対戦相手は簡単な相手ではありませんが、この3試合でできるだけ勝ち点を稼がないと、苦しい戦いを強いられることになります。

気になるのは、未だに「2018-19シーズンのビジャレアルはこう戦う」というビジョンが見えていないことであり、「最悪な負け方からどう立ち直ろうとしているのか」見えなかったことです。

バラバラになっているパズルを組み立てるすべが見えていないように見えるし、不必要なパズルがあっても捨てられないし、必要なパズルを見いだせてない。そう見えます。

この3試合は、ビジャレアルが残留争いを抜け出す上で、重要な3試合になると思います。どんな試合をするのか、楽しみです。

この続きをみるには

この続き:0文字
記事を購入する

リーガ・エスパニョーラ 2018-19シーズン 第20節 ビジャレアル対アスレティック・ビルバオ レビュー「次の3試合が今後を左右する」

西原雄一

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

目を揃えよう
11
note有料マガジン「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」& 公式「スポーツまとめ」管理人 | スポーツアナリティクスジャパン(SAJ)実行委員 | うたのワークショップのお手伝い | 本業はオウンドメディアのプロジェクトマネージャー