第7回情報リテラシー論

今回は、多様な連絡手段について学びました。
一つ目は、メールです。メールは、気を配ることが多いです。例えば、ウェブ上にメールアドレスを貼りたいとき、個人情報が漏れないよう画像にしてリンク先をフォームにする必要があります。また、迷惑メール対策のために迷惑メール等の送信を拒否するという内容の表示をしておく必要があります。他にも、迷惑メールの配信停止をすると自身のメールアドレスの存在を知らしめることになるので、迷惑メールが来ても返信してはいけません。迷惑メール相談センターに情報提供するのがするとよいようです。他には、ウイルス感染の恐れがあるため、メールの添付ファイルを相手に送らないことも大切です。
二つ目は、ラインについてです。ラインは、通常スマホ1台で1つしかアカウントを持てませんが、お金を払えば、企業向けのアカウントを作ることが出来ます。一斉配信で、広告を送れるので、メールマガジンのような役割を担っています。他にも、中身を確認せず全てのメッセージに既読をつける機能が実装されたりしています。ラインで通話するときは、始める前に一言入れるのが、最近当たり前になっています。 お互い配慮しながら心地よく連絡手段を利用できる社会にするために、1人1人相手のことを考えてから、連絡を取ることが大切だと思いました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。