見出し画像

大阪で"某勢力"との全面戦争がついに始まった【コロナウイルス対策マガジン Vol. 30】

売り切れ

画像1

黒井:ワトソン君、正念場だ。これからが本物の戦いになるだろう。覚悟はできているか?

ワトソン君:大阪の話ですよね?できてます!ボク達は、大阪を守らないといけないです。

黒井:さよう。全国に先駆けて"某勢力"に戦いを仕掛けているのが大阪の吉村府知事だ。この勇気にまずは拍手を送りたい。店名公表の時点でよくやったと思う。

大阪府が休業要請に応じぬパチンコ3店を新たに公表
4/27(月) 16:21配信 スポーツ報知

 大阪府は27日、新型コロナウイルス特別措置法に基づき、休業要請に応じないパチンコ店3店舗の名称を新たに公表した。要請理由は「新型コロナウイルスまん延防止のため」としている。

(1)「P.E.KING OF KINGS大阪本店」(大阪市旭区)(2)「P.E.KING OF KINGS高槻店」(高槻市)
(3)「ミスターパチンコ日根野店」(泉佐野市)

 また24日に名称を公表した6店舗のうち、3店舗は休業を確認したと発表した。「P.E.KING OF KINGS大和川店」(堺市堺区)、「HALULU」(堺市北区)、「ザ・チャンスα」(堺市美原区)の3店舗は引き続き名称が公表されている。

https://hochi.news/articles/20200427-OHT1T50115.html

ワトソン君:ここまで来たら、もう「特殊遊技施設」という婉曲表現は不要だと思います!

黒井:そうだな。吉村府知事は"特殊遊技施設"ことパチンコ屋の店名をさらすという偉業を成し遂げたと言っていいだろう。感服する。全国の日本国民は大阪府知事の吉村氏に全力でエールを送るべきだ。だが一方でこの素晴らしい流れを阻止しようと暗躍する連中も大勢いることが分かっている。今回はそういうミクロの流れについて1つ1つ実例を示しながら我々なりの戦い方をしていきたいと思う。

黒井:-----ここから下は有料部分-----

"コロナウイルス対策マガジン日本支部"は、中国の武漢で発生し世界的なパンデミックを引き起こした肺炎のコロナウイルスについて、本家News U.S.では公開するのが難しいデリケートな情報を扱う場として機能させるために2月初旬に創刊された。販売そのものを厳しく制限していて、限られた機会にしか購入することができない非公開有料マガジンだ。
※第1期の販売価格は"使い捨てマスク50枚入り"の正規価格660円から開始されたが、販売開始後わずか10分で在庫がなくなってしまったために一旦非公開とした。第2期は"Presto! マスクふつうサイズ 個別包装120枚"の定価1,636円で販売したが、やはり1時間と持たずに在庫がなくなった。第3期は"快適ガードさわやかマスク レギュラーサイズ 30枚入"の時価と同じ4,250円での販売となったが、やはり1時間以内に在庫がなくなってしまった。第4期は"快適ガードさわやかマスク 小さめサイズ ホワイト 30枚入"の時価と同じ3,649円での販売となったが、やはり1時間と少しで売り切れた。従来の2倍の在庫を仕入れたにも関わらずだ。第5期は"超快適マスク息ムレクリアタイプ小さめ20枚"の時価と同じ4,500円での販売となったが、在庫数が少なかったために30分と経たずに売り切れてしまった。第6期は"超快適マスク プリ-ツタイプ 小さめサイズ 4+1枚入 増量"の時価1,500円にした後"超立体マスク スタンダード 小さめ 30枚"の時価6,350円に設定したが、非常に高額だったにも関わらずわずか29分で売り切れた。第7期は防塵マスクの"GVS P100/RL3 エリプス防じんマスク(消臭型)"の定価と同じ3,698円だった。第8期は第7期と同じく防塵マスクの"GVS P100/RL3 エリプス防じんマスク(消臭型)"の定価と同じ3,701円だった。第9期は"重松 TW (TwoWay) 取替え式防じんマスク"に吸収缶とフィルターを加えた4,129円だった。詳しい経緯はこの記事を見てほしい。
※本noteの上部に"新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省や首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください"という注意書きが出ているが、医療に関するデリケートな話題についてはこの一連のマガジンには書かれていない。そういった医学的な情報を求めている読者は専門機関のサイトやプレスリリースを探すことを推奨する。
非公開であっても購入者は引き続きマガジンの閲覧ができるが、購入していない人に対しては"お探しのページが見つかりません"と表示され存在を認識することさえできない仕様だ。マガジンのURLは以下のものになるから、買いそびれた人は再び公開された際に購入をしてほしいと思う。https://note.com/newsus/m/m9adcc1c0779a

この続きをみるには

この続き: 16,884文字 / 画像1枚
記事を購入する

大阪で"某勢力"との全面戦争がついに始まった【コロナウイルス対策マガジン Vol. 30】

News U.S. note

222円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
90
本家News U.S.では取り上げられないようなディープかつシリアスな話題が中心だ。月額マガジンのNews U.S. レポートやコロマガ(日本支部・海外支部・米国支部)などを定期的に発行している。

こちらでもピックアップされています

news-usコロマガ
news-usコロマガ
  • 79本

news-us.orgが本家のnote有料マガジン。