【Webコンサルティング講座 第6回】Twitterで1万人以上のフォロワーを獲得して効果的な集客を実現する方法

こんにちは、西です。

今回は、Twitterが初めての方でも理解できるように、基本的なことから説明しています。

そのため、すでにTwitterをお使いの方は、前半を適時流して頂ければと思います。

よろしくお願いいたします。

Twitterの基本


さて、Twitterとは、140字までの情報を記入して発信できる「ミニブログ」サービスです。

「ミニブログ」とは言っても、一般のブログとは、かなり違います。Twitterが初めての方向けに概要を説明させて頂くと、第一に、「フォロー」「フォロワー」という関係を理解するところから始まります。

「フォロー」とは、ある任意の他人が発信する情報を、あなたが継続的に確認することができるようにすること(ボタンをワンクリックで可能となります)

「フォロワー」とは、あなたの発信する情報を、ある任意の人が確認できる状態になった場合(=その方が、あなたを「フォロー」した場合)、その方のことを言います。

つまり、あなたの発信する情報を、一方的に確認できる状態になっている人のことです。

mixiやFacebookなどのSNSは、AさんとBさんが居た場合、どちらかが「友達申請」をして、もう一方が「承諾」した場合、お互いにそれぞれが発信した情報をチェックできるようになります。

これに対し、Twitterの場合、AさんとBさんが居て、AさんがBさんの承諾を得ずに、一方的に「Bさんのフォロワー」となることができます。AさんがBさんの情報を発信する情報を見られるようになるわけですね。

一方のBさんは、自らAさんをフォローしない場合、Aさんの情報をチェックすることはできません。このように、「一方通行の関係」を容認する緩やかな繋がりのツール、それがTwitterなのです。

以上のような性質から、まず言えることは、「Twitterは、他人と濃い人間関係を作るには向かない」ということです。

文字数も少ないですし、必ずしも「相互フォロー」する必要もありません。

Twitterは情報拡散に向いている


その一方、「情報を拡散するのに大変向いているツール」ということが言えます。

例えば、Facebookは「他人と繋がるためには、その人とリアルで知り合いでなければならない」というルールがあります。

これは、一方が「お友達申請」し、もう一方が「承認」するといった仕組みにも表れています。つまり、Facebookは「元々の知り合いの人と、更に親密さを増すツール」なのです。

これに対し、Twitterは「面識が無かった方と繋がるためのツール」と位置付けて

良いでしょう。

どちらが集客に使えるか・・・それが、Twitterであることがわかりますね。

ただし、ことは、そんなに簡単ではありません。

あなたが、見知らぬ人(潜在顧客)と繋がることは、比較的簡単です(1つだけ問題がありますが、それは後程説明いたします)。

何故なら、あなたがTwitterの画面上で、他人をどんどんフォローしていけば良いからです。

ですが、「あなた⇒他人への一方的なフォロー」では、あなたが他人の情報を閲覧することができても、相手はあなたの情報を確認することはできません。

つまり、それでは、集客のしようがないのです。

Twitterでフォロワーを増やす方法


重要なのは、「相手に、あなたをフォローしてもらう(フォロワーとなってもらう)」ということ。

しかしながら、そのような行動を取れるのは、相手だけ。「フォローしてもらう」ことに関しては、あなたは受け身にならざるを得ません。

では、あなたはどうすれば良いのでしょうか。

実は、このあたりの考え方は、「あなたのブランディング」を考えることと似ています。

つまり、「あなたが顧客の喜ぶことをして、顧客に好意を持ってもらう」のが重要なのです。

ですので、「Twitterでフォロワーを増やすための王道」としては、まず、何と言っても「あなたがTwitterで、『お客さんにとって役に立つ情報を提供』する」ということが第1になります。

或いは、「読んでいて、おもしろい情報」も、非常に喜ばれます。

間違えてはいけないのは、「お客様に役に立つ」と言っても、「お店のクーポン情報」などばかり流していては、「この人は、営業ばかりだ」ということで嫌われてしまいます。

つまり、普段は、あなたの専門を生かした「お客様となる人が『なるほど!』と思うような専門知識を、できるだけ楽しみながら読めるような情報を、多く流すことを心掛けるべきなのです。

そうすることにより、たまに「集客に関係する情報」などを流しても、拒否反応をされることなく、受け入れてもらえるでしょう(くれぐれも、頻度が高くならないようにするのがポイントです)。

続いて、第2の方法です。

Twitter には、「誰かをフォローすると、フォローされた方が、フォローを返してくれる」という「フォロー返し」なる文化があります。

つまり、あなたが誰かをフォローすると、「その誰かが、あなたをフォローしてくれる」という行動を行ってくれる方が多くいるわけです。

ただし、この「フォロー返し」はルールでも義務でもなく、「多くの人と繋がりたい」と思っている人が自らの意思で行う行動ですので、中にはもちろん、フォローを返してくれない方もいらっしゃいます(例えば、仲間内だけで繋がりたい、と考えている

方も多いわけで、そのような方をフォローしても、フォロー返しは頂けないでしょう)。

Twitterのプロフィール欄を見ると、それぞれの人が「フォローを待っている(フォロー返しをする)」のか、「知らない方からのフォローを快く思っていない方」なのか、明示していらっしゃる場合も多々あります。

ですので、先方のプロフィール欄を確認して、「相互フォロー歓迎」の意思を表明している方を中心にフォローしていくことが、「相手に喜ばれること」でもありますし、また、フォローを多く返してもらえるコツです。

続きは以下をご覧ください。

【関連URL】
https://www.youtube.com/user/nishi0809/feed?activity_view=3&itct=CBYQui8iEwjb8u262t3VAhUJvwMKHeXgDpY%3D&client=mv-google&hl=fr&gl=SN&app=desktop
http://market.sbrain.co.jp/SearchTeacher/mode/detail/id/K0000011276/
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784774171180
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784774185255
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784297111953
https://light-support.net/
https://www.hmv.co.jp/artist_%E8%A5%BF%E4%BF%8A%E6%98%8E_200000000748549/
https://www.ehonnavi.net/author.asp?n=50834
https://lohaco.jp/ksearch/?lk=ot&searchWord=%E8%A5%BF%E4%BF%8A%E6%98%8E&rank1=L06523121
http://market.sbrain.co.jp/SearchTeacher/ini/%E3%81%AB/start/30/limit/10/



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
西俊明(にし・としあき) 中小企業診断士/ITコンサルタント。 Webマーケティングやソーシャルメディア活用を中心に、独立後10年で220社以上のコンサルティングを実施。250回以上のセミナー・研修の登壇実績をもつ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。