見出し画像

ボールを敵陣に運べるサイドバック、登里享平のプレーに注目しよう!(2013年公開)

川崎フロンターレのサッカーを継続して見ていると、ある選手の成長に驚かされます。その選手とは、登里享平。風間監督就任後に左サイドバックにコンバートされた登里は、風間監督就任後の1年間で、最も成長した選手の1人だと思います。元々レギュラーだった小宮山尊信が復帰しても、登里が引続きレギュラーとして出場しています。その事に不満を訴えるサポーターも、ほとんどいないと思います。

登里が左サイドバックに定着したことで、フロンターレの攻撃は劇的に改善されました。それは、登里が他の日本人のサイドバックとは違う攻撃面での特徴を持っている選手だったからです。

この続きをみるには

この続き:1,044文字
記事を購入する

ボールを敵陣に運べるサイドバック、登里享平のプレーに注目しよう!(2013年公開)

西原雄一

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

問題が起こったら改善していけばいい。
6
note有料マガジン「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」& 公式「スポーツまとめ」管理人 | スポーツアナリティクスジャパン(SAJ)実行委員 | うたのワークショップのお手伝い | 本業はオウンドメディアのプロジェクトマネージャー