2022年1月3週末目のアニメ映画動向レポート&第45回日本アカデミー賞優秀賞発表!
見出し画像

2022年1月3週末目のアニメ映画動向レポート&第45回日本アカデミー賞優秀賞発表!

ネジムラ89 / アニメ映画ライター

積もるほどではないですが、大阪でも時折雪が降るようになりまして、春が恋してくてしょうがないほど、寒いです。
そんな1月3週目。週報アニメ映画興行ウォッチング、やって参ります。

2022年1月15日〜1月16日の週末動員数ランキング

1位 コンフィデンスマンJP英雄編
2位 劇場版 呪術廻戦 0 
3位 スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
4位 99.9刑事専門弁護士 THE MOVIE
5位 ハウス・オブ・グッチ
6位 クライ・マッチョ
7位 あなたの番です劇場版
8位 ボス・ベイビー ファミリー・ミッション
9位 キングスマン:ファースト・エージェント
10位 マトリックス レザレクションズ

http://www.kogyotsushin.com/archives/weekend/202201/16000000.php

1位はヒットシリーズ『コンフィデンスマンJP』の最新作が初登場1位。
申し訳ないながら、いまだに私は一度も本編を観たことがないのですが、邦画が元気なことはそれはそれで嬉しいです。

上位は変われども、『劇場版呪術廻戦0』は引き続き2位。
興行収入は85億円を突破。そろそろリピーター施策として来場者特典第2弾とか来てもおかしくないのですが、その手は打たない感じでしょうか?

なんて言っていたら、ちょうど昨日、来場者特典の第2弾が発表。
乙骨くんのビジュアルボードが1月22日(土)より配布されるそうです。
さらに2月5日(土)からは第3弾、2月19日(土)からは第4弾が実施されることも予告されており、ロングラン上映を目指していくようです。
今月末あたりから都内の映画館のレイトショーもなくなりそうなので、少しでも客足を増やす作品として頑張ってほしいところです。

他アニメ映画では『ボス・ベイビーファミリー・ミッション』が順位を4つ落とし8位に残るのみ。アニメ映画好きとしては10作の中にアニメ映画が少ないのは寂しくも感じます。

以上、そんな感ジ。

先週のランキングは以下の通り。

今週末の新作アニメ映画はなし。翌週の『アダムスファミリー』『地球外少年少女』まで見逃し作品を追えるタイミングですが、そもそも映画館に行きづらい時勢が悩ましいいところ。そろそろ延期作品の登場も覚悟したほうがいいかも?

以下、購入者・購読者向けに、先日発表された日本アカデミー賞の優秀賞のアニメーション関連話を、最優秀賞発表に先駆けこちらでやります
これも広義の興行ということで。

_________________________

ここからはマガジン「読むと アニメ映画 知識が結構増えるラブレター」の購読者(月480円)、もしくは単品(198円)でこの記事をご購入いただいた方向けの内容です。

<マガジン購読メリット>
・無料で教えたくないようなディープなアニメ映画の世界を紹介
・購入月の記事は全て読み放題に!
・単品購入よりもお得!

マガジン購読で月20記事〜の更新が読み放題になります。
過去記事はアーカイブのマガジンを購入しても読むことができます。

_________________________

第45回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞一覧!

この続きをみるには

この続き: 3,020文字 / 画像6枚

【購入すると読める有料記事12本】 <秋〜冬のスタンディ特集> <『ファーザー・クリスマス』紹介> <『PUIPUIモルカーTOWN』イベントレポ> <年末年始興行振り返り> <レアアニメ『THE BONES』レビュー> <第45回日本アカデミー賞優秀賞特集> <視聴困難作『ボビーに首ったけ』レビュー> <パールスタジオ最新アニメ3作品速報> <2021年日本の年間興行収入振り返り> <アダムス・ファミリー2発表の裏側> <2022年のVOD展開まとめ> <魔神英雄伝ワタルに関するゴタゴタ>

読むとアニメ映画知識が結構増えるラブレターの2022年1月分まとめ。購読を希望しない人向けの買い切り用です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
めちゃ嬉しいです。感謝。
ネジムラ89 / アニメ映画ライター
アニメ映画ライターとして各種メディアで執筆中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。 缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーも務めています。お仕事のご依頼お気軽にどうぞ→連絡先:nejimura@gmail.com