見出し画像

アメリカ合衆国が"南軍"に制圧される【新・コロマガ米国支部 第5号】

売り切れ

画像1

黒井:コロマガを書くだけのふさわしい情報が集まってきた。新・コロマガ米国支部第5号を始めよう。ここではずばり"第二次南北戦争"について書く。

ワトソン君:ええっ?それは・・・。表に出して、いい話ですか?

黒井:南北戦争と言うからには北軍と南軍がいる。いまや米国は二分されつつある。果たしてどちらが北軍の正義の味方で、どちらが南軍のクーデター勢力なのか…という部分を有料部分でつまびらかにしていきたいと思う。

コロナウイルスマガジン米国支部とは6月27日に新しく創刊されたコロマガシリーズの名前である。コロマガ日本支部やコロマガ海外支部とは異なり米国の話題が中心となっている。コロナ禍における米国の話題や歴史的な検証と分析だけでなく、今すぐ役立てられる実践的な内容も加えて付加価値を高める予定である。11月3日からマガジンの名前を「新・コロマガ米国支部」とすることに決めた。大統領選を経て読者をさらなる高みへと導く予定だ。

この続きをみるには

この続き: 12,282文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
米大統領選の不正疑惑によりトランプが逆転する見込みとなったことから、新・コロマガ米国支部の価格は11月25日に再度値上げされることになる。新しい価格は13,171円である。この価格にした理由を第6号の有料部分で説明している。

コロマガ米国支部は11月1日に新・コロマガ米国支部として生まれ変わった。これまでの内容を継承しつつ、読者をさらなる高みへと導くための進化で…

または、記事単体で購入する

アメリカ合衆国が"南軍"に制圧される【新・コロマガ米国支部 第5号】

News U.S. note

222円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
66
本家News U.S.では取り上げられないようなディープかつシリアスな話題が中心だ。月額マガジンのNews U.S. レポートやコロマガ(日本支部・海外支部・米国支部)などを定期的に発行している。

こちらでもピックアップされています

新・コロマガ米国支部
新・コロマガ米国支部
  • 62本
  • ¥13,171

コロマガ米国支部は11月1日に新・コロマガ米国支部として生まれ変わった。これまでの内容を継承しつつ、読者をさらなる高みへと導くための進化である。コロマガ米国支部はあと1回変身を残している。