見出し画像

「ふーん」ぐらいに思っていた湯浅政明監督の2021年最新作『犬王』がめっちゃ面白そうだった!

こんにちは。
アニメ映画ライターのネジムラ89です。

こちらのマガジンでは初めて話題にあげる新作映画の話。

2021年公開予定!湯浅政明監督最新作『犬王』!

『夜明け告げるルーのうた』『きみと、波にのれたら』、そしてさらに7月9日には最新作『日本沈没2020』の配信がスタートする湯浅政明監督の来年公開の長編映画が発表されています。

その名も『犬王』

画像1

脚本は『逃げるは恥だが役に立つ』の野木亜紀子さん。
キャラクター原案は『ピンポン』以来のタッグとなる松本大洋先生です。
制作は、サイエンスSARUです。
湯浅監督はすでにサイエンスSARUの代表取締役を降りることを発表しましたが、本作までは少なくともサイエンスSARUで制作を行うようです。

原作は、「平家物語」の現代語訳を手掛けた古川日出男による「平家物語 犬王の巻」。14世紀の日本を舞台にした、能楽師・犬王の実話をもとに生まれた物語です

画像2

参照:https://amzn.to/31I4HpS

公開予定は2021年です。もうちょっと先ですね。

アヌシー国際アニメーション映画祭にも出品されていまして、それを機に公式Twitterアカウントもスタート。

松本大洋先生のキャラクター原案なども公表されました。

アヌシーでの湯浅政明監督のコメントにワクワク!

アヌシー国際アニメーション映画祭では、湯浅政明監督を始めとした制作陣が、『犬王』について語る映像や、現在製作中のアニメーションの一部を見せてくれました。

そんな映像の中でも湯浅政明監督の『犬王』をなぜ制作するのかについての、応えがなかなか面白かったのです。

その公開された映像でのコメントがこちら。

_________________________

ここからはマガジン「読むと アニメ映画 知識が結構増えるラブレター」の購読者、もしくは単品で記事をご購入いただいた方のみ閲覧いただけます。の購読者、もしくは単品で記事をご購入いただいた方のみ閲覧いただけます。

このマガジンでは、古今東西のアニメ映画を、より楽しめるような情報をほぼ毎日発信中です。
初月無料となっているので、まずは定期購読(月480円)をポチってみてくださいな。月々20記事前後で配信中なので、ひと記事25円以下で読める計算になってます。お支払い月の記事は読み放題になりますよー。

過去記事はアーカイブのマガジンを購入いただくことでも読むことができます。


_________________________

この続きをみるには

この続き: 1,525文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
『読むと “アニメ映画” 知識が結構増えるラブレター』2020年7月分の買い切り用のアーカイヴマガジンです。

読むとアニメ映画知識が結構増えるラブレターの2020年7月分をまとめています。【 この月に取り上げている作品 】Kill It and L…

または、記事単体で購入する

「ふーん」ぐらいに思っていた湯浅政明監督の2021年最新作『犬王』がめっちゃ面白そうだった!

ネジムラ89

198円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
めちゃ嬉しいです。感謝。
1
缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーの傍らアニメ映画ライターとして各種メディアで執筆中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。 お仕事のご依頼お気軽にどうぞ→連絡先:menkurai@infoseek.jp

こちらでもピックアップされています

読むと “アニメ映画” 知識が結構増えるラブレター
読むと “アニメ映画” 知識が結構増えるラブレター
  • ¥480 / 月
  • 初月無料

アニメ映画に関する最新情報、イベントレポート、古今東西のアニメ映画作品レコメンド、中国アニメ映画事情、Tipsなどなど…アニメ映画に関する情報を毎日更新を目標にお届け。 アニメ映画なら、ジャンルを問わず萌え系から未就学児向け作品まで網羅。世界スケールでアニメ映画の“今”を教えちゃいます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。