見出し画像

大嘗祭、天皇陛下は休む時間ほとんどなし 参列者も過酷

11月14日、天皇陛下即位の関連行事のクライマックス「大嘗祭」が挙行される。

神道史研究者の大東敬明さんが話す。「大嘗祭の意義は天皇が即位後初めて、皇祖である天照大神に新穀を供え、五穀豊穣と国家の安寧を祈ることにあります…」
民族研究家の森田勇造さんが話す。「大嘗祭は、飛鳥時代の673年に即位した天武天皇の時代から始まったとされます。…」
宮中祭祀の研究が専門の木村大樹さんが話す「大嘗祭は応仁の乱に始まる戦国時代以降、200年以上中断した時期があり、それ以前の大嘗祭とは様相が異なる部分があります。
…」
皇室研究者の高森明勅さんが話す。
「(大嘗宮で行う儀式は)潔斎や着替えで時間がかかるうえ、儀式は明け方まで続きます。この日は陛下に休む時間はほとんどありません」(高森さん)
 儀式を待つ参列者も“過酷”だ。
「前回の平成の時は、『幄舎』に700人ほど参列者が集まりましたが、夜中の寒さもあって残っていたのは500人ほどだったそうです」(高森さん)神聖な儀式であるがゆえに、これだけの大仕事になるのだ。【要約 終わり】

とにかく長く続く重要な儀式だけに 色々な人が色々な意見を言っていますが 儀式の内容は「秘中の秘=誰も知るものがない ということは、ようは真摯に祈ることが大事」ということなのかなと思いました。
ただ「この日は陛下に休む時間はほとんどありません」とは知りませんでした。天皇陛下は大層真面目な方なので、ご無理をなさってしまわれるのではないかと心配です。くれぐれも 御身お大切になさってください。お願い申し上げます。

私は 平成の御代替わりに関して
なぜか 即位礼正殿の儀やパレートは記憶にありますが
昭和天皇陛下崩御後の三種の神器の承継「剣璽等承継の儀」や「大嘗祭」や「テロ事件」の記憶が ありません
上皇陛下の「大嘗祭」の画像も初めて見たような…
だからなのか 
不思議な程 今夜の「大嘗祭」に厳粛さを感じます
年をとると色々と 感じることも変わってくるようです 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
1963年千葉県生まれ。法政大学でマルクス主義を学んでいた時中国の文化大革命の告発本を読んで世の中には言っていることとやっていることが違う人が多いと知る。産経より2018年『「十七条の憲法」で紐解く日本文明論 多元相対論から日本を考える』を出版。保守系ブログ+漫画を書いていきます
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。