見出し画像

UEFAチャンピオンズリーグ 2018-19シーズン グループステージ グループE アヤックス対ベンフィカ レビュー「知的好奇心をくすぐられた試合」

UEFAチャンピオンズリーグ 2018-19シーズン グループステージ グループE アヤックス対ベンフィカは1-0でアヤックスが勝ちました。

この記事の全文は有料でご覧頂けます。僕が発行している有料購読マガジン「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」を購読している人も全文読むことができます。およそ毎週2本以上のペースで更新しているので、毎週読んでくださる人には、有料購読マガジンの購読をおすすめしています。

今回は以下のようなテーマで書いています。「1」は無料でどなたでも読むことができます。

1.アヤックスの強みを消したベンフィカの守備
2.ベンフィカの守備に対するアヤックスの対応
3.研究されるチームになったアヤックス

アヤックスの強みを消したベンフィカの守備

この試合は終了間際の得点でアヤックスが勝ちましたが、僕は試合を通して、ベンフィカの方がやりたいことができた試合ではないかと感じました。

僕がベンフィカの方がやりたいことができたのではないか、と感じた理由は、ベンフィカの守備がアヤックスを苦しめていたからです。

ベンフィカの守備がアヤックスを苦しめた理由は、アヤックスとベンフィカのチームオーガニゼーションを比較すると、より分かりやすくなります。(黒がアヤックス、赤がベンフィカです)

注目してほしいのは、ベンフィカの選手の位置です。ベンフィカは4-3-3というチームオーガニゼーションで戦ったのですが、ベンフィカのFWがアヤックスの中央に対して、縦のMFへのパスコースと、サイドのDFへのパスコースを消す場所に立つように心がけていたため、アヤックスの中央のDFを務めた、ブリントとデ・リフトはなかなか相手ゴール方向にパスを出すことができません。

中央のMFを務める、デ・ヨングとシェーネにパスを出そうとしても、2人にはベンフィカのMFがマンツーマンでマークについており、簡単にはパスが出せません。アヤックスはサイドのMFのタディッチとツィエクが、ブリントやデ・リフトからのパスを受け、ボールを相手ゴール方向に運んでいく役割を担うのですが、アヤックスは終始ベンフィカにパスコースを消された状態で戦わなければなりませんでした。

中央のDFによるパス交換がスムーズにいかない場合、アヤックスはデ・ヨングが2人の中央のDFの間に下がってパスを受けて、数的優位を作って打開しようとするのですが、ベンフィカはアヤックスの変化も予想していたように、上手く対応しました。この変化も図で説明します。

MFのデ・ヨングがDFの位置まで下がっても、FWのセフェロヴィッチがマークし、ブリントとデ・リフトには両サイドのFWがマークするため、アヤックスが作り出したかった数的優位が作れないのです。ベンフィカの対策にはまったアヤックスは、ボールを相手陣内に運ぶ前に、何度もボールを奪われ、ベンフィカにシュートチャンスを作られてしまいました。

ベンフィカの守備に対するアヤックスの対策

アヤックスはベンフィカの守備に対抗するため、「プランC」ともいうべき対応策を使ってきます。

この続きをみるには

この続き:1,269文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
快進撃を続けるAFCアヤックスの2018-19シーズン UEFAチャンピオンズリーグのレビューをまとめました。有料継続マガジン限定に公開した記事も、このマガジンを購読すればすべて読むことが出来ます。

快進撃を続けるAFCアヤックスの2018-19シーズン UEFAチャンピオンズリーグのレビューをまとめました。

または、記事単体で購入する

UEFAチャンピオンズリーグ 2018-19シーズン グループステージ グループE アヤックス対ベンフィカ レビュー「知的好奇心をくすぐられた試合」

西原雄一

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

失敗とはトライしないこと
2
プロ・スポーツレビュアー。note「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」で #川崎フロンターレ #ビジャレアル と #Bリーグ のレビュー連載中。趣味は愉快な人同士をつなぐこと。#coffee ☕好き。