見出し画像

不動産投資で銀行融資の審査はどのように行われているのか(PR)

nikotama0001

こんにちは。今号は、株式会社ペスカトーレ様から、お知らせがございます。不動産投資で、銀行融資の「審査」は、どのように行われているのか?!さっそく号外広告をご確認下さい!

・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは、

『自己資金ゼロからキャッシュフロー
1000万円をつくる不動産投資!』
の著者で不動産投資家の椙田(杉田)です。

私もそうですが、
フルローンで物件を買い進めたい!
できるだけ自己資金を抑えながら購入したい!
と思われる方も多いです。

\フルローンで買いたい人はチェック/
https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/22250

画像1


しかしながら、

自己資金を温存して規模を拡大すべく
買い続けたいと思ってはいるものの
数年前より銀行融資が厳しくなり、

頭金1割2割は当たり前・・
という状況になりました。

さらに、

続けて物件を買う相談を
銀行にしようものなら、

「購入スピードが早い!」
「○億円の借入があるのであなたにはもう貸せません!」
「頭金4割入れるならいいですよ~(ほぼ断り文句)」

などと言われてしまうのがオチですよね。

そもそも銀行は、
急激な規模拡大を好みません。

では我々不動産投資家は、
もう規模拡大できないのでしょうか?

常識的に考えると、
ちょっと前に流行った、いわゆる
「多法人スキーム」がふさがれた今、

ある一つの手法を除いては、
短期間で10億円を超えるような
大家になることはほぼ無理です。

\ある一つの手法を知りたい人はチェック/
https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/22250

画像2


だからこそ一般的には、
ある程度の時間をかけて
財務内容を整えていくことで、

評価される決算書を作っていくことが
最重要とされていますし、
まっとうな道だと私も思います。

なのですが、

それではさすがに面白くないので、
いま我々が考案し実践しているスキームを、
今回は特別に披露しようと思います。

実は、さっきちょっと言った、
多法人スキームなき今のご時世で
急拡大する唯一の手法が、
いま私も実践している物件取得法です。

もちろん前提としては銀行から評価される
財務体質になることが必要です。

でも財務体質の改善には通常、
何年も年数がかかることが多いです。

われわれ不動産投資家は、
購入準備にそんなに何年も
待ちたくないですよね。

できれば簡単に、手早く、効率良く、
ポンポン物件を買いたいです。

そこで銀行出身の財務コンサルの先生と
考えて開発したのがこの買い方です。

=================
急速な規模拡大法を知りたい人はチェック
https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/22250

=================

だいたいの投資家は、
融資を受けられない原因について、
「銀行融資が厳しくなったから」
と言いますが、実はそうではありません。

本当の理由は、
あなたが融資を受けるに値しない財務だから
なのです。

これは耳が痛い話かもしれませんが、
まちがいありません。
(しかし心配は無用です、対策を教えます。)

その証拠に、
財務体質を改善した私の仲間は、
今のこの時代にもかかわらず
融資をバンバン獲得しています。

だからこそあなたにも
この機会にぜひご自身の
「財務」
を見直して欲しいのです。

まあ、サラリーマンの給与プラスα程度の
お小遣いがほしいと思って始めた
不動産投資かもしれませんが、

銀行からみたら不動産投資家は、
何億円も借りている立派な経営者です。

だから私たちも、
それに応じて成長しなくてはなりません。

いつまでも「とりあえず」の
経営者でいるわけにはいかないのです。

しっかりと腰を据えて、
本物の不動産投資家の道に
入る必要があります。

今回お伝えする、
この物件取得法によって
急拡大しているサラリーマン大家さんは、

以前からも実は結構いまして、
なかには投資総額10億円を通り越し、
30億円以上になっている人も多数います。

ほんの少しだけ事例を示すと・・・

・属性の悪かった自営業者Aさん
→このスキームで現在41棟、
32億円の不動産投資家になった。

・年収500万円の平凡なサラリーマンBさん
→たった2年半で10億円の物件を
ほぼフルローンで取得できた。

・会社員を辞めて買えなくなっていた
小規模専業大家のCさん
→このスキームに切り替えてから
再び物件が買えるようになり、
今年に入って3棟79室も増やせた!

・零細一人社長のDさん
→スタッフ1名を雇ってその彼女に
4棟100室弱の管理を委託。

まあ、こんな感じで普通の属性の方が
かなりのスピードでポンポン物件を
買えるようになっているのが特徴です。

それがどういう手法なのか?
なぜ短期で拡大できるのか?
気になる方も多いと思います。

\この手法を知りたい人はチェック/
https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/22250


そこで今回は、
融資の組み立てに詳しい元銀行幹部の
財務コンサルタントの先生をお招きして、
Webセミナーを開催することにしました。

この先生は23年間にわたり銀行に勤務、
特に後半の10年間は支店長や本店融資課長、
審査部門長などの要職を歴任され、

決裁権者として収益不動産への
融資承認をおろしただけでも700億円以上、
それ以外の融資も含めると数千億円規模、

最も大きな取り組み事案では融資額1兆円の
シンジケートローン(協調融資)の
組み立てをやってきたバンカーです。

そのため、銀行目線で
どういう物件なら融資が通るのか?
またどんな人は融資を通せないのか?
という審査の判断が即座にできる一方、

逆にどう改善したらOKが出せるのか?
という不動産投資家なら誰もが知りたい
審査情報を持っている数少ない人物です。

普段この先生の講演は、
1時間当たり数万円の講演料を払わないと
聞けない人物なのですが、

今回は特別にコロナ対応につき格安で
セミナーしてもらえることになりました!

直近の日程は以下よりご確認ください。

いずれも夜の19時から
2時間程度を予定しています。

現在私は、不動産投資家仲間の
名取幸二さんと一緒に
「インフィニティーズ倶楽部」
という会を企画・運営しており、

今回のWebセミナーもその一環で
イベントとして企画したものです。

全国どこからでも参加できるように、
zoomを使ったWebセミナーのため
会場費もかかりません。

よって参加費は、
お一人3,300円(税込)という
破格のプライスが実現しました。

ですが、

この方法があんまり広がってしまうと、
実践者としての私自身も困るため、

今回は人数を限定して各回10名様までの
少人数制のWebセミナーにします。

そういうわけで、
数時間で満席になってしまうと思いますが、
「これしかない!」
とピンと来た方は是非参加してください。

ではお申し込みリンクを付けておきますので、
いますぐ申し込んで下さい。
 ↓ ↓ ↓
https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/22250


あなたとオンラインセミナーで
お会いできることを楽しみにしています。


【NEXT】設備投資資金を調達して賃料収入をつくる方法とは(PR)

(以上PR広告: 株式会社ペスカトーレ様)


画像3

【広告掲載のお問い合わせ】

日本Web動画マーケティング(メルマガ・SNS)

http://www.movie-marketing.jp/koukoku2


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!