見出し画像

TOPICA PICTUS とぴかぴくたす

岡﨑乾二郎の最新作品集

2020年の特異な春に描き続けた138作品
色彩極まる絵画の全てを納めた豪華本


2020年の2月の終わりから、アトリエに籠り、いままでになく集中し作品を仕上げることができた。どこにも行くことができないという条件は、かえって絵を通してどこにでも行けるという確信を強めてくれた。
(著者前文より)

国内外のギャラリーで展示され四散する作品をこの一冊に留めました。

A4サイズ 124頁 上製 布張 表紙箔押し
作品収録数138点 本文オールカラー
著者による前文を収録。

著者:岡﨑乾二郎
寄稿:ぱくきょんみ 中村麗
装丁:森大志郎
価格:4000円+税
発行:2020年10月下旬
刊行:urizen  ナナロク社
ISBN:978-4-904292-96-9 C0071

岡﨑乾二郎(おかざき・けんじろう)
1955年東京生まれ。造形作家、絵画、彫刻、映像、建築など、ジャンルを超えて作品を創造すると共に美術批評を中心に執筆を続けてきた。1982 年のパリ・ビエンナーレに招聘されて以来、数多くの国際展に出品。2002 年にはセゾン現代美術館にて大規模な個展を開催。主な書籍に『ルネサンス 経験の条件 』( 文春学藝ライブラリー)、『抽象の力』(亜紀書房)、近著に『岡﨑乾二郎 視覚のカイソウ』(小社)。

展示情報

● 豊田市美術館 特集展示「岡﨑乾二郎 TOPICA PICTUS こざかほんまち」
会期:2020年10月17日(土)-12月13日(日)
開廊:10:00-17:30(入場は17:00まで)
休廊:月曜 ※ただし11月23日[月・祝]は開館
愛知県豊田市小坂本町8-5-1

● 東京国立近代美術館 「TOPICA PICTUS たけばし」
前期:11月3日(火)-12月20日(日) 後期:12月22日(火)-2月23日(火)
*前期と後期で、展示替えがあります。
開廊:10:00-17:00、金・土10:00-20:00(入館は閉館の30分前まで)
休廊:月曜 ※ただし2020年11月23日、2021年1月11日は開館/ 11月24日(火)/ 12月28日(月) ー 2021年1月1日(金・祝) / 2021年1月12日(火)
東京都千代田区北の丸公園3-1

● Takuro Someya Contemporary Art 「TOPICA PICTUS てんのうず」
会期:2020年10月31日(土) ー 12月12日(土)
開廊:火・水・木・土 11:00-18:00 / 金 11:00-20:00
休廊:日・月・祝日
東京都品川区東品川1-33-10 TERRADA Art Complex 3F TSCA

● 南天子画廊 「TOPICA PICTUS きょうばし」
会期:2020年11月6日(金) ー 12月12日(土)
開廊:11:00-18:00
休廊:日・祝日
東京都中央区京橋3-6-5 

本を開く

本書を開くようにどうぞご覧ください。画像でもきれいですが、実際の書籍の印刷の再現度は、これ以上ないほどに美しいです。

TOPICA PICTUS_本文01

TOPICA PICTUS_本文03

TOPICA PICTUS_本文06

TOPICA PICTUS_本文08

TOPICA PICTUS_本文10

TOPICA PICTUS_本文14

TOPICA PICTUS_本文15

TOPICA PICTUS_本文17

TOPICA PICTUS_本文18


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
出版社ナナロク社です。書籍やイベントのお知らせ、読み物をお届けします。でも、しばらくは会社からのお知らせもこちらで。noteっぽくない使い方ですみません。