伊川がExcelで再現した競馬必勝法
見出し画像

伊川がExcelで再現した競馬必勝法

こんにちは。伊川です。
今回は、馬券本をExcelで再現した内容を紹介します。

今回は、4月25日 福島10R 瀬尾特別を題材にしています。

SOSシート


画像1

私の経験上、買目は増えますが、万馬券を的中させることができます。
荒れるレースがわからないと損をします。
荒れるレースの見極めは他の情報を参照するしかありません。
カンタンに言うと、一番人気を切り飛ばします。
3番人気~5番人気を軸に下位の馬に流します。
買目は25点~30点位になります。

SOSシートにおいての、伊川の研究

人気薄の馬って寂しがりやなんですね。

画像2

上の図なんですけど、単勝オッズの15.7~21倍に5頭が出走しています。

画像3

7番ー10番ー3番で決着しました。
このように、同一のゾーン(今回は、Fゾーン)に多数頭がいるときは要注意です。


阿部強の異常オッズ


画像4

異常オッズのパイオニアじゃないでしょうか?
20年くらい前にこのソフトを購入しました。
その取扱説明書を見て、Excelで作成しました。
カンタンにいうと、オッズが一番動いた馬を怪しいと言った感じです。


異常オッズにおける伊川の研究

画像5

青⇒単勝の動き
赤⇒複勝の動き

単勝と複勝の動きをグラフにしました。
阿部さんは、複勝までは計算しません。
複勝をグラフにしたのは、伊川のオリジナルです。
あまりにも、派手な動きをする馬はなぜか着外です。
この例ですと、13番です。
注目すべきは、3番の馬です。

単勝より、複勝のほうが動いています。
しかも、単勝がさりげなく、動いています。
これは、馬が3着以内に入る数値を統計しておけばいいわけです。


相馬一誠のオッズオン方式

画像6

これも20年くらい前の本です。
相馬一誠さんは、よくインチキだとネットで批判されていました。
しかし、相馬一誠さんのスゴイところは、20年前の時点で、馬連オッズに着目したことです。
しかし、メジャーにならなかったのは、競馬新聞を5つ買わなけれななりいません。
しかも計算が非常に大変なのです。
計算なら、Excelの出番です。

彼の理論の中に、オッズアイという理論があります。

1999年10月31日 秋の天皇賞
スペシャルウィークとステイゴールドを一点で的中させたことで注目されたと思います。

オッズアイにおける伊川の研究

画像7

赤いところが異常オッズなのです。

画像8

3番、7番にしっかり赤いマークがついています。

画像9

最近は、縦列を軸、横列をヒモにすると的中率が上がるような気がします。まだ、研究中です。

枠連の研究

画像10

枠連の研究もしています。

真光寺さんは、枠連の研究をしていた人です。
全レース的中させたこともある人です。

的中馬券は、基準オッズよりも売れているという理論です。

つまり、3万くらいのレースで、枠連の1番人気のレースの平均を抽出しいます。
その1番人気の基準オッズが3倍だとしたら、的中馬券は、3倍以下になっているというものです。

画像11

宝城さんの黄金の方程式は、競馬ブックのレイティング指数をもとに枠連で馬券を購入します。
今、伊川は、コンピ指数と、黄金の方程式、枠連オッズの時差をミックスしようと考えてます。

直結式

画像12

この本はマジで使えます。詳しくは、動画をみてください。



菊花賞も的中できました。

競馬のデータべース


画像13

このようにすべてデータはACCESSに格納しています。

データベースの販売もしています。

終わりに

みなさんの競馬ソフトの開発を承りす。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
よろしければシェアお願いします
数字は、ウソをつきません。現代では、データベースの知識は、必須です。データベースと、Excelが連携したら、最強のコンビとなります。その最強コンビのレクチャーをしています。実務で利用できる必須の知識、また、データを統計を利用して、競馬をギャンブルではなく、投資に変えています。