見出し画像

カートゥーン・サルーン最新作『ウルフウォーカー』が待望の日本公開!

こんばんは。
アニメ映画ライターのネジムラ89です。

タイトルで“待望の”と紹介していますが、なかなかディズニーとかイルミネーション以外の作品は、存在すら知らない人も多いのではないかと思います。

カートゥーン・サルーンの最新作『ウルフウォーカー』が日本公開!

あのカートゥーン・サルーンの最新作『ウルフウォーカー』の日本公開が発表されました。

画像1

ウルフウォーカー(原題:Wolfwalkers)
制作年:2020年 / 制作国:アイルランド・ルクセンブルク カートゥーン・サルーン制作
監督:トム・ムーア、ロス・スチュアート

つい先日まで秋公開というだけで、具体的な公開日は明らかになっていなかったのですが、ついに10月30日(金)の公開であることが発表されました。なかなかギリギリでの発表となりましたね。

カートゥーン・サルーンとは!?

カートゥーン・サルーンと言ってピンと来ない人に改めて説明しておくと、“カートゥーン・サルーン”とはアイルランドにあるアニメーション制作スタジオ

スクリーンショット 2020-09-25 1.04.58

カートゥーン・サルーンではこれまでに『ブレンダンとケルズの秘密』『ソング・オブ・ザ・シー海のうた』、そして『ブレッドウイナー』などを制作してきました。

可愛らしくポップなキャラクターデザインと、絵本のように鮮やかで綺麗な美術、そして幻想的だけどどこか厳しさも孕んだストーリーが特徴です。

映画賞での評価も非常に高く、『ブレッドウイナー』は2018年を代表するアニメーション映画の一つです。

そんな今、特に注目を浴びているカートゥーン・サルーンの最新作ということで、注目しないわけがないというのが私の気持ち。一体どんな体験をさせてくれるのか楽しみです。

『ウルフウォーカー』はどんな話なのか?

今回のお話がどんな内容なのか、公式サイトのストーリーを引用させてもらうとこんな感じ。

イングランドからオオカミ退治の為にやってきたハンターを父に持つ少女ロビン。ある日、森で偶然友だちになったのは、人間とオオカミがひとつの体に共存し、魔法の力で傷を癒すヒーラーでもある “ウルフウォーカー”のメーヴだった。
メーヴは彼女の母がオオカミの姿で森を出ていったきり、戻らず心配でたまらないことをロビンにうちあける。母親のいない寂しさをよく知るロビンは、母親探しを手伝うことを約束する。翌日、森に行くことを禁じられ、父に連れていかれた調理場で、掃除の手伝いをしていたロビンは、メーヴの母らしきオオカミが檻に囚われていることを知る。
森は日々小さくなり、オオカミたちに残された時間はわずかだ。ロビンはなんとしてもメーヴの母を救い出し、オオカミ退治を止めなければならない。それはハンターである父ビルとの対立を意味していた。それでもロビンは自分の信じることをやり遂げようと決心する。そしてオオカミと人間との闘いが始まろうとしていた。

出典:『ウルフウォーカー』公式サイト

ハンターの少女と、ウルフウォーカーという少女が出会う物語なんだそう。

今回もアイルランドの神話を元にした作品ということで、『ブレンダンとケルズの秘密』『ソング・オブ・ザ・シー海のうた』に続くケルト三部作の最終作としてもPRされています。

馴染みのないケルト神話に触れられる機会という意味でも、これまでの作品は新鮮な体験ができたので、今回も未知の驚きが隠されているのではないでしょうか。

そんな『ウルフウォーカー』、すでに映像配信に関しても報道がされているのですが、これまた特徴的な内容となっていました。

_________________________

ここからはマガジン「読むと アニメ映画 知識が結構増えるラブレター」の購読者、もしくは単品でこの記事をご購入いただいた方のみ閲覧いただけます。

「読むと アニメ映画 知識が結構増えるラブレター」では、古今東西のアニメ映画を、より楽しめるような情報をほぼ毎日発信中です。初月無料となっているので、まずは定期購読(月480円)をポチってみてくださいな。月々20記事前後で配信中なので、ひと記事25円以下で読める計算になってます。お支払い月の記事は読み放題になりますよー。

過去記事はアーカイブのマガジンを購入しても読むことができます。

_________________________

『ウルフウォーカー』はAppleTV+で配信される!?

この続きをみるには

この続き: 663文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
『読むと “アニメ映画” 知識が結構増えるラブレター』2020年9月分の買い切り用のアーカイヴマガジンです。

読むとアニメ映画知識が結構増えるラブレターの2020年9月分をまとめています。【 この月に取り上げている作品 】映画ギヴン / 紅の豚 /…

または、記事単体で購入する

カートゥーン・サルーン最新作『ウルフウォーカー』が待望の日本公開!

ネジムラ89

198円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
めちゃ嬉しいです。感謝。
1
缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーの傍らアニメ映画ライターとして各種メディアで執筆中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。 お仕事のご依頼お気軽にどうぞ→連絡先:menkurai@infoseek.jp

こちらでもピックアップされています

読むと “アニメ映画” 知識が結構増えるラブレター
読むと “アニメ映画” 知識が結構増えるラブレター
  • ¥480 / 月
  • 初月無料

アニメ映画に関する最新情報、イベントレポート、古今東西のアニメ映画作品レコメンド、中国アニメ映画事情、Tipsなどなど…アニメ映画に関する情報を毎日更新を目標にお届け。 アニメ映画なら、ジャンルを問わず萌え系から未就学児向け作品まで網羅。世界スケールでアニメ映画の“今”を教えちゃいます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。