見出し画像

痛くない、恥ずかしくない乳がん検診も選べる時代に

ドゥイブス・サーチ」という乳がん検診がある。

以前、取材をさせてもらった。

一般的に乳がん検診というと、行うのはマンモグラフィや超音波検査(エコー)といった検査だ。マンモグラフィは乳房を透明な板で挟み、薄ーく圧迫した状態でレントゲンを撮って、がんの有無を調べる検査。超音波検査(エコー)は乳房に超音波を当てて、がんやしこりの有無を調べる。乳がんの検診として有用な検査方法だ。乳がんの罹患率が多くなる40代以上の女性は定期的にこれらの検査を受けることが推奨されていて、私も数年前から毎年受けている。

…と言うものの、マンモグラフィは痛いし、どちらの検査も受ける際は乳房をはだける必要があるので、実際まぁまぁ恥ずかしい。私は曲がりなりにも医療ライターと名乗っていることもあり、「恥ずかしがるのが恥ずかしい」という謎の思い込みのもと、極めて平常を装って検査を受けているが、決して抵抗がないわけではない。痛みや胸をはだける恥ずかしさが嫌で乳がん検診を受けたくないという人の気持ちはわかる。

そうした人のために開発されたのが、冒頭のドゥイブス・サーチだ。

ドゥイブス・サーチはMRI(磁気共鳴画像法)を乳がん検診に応用した検査方法。MRIというのは、トンネルみたいな外観の医療機器だ。医療ドラマなんかで見かけたことのある人もいると思う。

画像1

ドゥイブス・サーチはこの機械を使って乳がんの検査をする。検査方法は、うつ伏せになってMRIの機械に入るだけ。検査着やTシャツは着たままでOKだ。痛みも、胸をさらけ出す必要もない。従来の検査に加えて今、こうした新しい乳がん検査も選べるようになってきている。

乳がん検診については、このほかにも新しい方法がいくつか開発されている。例えば、X線の代わりにマイクロ波を使ったマンモグラフィ機械に乳房を入れるだけで超音波検査ができる機械など。どちらも乳がんの早期発見や日本人に多いとされる高濃度乳房(デンブレスト:乳腺に脂肪が少なく、マンモグラフィで乳房全体が白っぽく映ってしまうタイプの乳房。そのため、同じく白っぽく映る、がんなどの病変が隠れてしまうこともある)にも優れた検査結果を示すとされており、実現に向けて動いている。

どの方法にも一長一短があり、それを語り出すと長くなってしまうので、また別の機会にするが、個人的にはこのように「自分の要望に応じて受ける医療を選べる」というのが大切だと思っている(と言いつつ、その「治療法が選べる」というのが、がん治療においては問題になってもいるので難しい問題でもあるが)。

ひとまず「乳がんの検査もいろいろ変わってきているんだな」ということを知ってもらうのがこの記事を書いた目的なので、それが誰かに伝わることを願っている。雑な締め方で申し訳ない。

※本記事は純粋な私のコラムであり、内容についてはなんの利益誘導もありません

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは次世代へのヘルスケア啓蒙活動に使わせていただきます。

マンモスうれP!
1
医療、とくに不妊、妊娠、出産など女性の健康にまつわることを伝えるライターをしつつ、「どうやったら来世で“金持ちの家で飼われている猫”に生まれ変われるか」を考えながら日々生きています。左投げ左打ち。Twitterはやってません。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。