clusterをやったら友達が増えた話

cluster Advent Calendar 2019 23日目 残りの唯一の一般人なんで屋です。

なんかclusterの大御所がラスト2日飾る前座のこの日は、cluster社員ぐらいしか入らないだろうなーと思ってこの日を選びました。(天邪鬼)


なんもやってない人が何となくテキトーに書く箸休め的な内容が途中にあるのもいいかなって思い、よくわからん一般人が最後の変なところに参加していた方がほかの人も書きやすいのかなとか、自分では全く知る由もないことを考えて、ネタ的にこの日を選んだ次第です。

なんで屋って?【自己紹介】


前置きはこのぐらいにして自己紹介から

なんで屋と申します。clusterで何かスタッフやったとか、何かclusterに関わりあるとか、何か技術を持っていて表現しているということは特になく本当に単なるclusterのイベントの参加者です。

ほかのひきこもり衆と同様にツイッターとかclusterとかVRChatとかで生きています。

①なんで屋クラスターのすがた

画像2

②なんで屋VRChatのすがた

画像2


clusterに来たきっかけ

2019.04.05にあったゆるくら会 #16 新学期スタート!水菜先生と出張授業!に参加したのがきっかけです。

画像3

元々VRChatに入っていたのですが、VRChatはChatの名の通り、自分から談笑しにいかないと仲間に入りづらく2か月たって友達0人!!VR機器購入したけど思ってたのと違うなぁと思っていました。

そんなある日、②のゴーストクロエちゃんの生みの親の春日部つくしさんが作成したモデルを使用している水菜ちゃんがclusterに来るとのことで、水菜ちゃんってどんな方か気になって見に行ったのがきっかけです。(ミーハーで参加しましたが予想通り超かわいかった。

なので、くらすたーちゃんを知っていてとか、clusterにすごく興味があってとかではなく、なんとなくアバターが使える別のプラットフォームがあるんだな...推しのつくしさんの関係の方が来るから行ってみるか…タダだし...VRChatみたいにしんどかったら帰ろう......程度でした。


じゃあ何があって友達ができたのか…

clusterで友達が出来たきっかけ

clusterで友達を作ろうと思い至った問題の写真

画像4

ゆるくら会の服装チェックの場面です。

左の服装をチェックされてる子るーしっどさんの恰好が、その前の年の12月にVRであった天神子兎音様のクリスマスイベントの時の衣装でVRではこういう推しの服を似せて作るという表現もあるのか!!!めっちゃ可愛い!!と、すごく心が動きました。

イベントの中でもケイドロの門番をやったり

画像5

と大活躍で、この人と仲良くなると絶対楽しくなる!と思ってツイッターでアプローチをかけたのがきっかけでした。

即日アプローチをかける手の速さ。めっちゃ緊張したのを覚えてます。

画像6

画像7

なんか今とキャラ違うなんで屋くんがいますねぇ…

結局この後コミュ障を発揮したので、すぐにみんなと仲良くなったわけではなくいろいろあって今に至るわけですが、少々今までのお写真を


画像8

画像13

画像9

画像10

画像11

画像12

VRChatの写真ばっかりやんけ!集合写真はしゃーない(言い訳)

あの時のるーしっどさんへのアプローチがきっかけでたくさんの人とお友達になることができました。あの時の自分ありがとう!るーしっどさんありがとう!みんないつもありがとう。


まとめ

個人的にはclusterは観劇みたいなものだと感じています。

会場に入れば自らが率先して参加しなくてもエンターテインメントが供給され、エモートによってその場でしか味わえない生ものが感じられるのがすごく良いです。

観劇してる際の笑いや拍手などに近い気がします。それ以上に大きく足並みがずれることなく感情を表現できるかつ、出る杭にならないけど、参加していると思える環境がすごく優秀だと感じます。

同じ空間を体験したからこそ、そのことについてしゃべりたくなったり、その時の雰囲気がいいからこそ仲良くなれるんじゃないかなと思う所感でした。clusterは友達を作る最高の場だった!?


自分をそこまで出さなくてもVRをやりたい人はきっと面白いんじゃないかな...穏やかな人が多いゆえに連鎖的にひきこもり衆育成されていくなぁと思う所存。

これからもひきこもりを加速していこー


明日はクリスマスイブ cluster Advent Calendar 2019 24日目 スワンマン∞です。

何も思いつかなかったらポエム前編を読み直す とのことですが、何か思いついたのでしょうか…こうご期待!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

32

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。