見出し画像

THE YELLOW MONKEY×news23小川彩佳 対談企画 ”最高にかっこいい”力の源とは・・・

番組のエンディングテーマ
「Changes Far Away」を歌っている
THE YELLOW MONKEYのみなさんを
取材しました。
結成から30年、50代になったみなさん。
今もなおエネルギーにあふれる姿を
見せ続けるのはどうしてなのか
その力の源に迫ります。
(2019年8月30日放送)

画像1

画像2

●廣瀬洋一さん
「実はアニー(菊地英二さん)とか」


●菊地英二さん
「オレかな?」

本当に笑いが絶えないバンドだ。

画像3

画像4

(全員が吉井和哉さんを指して・・・)

●吉井和哉さん
「やっぱりってなんなの!」

画像6

終始、無邪気なやり取りが続く。

画像6

画像7

結成から12月で30年。
いまは、メンバーで一緒にいること、
それ自体が“楽しみ”であり、“喜び”だという。

画像8

画像9

マイクスタンドを振り回し、
激しくかき鳴らす、ギターとベース・・・。
全員が50代とは思えないほど、
エネルギッシュなライブに観客は熱狂する。

現在は、20万人を動員する
全国アリーナ・ツアーの真っ最中だ。

画像10

画像11

画像12

●小川キャスター
「皆さんのステージをみてると、つややかで、
そこに軽やかさと肩の力が抜けたような感じが
加わっている最高の状態かと」

●吉井和哉さん
「やったな!」

彼らの力は、
いったいどこから来ているのだろうか。

●吉井和哉さん
「50代になって大事に思うものと
大事にしたいものがはっきりしてきて。
僕なんかはやはりメンバーがもう本当に
1人いなくなったら困るので」

画像14

●菊池英昭さん
「年齢を重ねてくると
できなくなってくることもあるので
でもそれをみんなそれぞれのかたちで
克服しようとして
それをみたときにまた違う味が感じられるので、
そこもまたひとつの楽しみになったりして、
どんどん転がっている感じがする」

画像15

今年4月には、アルバム「9999」をリリース。
ここに収録されているのが、

画像16

番組のエンディングテーマ
「Changes Far Away」だ。

画像17

●小川キャスター
「報道番組のエンディングに
使われると知ってどう思いました?」

画像18

●吉井さん
「いやーーーーね。」


●菊地英昭さん ●廣瀬洋一さん
「嬉しかったですね」

●菊地英二さん
「ちゃんと認識されたっていうか、
きちんとしたものとしてね。
異端じゃなくて、世の中の真ん中にいても
おかしくないような曲であり、
バンドなんだなと認識されたことが
すごく嬉しかったですね」

画像18

画像19

画像20

1990年代、次々とヒット曲を世に送り出し、
音楽シーンを席巻した、伝説のロックバンド。
しかし、すべてが順風満帆だったわけではない
2004年、バンドは一度、解散を経験している

画像21

2016年に、バンドは再集結
実は「Changes Far Away」には、
10年以上にわたる「解散」状態から
得た経験
が詰まっている。

●吉井和哉さん
「つらかったときがすごくあって、
やっぱりバンドが解散するときは
ファンもつらかったし、
我々もつらかったんだけど、
このまた再集結するという未来が
待っていた
じゃないですか。・・・

画像22

画像23

画像24

●廣瀬洋一さん
「・・・
そんな僕らが50代になって再集結して
こういうニュースのエンディングに
使われるということで、すごく感慨深かったし」

画像25

30年の紆余曲折を経て、
互いを「家族のよう」と表現できる強さも
手に入れた。

画像26

画像27

●吉井さん
「良いバンドでしょ?」

●小川キャスター
「仲良しですね。」

●廣瀬洋一さん
「あ~そうかもしれないですね」

●吉井和哉さん
「嫌いなところもいっぱいありますよ笑」

●菊地英二さん
「家族って別に嫌なところがあって嫌いとか
そういうの関係ない
じゃないですか・・・

画像28

●吉井和哉さん
『逃れられない』みたいなね。ははは」

画像29

今回のツアーでは、公演ごとに、
トランプの4つのマークが割り振られている。

●吉井和哉さん
「何種類かのメニューで
展開できたらいいねっていう
話になってそれで4種類のメニューっていう
そしたらマークを考えましょうになって・・・

画像30

本来ならひとつの公演の曲順や
演出を覚えるのも大変なはずだが、
4種類の違う内容をあえてやる。
彼らの挑戦は続いている。

画像31

画像32

12月からは、キャリア最大規模となる、
ドームツアーも行われる。

画像33

画像34

全員が50代となった今…。
見据える新たな“未来”はどんなものなのか。

●菊地英二さん
「よくよく調べてみたら
『青春』の後は『朱夏』・・・。」

●吉井和哉さん
「たまにこういう知識出すんですよ」

画像35

画像36


●菊地英二さん
「その先。体は衰えてるけど
脂はのってますみたいな

画像37

●菊地英昭さん
・・・なんなんだろう、
でもまだ前を見てたいし」

●廣瀬洋一さん
「再集結後にちゃんと皆さんに祝福して
頂けるような活動をやってこれて
これでもうすべて心置きなく
本来のTHE YELLOW MONKEYの・・・

画像38

●吉井さん
「そうだね」

●廣瀬さん
「そういう気持ちに溢れているので」

●吉井和哉さん
「やっぱり得たものとかもらったものを50代、
40代の終わりから『返していきたい』と
どっかで思ったんですよね。
楽しみたいのもあるけど、返したい・・みたいな」

画像39

*********************

小川)
今が最高という感じのみなさんですが
50代のロックバンドだと渋みとか
いぶし銀の魅力が前面に出てくるのかと
思いきや、
みなさんのステージは驚くほどビビッドで
衰えを感じさせなくて、
豊かさと新鮮さが同居しているような
驚き
があるんですね。

ブランクを経て再び4人が同居できる喜びと
お互いへの深いリスペクト

そうさせるのかもしれないなと感じました。

人との出会いや年月は想像を超えて
すてきな景色の見える場所に
人を連れて行ってくれるのかなと
感じさせる
“最高にかっこいい”
4人のみなさんの姿でした。



ありがとうございます!励みになります
169
TBSテレビ/JNN系列で放送中の「NEWS23」(月~木曜よる11時00分から・金曜よる11時30分から)の公式noteです