見出し画像

野党のお花見狂想曲の顛末やいかにww

「モリカケ」の次は「桜を見る会」
安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか


 首相主催で毎年春に開かれる「桜を見る会」について、野党が批判を強めている。第2次安倍内閣発足後、同会への支出額は2倍近く、参加者数は1・3倍まで増えた。野党は安倍晋三首相の後援会関係者が会に多数参加したと指摘し「公費を私物化した」と問題視している。
●「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ
●石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時
●「税金の私物化では」と批判あふれる「桜を見る会」 意外な「証拠」
●桜を見る会「後援会優遇」指摘 各界功労者を招待 首相「関与していない」
●「桜を見る会」首相の地元後援会関係者招待に「重複、当然ある」
「10メートル歩けば山口の人に会う」
 野党4党は11日、追及チームの設置を決めた。12日に国会内で初会合を開く。共産党の小池晃書記局長は11日の記者会見で「首相本人に関わる極めて重要な事案だ」と語った。
 この問題は8日の参院予算委員会で、共産党の田村智子氏が取り上げて批判が強まった。首相らの後援会関係者が多数参加していたことを挙げ、不透明な招待者の推薦基準をただした。田村氏は質問で関係者のブログなどを引用。2014年に首相の地元の山口県議が後援会の女性らと出席。18年にも別の県議が会に出席し、参加者から「10メートル歩けば山口県の人に出会う」と伝えられたとの記述を紹介した。
前夜祭に850人、本番に1万8200人、5518万円 【要約 終】

急に「桜を見る会」が登場したので「何だろう」と思えば、「(野党4党は山口にいる)安倍晋三首相の後援会関係者が会に多数参加したと指摘し『公費を私物化した』と問題視している」そうです。同会への税金の支出も増大している点も問題視しているそうです。
確かに「そう言われれば、そんな気もします」
ですから、野党が指摘で来年の「桜を見る会」の支出が減れば、私は「これは、野党の働きだな」と評価します。
即ち、ここでやめとけば野党の得点です。
しかし、野党の皆さんは「普通の日本人の感覚を、理解しない」所がありますので、また「モリカケ」同様に突っ込んで「普通の日本人」をウンザリさせて、「得点をマイナス評価に戻してしまう」ような気がします。
事実、野党4党は「桜を見る会疑惑」を作り出したいようで13日(野党同士の)「朝日新聞デジタル」も後追いで「桜を見る会ツアー、首相事務所から案内 地元有権者語る」という記事を、ネットにアップしておりました。ホント不思議な人たちです。野党の人達は本気で「桜を見る会疑惑」を国会で問題にするのでしょうか?

納税者である私は「頼むからやめてくれ」と言いたいです。
その理由を 以下に記します。
野党が国会で質問をする目的は、
「自分達の国政・法案に対する《「これはおかしいのではないか」という感想》を、国会で質問する事により国民から共感を呼び起こして、自分達の《感想》を正しい事にする」それによって、国政・法案に対して影響力を行使する事です。ですから「《桜を見る会》に『5518万円も使うのはおかしいのでは…』と質問するのは、野党の仕事である」と言えます。
しかし、開催に1日1憶円以上かかる国会で何日も何十日も論議されると、5518万円節約するために何億円も何十億円も浪費されてしまうのです。
つまり 納税者の目で「どっちが得か。どっちがより迷惑か」と考えれば「野党だけはやめてくれ」になるのです。

最も、野党4党の皆さんは、「憲法改正論議を させない」という目的の為に「何でもいいから、国会を止める騒ぎを起こしたい」のかもしれません。しかし それで国民から「自民党の方が、まだましだ」と評価されても良いのでしょうか?野党の皆さんは、「もっと戦略的に戦法をお考えになった方が…」と(よけいなお世話ですが)ご提案申し上げます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
1963年千葉県生まれ。法政大学でマルクス主義を学んでいた時中国の文化大革命の告発本を読んで世の中には言っていることとやっていることが違う人が多いと知る。産経より2018年『「十七条の憲法」で紐解く日本文明論 多元相対論から日本を考える』を出版。保守系ブログ+漫画を書いていきます
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。