見出し画像

Will Smith - “Big Willie Style” (1997)

ライター:かずきだよし

初投稿は人生で初めて買った4枚から1枚を。

「アラジン」のジーニー役で、ラッパーだったことを世間に再びアピールできたThe Fresh PrinceことWill Smithのソロ初作。
元相棒のDJ Jazzy Jeffとリハしてる動画が公開されたり再始動にも期待。

グラミー受賞暦もある彼のラッパーとしての特徴は、シンプルにラップが上手い。オールドスタイルも歌うフロウも器用。大ネタをまんま使う。NとかFを使わないこと。汚い言葉を使わないことでEminemにディスられてラッパーとしてのプロップスを失った感も。


完全に余談ですが、小学生の時に学級新聞のアンケートで「好きなアーティストは?」の問いにウィルスミスと答えました。
後日貼り出された新聞を見るとランキング外にフィフスミス(1票)と書かれてました。


2. Y'All Know
ひたすらセルフボースト。世界屈指のナルシズムがビンビン。

3. Gettin' Jiggy Wit It
Sister SledgeとThe Bar-Kays使いの全米1位獲得曲。アゲ。
ピッチフォーク様に90年代ワースト曲7選にチョイスされてしまう。解せぬ。

5. Chasing Forever
Stevie Wonder使い。
現愛妻Jadaへのあまーいラブソング。

8. Miami
The Whispers使い。マイアミを讃える、最後までテンションで乗り切る地域密着アゲ歌。

13. Just the Two of Us
数多のカバーが世に溢れるGrover Washington Jr.をフックまでまんま使い。
カーダシアン家よりもパワフルな現Smithファミリー誕生前、前妻との子供へ捧げる曲。
「時代の変化についていけるように頑張る。パソコンに入ったCDはどこ行くか知ったかぶる」って歌詞は現代ではもう出てこない。
名曲。

15. Big Willie Style
TLCの故Left Eye参加曲。
これがウィル様のスタイル。

16. Men In Black
Patrice Rushen使い、自身主演の同名映画主題歌。
ハリウッドで主演も主題歌も両方できる人(やらせてもらえる人)はほとんどいないからやっぱりスター。
歌詞は映画観てない人には意味不明の地球防衛歌。


90年代ヒップホップの1つの在り方を体現した過小評価な作品。
聴かず嫌いは損。ポップで毒気ゼロ。
今でもたまに聴いてます。ダサいかクールかは自己責任で。

#レビュー #Hiphop #WillSmith #BigWillieStyle

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
有志で集った数人のライターでレビューからコラムまで。ジャンルは分け隔てなく、フレッシュクラシック問わず。多すぎて流れがちなネタを少しでもキャッチしてもらうために更新。