見出し画像

少女と妖怪たちのホッコリ映画......なのか!?『岬のマヨイガ』が2021年8月公開決定!

2021年公開の映画にまた新たなタイトルが登場しました。

『岬のマヨイガ』が2021年8月27日公開!

2021年8月27日アニメーション映画『岬のマヨイガ』が公開されることが発表されました。

画像1

製作陣・そして一部キャストも今回の発表と一緒に明らかになっております。
こんな感じ。

監督:川面真也
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン原案:賀茂川
音楽:宮内優里
制作:david production

キャスト
ユイ:芦田愛菜
カッパ:達増拓也(岩手県知事)

主人公のユイ役は、『劇場版ポケットモンスターみんなの物語』『海獣の子供』他、声優業に関しても複数作経験してきている芦田愛菜だよ。
あ、芦田愛菜さんです。

監督を務めるのは、劇場版を含む『のんのんびより』などの監督を務めてきた川面真也さんが登板です。

そして脚本には、今や各所に引っ張りだこの『映画聲の形』『劇場版ガールズ&パンツァー』『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』......などなど代表作数多の吉田玲子さんが担当します。『のんのんびより』のシリーズ構成も吉田玲子さんなので、実は『のんのんびより』と同じタッグです。

画像2

アニメーション制作を務めるのは、デイヴィッドプロダクション。
代表作は『はたらく細胞』『炎炎ノ消防隊』などですね。

公式サイトではあるバックボーンが伏せられている?

本作のストーリーはこんな感じ。

ある事情で家を出てきた17歳のユイと、両親を事故で亡くしたショックで声を失った8歳のひより。居場所を失った二人は、ふしぎなおばあちゃん・キワさんと出会い、海を見下ろす岬に建つふしぎな古民家“マヨイガ”に住むことに。
なりゆきでキワさんに着いて来てしまった二人だったが、訪れた人をもてなす伝説の家“マヨイガ”、そしてキワさんの温もりに触れ、それぞれ傷ついた心は次第に解きほぐされていく。
そんなある日、キワさんを訪ねて“ふしぎっと”と呼ばれる優しい妖怪たちがやって来てーー

引用:https://misakinomayoiga.com/

もはやジャンル化した感じもある妖怪ホッコリものな雰囲気のあるストーリーなのですが、注目して欲しいのはこのあらすじで伏せられているユイが家を出る理由の“ある事情”。どうもこの部分は狙って伏せられている気がするのです。

本作は、柏葉幸子さんによる原作本が存在する企画なのですが、こちらのあらすじを読むとしっかりユイやひよりが居場所を失った理由が書かれています。

画像3

画像引用:https://amzn.to/3eAt5zy

あの日、両親を亡くした萌花は親戚にひきとられるために、そして、ゆりえは暴力をふるう夫から逃れるために、狐崎の駅に降り立った。彼女たちの運命を変えたのは大震災、そして巨大な津波だった。命は助かったが、避難先で身元を問われて困惑するふたり。救いの手をさしのべたのは、山名キワという老婆だった。その日から、ゆりえは「結(ゆい)」として、萌花は「ひより」として、キワと女三人、不思議な共同生活が始まった――。

引用:https://amzn.to/3eAt5zy

ユイ(ゆりえ)が既婚者である設定になっていたり、しかもDVを受けていたという過去があったり、なんと震災という大きな事件が盛り込まれているのですよね。

今回の映画でも、そういった要素もしっかり描かれるのか、はたまた自主規制して別のものに置き換えられるのかはわかりませんが、結構壮絶な背景を持っていそうで、案外重いシーンも用意されているのかもしれません。

キャストには岩手県知事の方が参加されるようですし、がっつり地域振興企画だったりするところからも、震災についてしっかり描くんじゃないかとは思うのですが、そのあたりは続報も含めて、注目かもしれません。

初見ではまた知らない企画が......とそこまで興味をそそられなかったのですが、調べてみれば調べてみるほど、思わぬ大傑作だったりする気配もするだけに要警戒な一本かもしれません。


ちなみに公開日は8月27日。
しれっと『君の名は。』ポジショニングをキメているので、大化けして今年の大ヒットタイトルになる可能性も、視野に入れていいかもですね。

============

noteのマガジンもほぼ毎日更新を実施中。
更新情報が届くので、ぜひフォローよろしくお願いします。

購読マガジンもやってます。購読してくれた嬉しいです。

過去のアーカイブも月間ベースでご購入いただけます。
買い切りの方で買ってくれても嬉しいです。

お仕事も絶賛募集中ですので、お気軽にご連絡くださいませ。

nejimura@gmail.com

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
『読むと “アニメ映画” 知識が結構増えるラブレター』2021年5月分の買い切り用のアーカイヴマガジンです。

読むとアニメ映画知識が結構増えるラブレターの2021年5月分まとめ。今月のテーマは『いざオンライン時代!アニメ映画とVOD』。

月20回以上更新(多分)。一記事あたり25円以下でお楽しみいただける計算となっています。クレカ決済だと初月無料です。

アニメ映画に関する最新情報、イベントレポート、古今東西のアニメ映画作品レコメンド、中国アニメ映画事情、Tipsなどなど…アニメ映画に関する…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
めちゃ嬉しいです。感謝。
2
缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーの傍らアニメ映画ライターとして各種メディアで執筆中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。 お仕事のご依頼お気軽にどうぞ→連絡先:menkurai@infoseek.jp