画像

すぎやマガジンvol.6 資産形成の第一歩~目的設定の仕方~


先週は、Amazon時代の同期が住む、逗子に遊びに行ってきました。


・子供が多く、同世代のパパママ友と仲良くなりやすい

・小さいカフェやご飯屋さんがたくさんあり、そのお店起点にコミュニティが作られている

・海がとても近く、いつでもぼーっとしに行ける


などなど、とても好きなポイントが多い街でした。


家は基本的に賃貸派ですが、将来売れるとか損得関係なく、この街が好き!という所に家を持ちたいと思っているので、選択肢としてアリだと思いました。


ではvol.6です。


==================================



◾️先週末の各種レート(2020/02/10-02/16)


・ドル円レート:109.74円(前週比0.02%)
・日経平均:23,687.59円(前週比-0.59%)
・S&P500:3,380.16(前週比1.58%)
・日本10年国債利回り:-0.03% (前週0.01%)
・米国10年国債利回り:1.59% (前週比0.01%)

※参照:SMBC信託銀行ウィークリーマーケットリポート



◾️1週間気になったニュースや記事

①フリーランスが借りやすい住宅ローン

僕もそうですが、フリーランスの場合、過去数年分の確定申告を求められるなど、会社員の方よりも審査が厳しくなります。選択肢が広がるのはありがたいです。


◾️資産形成トピックス


前回は、年金保険料の推移の話をしました。


今回は目的設定のお話。


面談の中で、

・つみたてNISAってやった方がいいですか?

・確定拠出年金(イデコ)の運用先ってどうしたらいいですか?

・この保険商品ってどう思いますか?

・住宅ローンって、固定と変動どっちの方がいいですか?


などなど、個別具体の商品について、ご質問をよく頂きます。


ただ、個別の手段から比較すると、選択肢がありすぎて迷子になりがちです。


そうならないためにオススメしているのは、


●いつまでに
●何のために
●いくら

必要か?

の3つを設定することです。


以下4つ、人生の4大資金と言われます。


①結婚関連資金
男性だったら指輪のお金、
友達呼ぶのか家族だけなのか、国内でやるのか海外でやるのか、
新婚旅行はどうするのか。などなど。


②住宅資金
・住みたいエリア
・新築か中古か
諸経費と合わせて頭金をどのくらい用意しないといけないのか?フルローンでもいけるのか?

・一戸建てかマンションか
→それによって将来のリフォーム代、管理費などの月々の固定費が変わってきます



③教育資金
・幼稚園~大学まで。子供が選べる選択肢をどこまで用意するか。
・奨学金はありかなしか



④老後資金

・月々どのくらいのお金が必要か?
・リタイヤは何歳の想定か?
・介護状態になった時、家族のサポートは受けられるか?


上記に合わせて、常に持っておくと安心なのが、

⑤生活防衛資金

いわゆる『何か』あった時のためのお金。
『何か』をもう少し掘り下げると、
・転職活動
・病気やケガ
・親の介護
などなど。

半年~2年分の生活資金とお伝えしていますが、
自分の中で常にどのくらいあったら安心なのか?に合わせて設定。


結論としては、①~⑤すべて絡み合っているので、まるっと一度シミュレーションしてみることをオススメします。


こちら個人の方でも使えるシミュレーションソフトです。
無料のものでも、ざっくり見える化できるので、試してみてください。


ライフプランニングを考える上で、こちらの本が参考になります。

少し前の本ですが、考え方が整理されます。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

貴重なお時間を使って読んで頂き、ありがとうございます!こんな情報をまとめてほしいなど、ご意見・ご要望ございましたら、アドバイス頂けるとうれしいです。よろしくお願い致します!

僕の方がスキです!
10
ファイナンシャルプランナー。関わる人の情報格差による損を無くしたい。Amazon→プルデンシャル→ファイナンシャル・ジャパン。『お前がいてくれてよかった』を炸裂させるため、生え際を犠牲に日々精進。Twitterフォロワー2,000まで無料相談受付中。DMお気軽に!

こちらでもピックアップされています

すぎやマガジン
すぎやマガジン
  • 29本

LINE@にご登録頂いているお客様向けに、資産形成に役立つ情報を発信していきます。 ほぼ週刊です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。