問題の本質は表面的なところにはないよね?

根本裕幸

このnoteは下のブログを元にvoicy / youtubeでお話しした内容を文字起こししているものです。

この話の元記事はこちら!
「問題の本質は表面的なところではなく、そこを掘り下げたところにあるもの~そもそもなぜ夫は不倫をしたのか?なぜレスになってしまったのか?さらに深く・・・~」

***

どうもこんにちは。

カウンセラーの根本でございます。

いつもお聞きくださいましてありがとうございます。

ということで、雨模様の大阪でございますけど、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

さぁ今日は、「問題の本質ってどこにあるの?」っていうテーマでお届けしてまいりたいと思います。

よかったら最後までお聞きください。

そして、チャンネル登録とか、フォローもよかったらお願いします。

今回は、旦那の不倫がきっかけで、夫婦が不仲になり、レスの問題もあり、そして遠距離の友達をちょっと好きになっちゃったかも、みたいなネタをいただきました。

自分はなにを見たらいいのか?旦那と仲良くしたらいいんだけど、どうしたらいいのか?

っていうネタをブログの方にいただきました。

ありがとうございます。

ネタの方はブログの方で募集しています。

すべて採用させてもらうわけじゃないんですけども、興味ある方はそちらもチェックしてみてください。

で、そういうお話自体っていうのは、カウンセラーとしてはよく耳にするというか、いただだくテーマでございますけども。

その時に、たとえばじゃあ遠距離の友達のことを好きになっちゃったんだけど、そこをどうすればいいのか?とか、旦那と仲良くなるにはどんなテクニックがあるのか?みたいなことっていうのを多分知りたいというか、教えてほしいなっていう気持ちがあるんだろうと思うんですけども。

そういうやり方も多分あると思います。

あると思うんですけども、僕が見ていく問題っていうか、僕が扱うっていうところは、実はもっとその根本原因と言いますか、もう根っこの方の、ルーツの方のテーマっていうことを見ていくことっていうのが多いんですね。

表面的なテクニックで解決する問題もあると思うし、それはそれで全然いいと思うんですけども。

それってけっこう付け焼刃になりがちじゃないかなと。

こて先のものになりがちじゃないかなっていうふうに、つまり一瞬はいいんだけど、それを続けていくことできるかなとか、本質的な解決になってるのかなっていうふうに見ると、ちょっと「?」マークがつく場合もありますよねっていうところで。

じゃあ、本質的なものってなんなんだろう?っていうところを、見ていくっていうことによくしております。

で、具体的に言えば、今回の例で言えば、「そもそもなんで旦那さんは不倫をしたんだろうね。浮気したんだろうね」っていうところがあって。

で、もちろんこういう問題の見方っていうのの、1つのポイントっていうのは、「自分軸」っていうところにあって。

じゃあ旦那が悪いっていうことで、丸く収まるのであればまぁいいんだけども。

いや、そういうわけじゃないよねと。

じゃあ、旦那が不倫したっていうのは、100%相手が悪いのかって、あいつが悪いのかっていうふうに見たりとか、見ていくのもあるし、裁判とかだとそういった認定になるかもしれないんですけども。

じゃあ「旦那が悪いです」って決まったところで、ハッピーな関係になるのか?っていうと、「いや・・・ねぇ」っていう感じだと思うんですよ。

裁判で負けた方が、勝った方に対して、「仲良くしましょう」みたいなふうになるかっていうと、勝ち負けがついちゃった分だけ、余計複雑になりません?っていう気もするわけですね。

で、もう1つ大事なポイントっていうか、見ていきたいポイントっていうのは、その旦那が不倫したと。

じゃあ、あいつが100%悪くないとしたら、「じゃあなんでこの状況を夫婦は招いたのか?」っていうことを、できれば前向きというか、主体的に取っていきたいですよねっていうことで。

なぜ旦那は浮気する必要があったんでしょうか?

なぜ旦那は浮気しなきゃいけなかったんでしょうか?

不倫しなきゃダメだったんでしょうか?

っていうところを、実は見ていくわけですね。

この辺は過去にもいろんなブログの中でお話をしてきた部分でもあるんですけども。

どうしても被害者になって、「あなたが悪いんだから、あなたが責任取りなさい。あなたが私の気持ちをなんとか直しなさい」っていうふうに持っていったとしても、まぁまぁ実際どうなんでしょうねって。

その欲しいものが手に入るんでしょうか?って言うと、案外そうでもないのと、この辺りって、じゃあどの時点で終わりにするの?っていうふうなものも見えないんですよね。

ってなってくると、じゃあフィフティフィフティっていうことで、「自分にもなにか問題があったんじゃないか?」っていうふうに見ていく。

これ、自分も悪かったっていうのではないんですよ。

それぞれの関係性の中で、この問題が起きてきたとするんだったら、「じゃあなにがあったのか?」っていうところを見ていきませんかっていうわけですね。

だから、今の夫婦関係が不仲だったり、レスだったりっていうところの問題だけじゃなく、そもそも「不倫に至る前の関係ってどうだったんでしょうか?」っていうところを見ていくわけですね。

だから、ちょっと掘り下げが始まるわけですよ。

で、そうすると、いろんなケースがありますけど、もともとたとえば旦那さんの愛情にあぐらかいてて、もう旦那のことをでアゴで使ってましたわ、みたいな感じ。

そうしたら、旦那が外行っちゃうのもわかるよねとか。

あるいは、もともと夫婦仲っていうのがあんまりよくなくて、お互い心を開かず、なんとなく秘密主義みたいなのがあって、お互いになんか独立した関係だったのかもねっていうところになると、「じゃあ寂しかったのかな」っていう問題も出てくるわけですね。

それから、自分が子供だった場合ね。

だから、よくこういうケースがあって、夫婦なんだけども、まるで父と娘、兄と妹みたいな関係になってたんじゃないの?っていうケースもあれば、他にも実家に片足を突っ込んでるままの問題だったりとか。

本当にあちこちで、そういったなんらかの原因っていうのが、不倫に至る理由っていうのが出てきたりするものなんですね。

で、もともと遊び人で浮気しまくってた人が、今更浮気したところで多分問題にはならないので、そうじゃなかったとするならば、「じゃあなんで旦那はそうなっちゃったんだろうね?」っていうことを見ていくっていうことが、1つのテーマっていうことになるわけですね。

ここが本質に至る1つのポイントです。

他にも、僕がもしこの方をカウンセリングするのであれば、聞きたいことはいっぱいあって。

旦那さんの性格とか、お仕事とか、奥さん自身のお仕事だったりとか、人間関係だったりとか。

たとえば、自立しすぎていて、すごい夫婦の中で競争心が激しかったみたいなことも、浮気の原因になったりするわけですよね。

安息を求めて、旦那さんはね。

一方で、たとえばそれまでの彼女の恋愛経験だったりとか、それからもっと言えば、お互いの親子関係みたいなところ、彼女の親との関係っていうところも、けっこう実は放置できないテーマでございましてね。

一見関係ないように感じるかもしれないんですけど、かなりここは濃密なつながりっていうのを持ってたりするわけですね。

で、そうやって表面的に起きてるものから、徐々に徐々に掘り下げていって、「なんでこんな芽が出たんでしょうね。ここに雑草が生えちゃったんだろうね。なんでここにこういう状態が起きちゃったんだろうね」っていうところの、根拠というか、理由。

これもいっぱいあるんですけども、理由を探っていくと。

で、そこを解消していったら、いわゆる根っこを解消した分だけ、表に出るものも変わってくるんじゃないかっていう考え方っていうのをしていくわけですね。

だから、たとえば彼女の問題だったら、もうこの辺は話を聞いてみないとわからんですよ。

話を聞いてみないとわからないんですけども、たとえば自立しすぎていて、女性性を抑圧してたが故に、結婚してもなんか男と女の関係っていうより、男同士みたいな状態になって、お互いライバルになって、激しい競争をやってましたと。

そしたら、彼が疲れちゃって、ちょっと女の子らしい女の子に気を引かれましたみたいな部分っていうのもあったりします。

あるいは、旦那さんの愛情にあぐらをかいてたっていうことによって、旦那さんが本当に自分の居場所が欲しくなって、それが浮気になったみたいなことっていうのもあります。

っていうふうな、そういったところから、さらに「じゃあなんであぐらをかいちゃったんだろうね。なんであぐらをかかなきゃいけなかったんだろうね」っていうところを、見ていくことっていうのもできたりするわけですね。

これもたとえばですよ。

たとえばなんですけども、すごく自分が自立してきてしまって、旦那さんとの競争に勝ってきたと。

たとえば年下の旦那さんとかによくある話ですけどね。

で、旦那が「好き好き好き好き」言ってきて、付き合って結婚したもんだから、旦那さんのことっていうのを、正直あんまり大事にしてこなかったと。

で、私も「好きなんでしょ?」みたいな態度を取ってましたっていうことが、結局あぐらをかくっていう状態を作って、そして不倫問題っていうところにつながったっていうふうな見方もできるわけです。

っていうふうに、表面的に出てくる問題っていうのは、「なんで?なんで?」っていうふうな問いを繰り返すことによって、表に見ている世界とは全く違うものが心の中に出てきたりっていうことも、非常によくあるわけですね。

なので、そういった本質的なところを見てっいった方が、多分問題っていうのは、まぁ時間はかかるんですけども、本質的な部分を見た分だけ、より良い方向に行きやすいんじゃないかなと思っているわけでございます。

興味ある方は、ぜひカウンセリングだったり、グループセッションだったりっていうのを利用してみてはいかがでしょうか。

ということで、今日も最後まで聞いていただきまして、ありがとうございました。

根本でした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
根本裕幸
カウンセラー/セミナー講師/作家。「7日間で自己肯定感をあげる方法」「罪悪感がなくなる本」「疲れた時に読む本」など著書多数。ほぼ毎日更新するブログは自立系武闘派女子たちを中心に「笑えてためになる!」と好評。https://lit.link/nemotohiroyuki