見出し画像

安心を届ける仕組みづくり

持続的な介護の実現に向け、介護施設に足を運び続ける医師こと、ドクターメイトの青柳です。

介護、というのは「介助」と「看護」を合わせた、新しい造語だというのをご存知でしょうか?
平均寿命が伸びたことで生まれた概念、とも言えますね。

日本では高齢化と同時に国の医療費も増加したため、国は病院に対し、患者を早期に退院させるよう求めるようになりました。厚生労働省の調査によると、これにより65歳以上の平均入院日数は、30年間で半分以下になったそうです。

今までなら入院して治療を続けていたような高齢者患者たちが、介護の現場に押し寄せた。それで、どんどん「介護施設の病院化」が進んでいるんです。

そんな背景もあり、持病を持つことも多い高齢者たちを支える介護施設において、医療的な知識の重要度が年々高まっているのを実感しています。

しかし、現実として医療と介護の距離は近いとは言えません。
だからこそ、それを変えたい!
今日はそんな話をします。


現場で何が起きているのか?

僕は勤務医時代、皮膚科医として多くの高齢者を診てきました。

当時、介護施設から来る患者さんというと、すごく軽症、またはすぐ入院になるほどの重症で来院することが多く、「なぜこんな極端な状態で来院するのだろう?」と疑問に思っていました。

軽症で病院に連れて来るのは介護スタッフさんにとっても負担が大きいだろうし、重症で入院になるのも望んでいないはずなのに。。

どうしてこんなことが起きるのかといろいろ調べていくと、原因のひとつは「医療にアクセスする難しさ」だとわかりました。医療サポートをより必要とする施設利用者が増えているのに対して、介護施設内での医療体制は十分に整っていなかったんです。

介護施設の嘱託医は週に一度、半日ほどの訪問が中心で、発症時に緊急で相談できる体制はありません。さらに医師の専門領域外の症状だった場合、対応が難しいこともあります。

それをカバーするのは施設の看護師の役割になっています。何か起きた時にすぐ医療的な判断をしてくれる心強い存在ですが、いざという時が訪れるのは日中の勤務時間帯だけではありません。フォローのための夜間待機を求められることも多く、介護施設看護師の71%が負担に感じているといい、離職理由にもなっています。

介護スタッフにとっても、夜中に寝ている看護師を起こすのは気が引けてしまうし、かといってインターネットで調べたような信憑性の薄い医療知識を現場で使っていいのか、、?

こんな困った環境が、軽症での通院や症状の悪化、救急搬送の発生などを招いていたんだ、とわかりました。

医療知識を「アクセスするもの」から「すぐそばにあるもの」へ

だとすると、いつでも気軽に相談できる医療従事者や、信憑性のあるデータがすぐそばにあればいい。困った時にすぐに使えるよう、医療知識が身近なものになればいい。
そう思って立ち上げた事業が、医療相談とオンコール代行、そしてe-ラーニングシステムです。

日中医療相談ではオンラインで医師とつながることができ、内科や皮膚科を含む全26科に対応。「専門外だからわからない」ということにはなりませんし、スクリーニングの実施によって通院の負担も軽減されます。

オンコール代行では施設看護師の代わりに専門のオンコールナースたちが、施設の方から電話が来るのを待っています。オンコールナースたちは蓄積された40,000件以上の豊富なオンコール事例を元に適切に判断を行うほか、レポートをお出ししての知見の言語化と共有を進めています。

導入先の施設の方からは、残業代が半減した、ストレスが軽減された、離職が減った、求人や通院に労力を割いていたが余力ができて収益が増えた、といった多くの嬉しい報告があり、いい循環を産んでいるなと感じます。

上記の医療相談データを基に作成した介護・医療動画コンテンツを視聴できるe-ラーニングシステムでは、施設内で体系的かつ実践的な介護・医療知識を習得することができます。これによって仕組みでスキル向上を促すことができ、職員のキャリアアップや現場の安心安全に繋がります。

こんなふうに、これからももっと医療を身近な存在にしていきたいと思っています。
医療がすぐそばにあるものになれば、介護施設の医療への不安はなくなっていくと思うんです。

手紙がメールになって、すぐ届くようになったような。
図書館がブラウザになって、家にいながらいろいろな情報にアクセスできるようになったような。
そんな身軽さで、医療もデジタルツールにしていきたい。

いつでも医療がすぐそばにある世界へ。
そうしてもたらされた安心で、多くの人を笑顔にしたいと思って、僕たちは日々頑張っています。

この記事が参加している募集

#仕事について話そう

110,895件

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?