見出し画像

コワーキング、コワーキング、コワーキング

Megumu

最近、コワーキングスペース(月額)を利用し始めた。
転職をすることとなりそれまでの有給消化期間中の作業スペースが欲しかったためだ。

これまでドロップインや会社のオフィス代わりとしてコワーキングスペースを何度か利用してきたがあまり自分のペースと合わないことが多かった。

変に人が多すぎたり、知り合いに会う頻度が高すぎるとせっかくの作業の邪魔になったり。かえって邪魔をしてしまったり。
長時間作業するには向かないシステム(運営時間が短い、椅子が体に合わないなど)だったりが主な原因。

家で作業をすることを前提にすれば、如何様にも環境を整えることができるし、時間や距離、システム的な制約を取り除くことは容易にできるかもしれない。

そのような思考からあまり自分のペースとは合わないコワーキングで作業をするという選択肢はなかった。

ただ最近、家で作業することになれすぎて、プライベートと作業をするときの堺がなくなってきた。
ご飯を食べる間隔もお風呂もテレビも恋人との会話も仕事も作業中も同じ空間で行われる。次第に作業をする時の集中力が低下していることに気がついた。

「これを期にコワーキングデビューしてみるか…」

そんな気持ちで利用し始めたコワーキングスペースは最高の環境だった。

とにかく集中できる。もうびっくりするぐらい。
集中力がない人はぜひ、一度コワーキングへ行ってほしい。カフェでもなく図書館でもなくコワーキングだ。

作業をすることに特化した空間、音楽、程よい雑音、同じモチベーションの人々。一日が終わる頃には今まで経験したことがない量のタスクをこなしていることになると思う。

私が利用しているコワーキングスペースは、24時間365日運営されていて月額15,000円。椅子はオフィスチェアで長時間でも疲れないし、人の量は少ないし、モニターは備え付けだしで文句の付け所が無い。
集中力と得られるスキルをお金で買うことができると考えたらとても安い買い物だと思う。

家で作業をしていたことがバカバカしいほどに感動するので契約してほしい。

継続利用しよっとw

もう一度言う。
スタバでも図書館でも家でもなく、コワーキングだ。
コワーキング。コワーキング。コワーキング。最高だ。


ちなみに、利用しているコワーキングはこちら。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!