見出し画像

“銘柄大賞”2019は? やっぱりワークマン!

2020年は年明けからいきなり荒れ模様の市場ですが、日経CNBCが視聴者の方に毎月ご協力いただいている個人投資家サーベイ。2019年12月―2020年1月のエッセンスをお伝えしましょう。

株式に関してはかなり強気が戻ってきている印象ではありますが、最終締め切りが1月6日(月)ということで、ちょっと評価は微妙。年内のうちに投票いただいた方と、年始からの荒れ模様を目にしてから投票した方でも印象は違うだろうと思います。詳しくは日経CNBCのHPをご覧ください。

さて、今回のトピックス質問は題して「第1回日経CNBC“銘柄大賞”」です(第2回以降があるかどうかはこれから考えます。。)。「あなたにとって“2019年を象徴する銘柄”は何ですか?」というもの。あまりにもあいまいな質問なので「儲かった銘柄でも損した銘柄でも、買えなかった銘柄でも構いません。日本株でも海外株でも構いません」といった注を付けました。とにかく2019年を象徴する“銘柄”は???

第3位は同じ投票数で「ソニー」「レーザーテック」「日産自動車」。それぞれうなづける銘柄です。ソニーは今年も活躍が続きそう!? 半導体検査・計測装置のレーザーテック。機関投資家ならアドバンテストということになりすですが、年後半の株価の上がりっぷりはレーザーテックの方が見事です。そして日産自動車。年末年始も話題に事欠かないわけですが、、、早く普通に自動車と業績が評価されるようになってほしい。。。

0108銘柄大賞3位

第2位は「ソフトバンク系」。銘柄コードで回答するようにすれば混乱はなかったんですが、ソフトバンクGというお答えのほかに、ソフトバンク(9434)という回答でも理由の欄を見ると、ソフトバンクグループ(9984)を指していることが明らかという回答が多かったです。この会社も良くも悪くも話題が多かったですし、孫さんの注目度はやっぱりダントツです。

0108銘柄大賞2位

そして第1位!。「やはり」といいますか「へーっ」といいますか2位以下を大きく引き離して「ワークマン」。2019年は業績も株価も大ブレーク。そう考えると納得ですね。「気が付いたら手を出しにくい株価になっていた」といった回答もちらほら。。。

0108銘柄大賞1位

ちなみにほかにもこんな銘柄も上がっています。

0108銘柄大賞その他

アメリカ株をあげる方も多かったですね。至極当たり前に投資対象にアメリカ株が含まれている方が増えている印象です。ちなみに僕なら日本株で東京エレクトロン。これは2017年暮れの市場関係者の忘年会で突然問われて思わず口走った銘柄なのですが、その直後から暴落。そして一年遅れで復活しました。「早過ぎた」のではなく「恥ずかしかった」です。そしてアメリカ株なら分かりやすくアップルですね。2020年になっても市場混乱どこ吹く風で史上最高値を更新していますが、“強い”と思います。

今回はフリーアンサーを含めていつにもましてたくさんの回答をいただきました。みなさんの銘柄に対する思い入れが伝わってくるようでした。ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
日本経済新聞社に入社。証券部、日経マネーなどを経て、今はマーケット・経済専門チャンネル、日経CNBCで主に「朝エクスプレス」という番組を担当しています。幅広ーいことが経済やマーケットとつながっているため、どうしてもいろいろなところを「見て」「歩いて」「感じる」――日々です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。