東京国際映画祭2021のアニメーション関連ラインナップ!&『クリプトズー』ってなんだ?
見出し画像

東京国際映画祭2021のアニメーション関連ラインナップ!&『クリプトズー』ってなんだ?

2021年10月30日(土)~11月8日(月)の10日間にかけて日比谷・有楽町・銀座地区の映画館にて今年も東京国際映画祭が実施されます。関西民としては、羨ましいというか行くか悩むところなんですよね。結局、新千歳空港国際アニメーション映画祭を優先して、東京を飛び越えて、北海道へ行ってしまうのが例年の私でした。

画像2

毎年アニメーション映画についてもピックアップされる映画祭ということで、御多分にもれず今年もアニメーション映画が多数上映されます。
というわけで改めて今年上映されるアニメーション映画を紹介します。

ジャパニーズ・アニメーション部門:先行上映組

まずはいくつか日本上映が予定されている映画が、映画祭で先行して上映が実施されます。

まずはスタジオSALUの『犬王』
湯浅政明監督がスタジオを去るスタジオでの最後の監督作となります。
2022年公開のものをジャパン・プレミアとして上映します。

続いて、『宇宙よりも遠い場所』のチームが再集結して制作される長編映画『グッバイ、ドン・グリーズ!』。こちらはワールド・プレミアということで世界初上映を果たします。

そして12月上映予定の『フラ・フラダンス』がわずかながら先行上映!
ひと月ほどだとあまりありがたみに欠けますね。

ジャパニーズ・アニメーション部門:再上映組

続いて、再上映作品たち。

まずは今夏上映を果たした『漁港の肉子ちゃん』が上映。
アヌシーやオタワなど、各種映画祭を巡ってきた映画ということもあり凱旋上映的でもありますね。

続いて、厳密にはアニメーション映画ではないながら、アニメーション畑としては要注目の一本。『飄々~拝啓、大塚康生様~』が上映されます。
日本のアニメーション界を支えた名アニメーターである大塚さんは今年3月15日に亡くなられたということで、その功績を振り返るという意味でも意味の大きなプログラムと言えます。

そして、そんな大塚さんも参加している日本のアニメーション映画のクラシックでもある『じゃリン子チエ』『わんぱく王子の大蛇退治』も上映が実施されます。

スクリーンショット 2021-10-15 17.44.55

画像引用:https://amzn.to/3j4iNtu
画像引用:https://amzn.to/3FPGAqH

また、ほかアニメーション関連では以下のマスタークラスが実施されます。

TIFF マスタークラス 2021年、主人公の背負うもの
TIFF マスタークラス アニメーター・大塚康生の足跡

他、特撮物から仮面ライダー関連の作品が上映されます。

ユース部門:『クリプトズー』

その他にもコンペティション部門やアジアの未来部門などなど、いろんな部門が設けられているのですが、その他にアニメーション映画の上映はなし。
唯一、少年少女に映画の素晴らしさを体験してもらう部門......ユース部門にて、意外な映画が日本上陸を果たします。

その名も『クリプトズー』です。

画像1

クリプトズー
制作年:2021年 / 制作国:アメリカ
監督:ダッシュ・ショウ
あらすじ
奇妙な生き物を収容する動物園で起こる事件を、イマジネーション豊かに描いたアニメーション映画。サンダンス、ベルリン、ファンタジアなど様々な映画祭で受賞した作品。

映画賞などでも度々登場している、幻獣動物園映画。
まさかこのタイミングで日本上陸するとは思っていなかったので、嬉しさと驚き、そして行きたいけど、このために関東へ行くべきか!?という戸惑いを感じております。

以上、今年の東京国際映画祭のアニメーション映画ラインナップでした。
アニメーション部門の編成の狙いについては、プログラミング・アドバイザーの藤津亮太さんが以下の記事で語られていますので、この記事、オススメです。

アニメーション関連プログラムの各上映スケジュール

各種スケジュールは以下の通り。

犬王
11月3日(水)18:00〜 TOHOシネマズシャンテ
グッバイ、ドン・グリーズ!
11月5日(金)18:40〜 角川シネマ有楽町
フラ・フラダンス
11月6日(土)14:50〜 TOHOシネマズシャンテ
漁港の肉子ちゃん
11月7日(日) 18:45〜 角川シネマ有楽町
記録映画『飄々~拝啓、大塚康生様~』
11月1日(月)10:50〜 TOHOシネマズ シャンテ
じゃりン子チエ
11月1日(月) 14:25〜 TOHOシネマズ シャンテ
わんぱく王子の大蛇退治
11月2日(火) 14:30〜 TOHOシネマズシャンテ
クリプトズー
11月3日(水)12:00〜 ヒューマントラストシネマ有楽町
11月7日(日)11:45〜 シネスイッチ銀座

遠征をするとなると、これまた日付がバラバラなので、満遍なく映画祭を楽しむとなると長期滞在となるのがこれまた残念なところ。東京に住んでいる人のための映画祭という感じは強く感じます。

大阪民ということもあり、未だに行くかどうかは怪しいところです......。

チケット一般販売は、部門別に10月23日(土)よりスタート。
ここで紹介しているアニメーション関連作品は10:00からの販売開始となっています。

以下、購読者枠では『スクリプトズー』についてもっと詳しく紹介します。

_________________________

ここからはマガジン「読むと アニメ映画 知識が結構増えるラブレター」の購読者(月480円)、もしくは単品(198円)でこの記事をご購入いただいた方向けの内容です。

<記事購読メリット>
・よりディープなアニメーション映画の世界を紹介
・購入月の記事の有料範囲も読み放題
・単品購入よりも圧倒的にお得!
・たまにオープンにできない話とかします。

マガジン購読で月20記事〜の更新が読み放題になります。

過去記事はアーカイブのマガジンを購入しても読むことができます。

_________________________

この続きをみるには

この続き: 2,838文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
『読むと “アニメ映画” 知識が結構増えるラブレター』2021年10月分の買い切り用のアーカイヴマガジンです。

読むとアニメ映画知識が結構増えるラブレターの2021年10月分まとめ。今月のテーマは『グッバイ!ブルースカイスタジオ!』。今年消滅したブル…

または、記事単体で購入する

東京国際映画祭2021のアニメーション関連ラインナップ!&『クリプトズー』ってなんだ?

ネジムラ89 / アニメ映画ライター

198円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
缶バッチ屋もやっているのでよろしく!
アニメ映画ライターとして各種メディアで執筆中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。 缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーも務めています。お仕事のご依頼お気軽にどうぞ→連絡先:nejimura@gmail.com