新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

テスラショックで底を拾うことに成功【米国株式投資レポート September 20】

売り切れ

画像1

黒井:さて、今週も米国株式投資レポートを始めよう。今回はテスラ(TSLA)モデルナ(MRNA)などの個別株について詳しくチャート分析を実施した。どうだった?

ワトソン君:面白かったです!毎回面白いんですけど、ダウ平均株価とか指数だけじゃなくて、個別の株にも適用できるのがいいです。

黒井:黒井は9月9日にここが底だと感じてある銘柄に買いを入れたが、その後見事に盛り返して再び上昇トレンドに入った。ほぼ底を当てたわけだ。当時は100%の自信を持って買ったわけではないが、チャート分析で底を的中させる確率を高めることは十分に可能と言える。

コロナウイルス対策マガジン米国支部とは6月27日に新しく創刊されたコロマガシリーズの名前である。コロマガ日本支部やコロマガ海外支部とは異なり米国の話題が中心となっている。コロナ禍における米国の話題や歴史的な検証と分析だけでなく、今すぐ役立てられる実践的な内容も加えて付加価値を高める予定である。
コロマガ米国支部に付随する米国株式投資レポートは単独記事として13部を発行する。その後は8,080円のマガジンを購入しなければ読めない形式だ。13という数字は米国が独立した時の州の数だ。

この続きをみるには

この続き: 6,050文字 / 画像12枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
コロマガ米国支部は日本支部や海外支部と異なりいつでも購入できる形式にしている。その代わり価格は最初から高めだ。8080という数字そのものに意味がある。その意味はコロマガ米国支部内でいずれ明らかにされるだろう。

コロマガシリーズの集大成として2020年6月27日に創刊されたマガジンだ。米国内でのコロナ感染拡大がもたらす大統領選への影響やデモの状況、…

または、記事単体で購入する

テスラショックで底を拾うことに成功【米国株式投資レポート September 20】

News U.S. note

222円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
37
本家News U.S.の記事を再編した特選記事マガジンの他に、コロナウイルス対策マガジン(日本支部・海外支部・米国支部)などを定期的に発行している。8月からは新たにNews U.S. レポートも始めた。本家では取り上げられないようなディープかつシリアスな話題が中心だ。

こちらでもピックアップされています

中国武漢肺炎コロナウイルスマガジン米国支部
中国武漢肺炎コロナウイルスマガジン米国支部
  • 55本
  • ¥8,080

コロマガシリーズの集大成として2020年6月27日に創刊されたマガジンだ。米国内でのコロナ感染拡大がもたらす大統領選への影響やデモの状況、経済、株式市場などの話題が中心となる。日本支部のように歴史的背景から今後の展開を探るだけでなく、今すぐ役立てられる知識やテクニックなどの実践的な内容も盛り込む予定である。