見出し画像

ロシアワールドカップで導入される「リアルタイムのデータ分析」についてまとめてみた

国際サッカー連盟(以下FIFA)は、2018年3月16日の理事会で、6月に開催されるワールドカップ(以下W杯)ロシア大会から「ビデオ・アシスタント・レフェリー(以下VAR)」を導入することを発表しました。

欧州の主要リーグでも導入が決定しているシステムで、特にゴールや退場、などの重大な誤審を正すことが狙いなのですが、実は同じ日に、VARと同じくらい重要な決定がされていることは、あまりメディアでは取り上げられていません。

VARと同じくらい重要な決定とは、「リアルタイムのデータ活用」です。ロシアワールドカップから「コーチングの目的で情報を伝達し、テクニカルエリア(=ベンチ)にデータを送ること」が許可されたという発表がありました。

リアルタイムデータの仕組みとは?

この続きをみるには

この続き: 4,533文字
記事を購入する

ロシアワールドカップで導入される「リアルタイムのデータ分析」についてまとめてみた

西原雄一

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! サポートで得た収入は、書籍の購入や他の人へのサポート、次回の旅の費用に使わせて頂きます!

にほんの建築家―伊東豊雄・観察記(瀧口範子)
6
スポーツコミュニケーター| JSAA & HiVE実行委員 | noteでスポーツコラム連載 | noteサークル会員限定トークイベント運営 | note公式「スポーツ記事まとめ」管理人 | スポーツを軸にした、個人、組織、コミュニティの支援が得意 |

こちらでもピックアップされています

勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方
勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方
  • ¥800 / 月

Jリーグ、海外サッカー、ランニング、時事ネタなど、自分が普段楽しんでいるスポーツの楽しみ方について、ちょっと表で書けない話も含めて、毎日2,000文字くらいのコラムを書きます。