見出し画像

アニメ感想 第一話 光に守られる国

ゼロクロニクルはゲームのお話から始まりましたが、
今回、アニメや小説と〜〜様々なメディアで展開され、いちファンとしてはおぉ〜〜となりました。

自分の好きな作品のコンテンツが、このように色んな形にこねくり回されて見れるようになる……。

このような経験は初めてでしたので、それぞれのメディアの違い、というものに触れて楽しむことができましたね。

アニメはやっぱり、動いて、喋る姿が見れるのがいいよなぁ……と月並みですが、そのような感想を抱きました。
うん〜〜単純にもう、白猫のアニメってだけで胸が熱くなりました。嬉しいわ。


で、内容の方に少しだけツッコんでいくと〜〜。

ゲームや小説では、何日間もかけてじっくりやってくれた、主人公とスキアーズさんのやり取りも、
アニメでは、本当にたった数分の出来事に……。

本音を言うと、
ここのシーンはじっくりやって欲しかったわね。

これは、1話で光の王を出したかったんじゃないかなと思う。
ちょっと色目が出たのかな……可愛い女の子が活躍するのは大事だけど。

お話に使える尺の制約は多分、
アニメが一番きついだろうから、こういうのもメディアの違いによるものなんだろう。


ただし、キャラの言い回し〜。

これ、アニメ用に再構築しないで、
ゲームのそのまんまだから、声で聴いてるだけだと、すごく分かりづらいだろうな〜と思った……。

たとえば、均衡だとか、膨張しているだとか……。
この言葉は普段、お話しするときに声に出して使うような日本語ではないはず。

ファンとしては、大好きフィルターを通して見てるから、内容は分かるけどね。

画像1

▲ 文句が多くなっちゃったけど、このポエムは好きだから、そこはきっちりと映像化してくれたのはgood!!

画像2

▲ こういった剣の携(たずさ)え方って、建物とか地形に引っかかりそうだなって……。

ところで、dアニメって普通に映像のスクショ撮れるんだね。ええんか……🤣

画像5

▲ ゲームでは目もくれないような存在のモンスターもアニメだと魅力マシマシ。可愛い。

画像3

▲ ゲームでは表現されていなかった、アイリスの白の巫女のときの姿もバッチリ表現。

画像4

▲ 全身が映っているシーンが、中々なかったからこれで。ゲームではお馴染み。ヒーロータイプのアイリスだ。

画像6

▲ OP映像のばるんばるんに笑ってしまった。カッコイイ曲とのギャップに毎回笑うだろう。

画像7

▲ ED映像はオシャレ感ある……。
ホントにすんごい昔の白猫には、こんな雰囲気は微塵もなかったな〜〜と思うとなんだか感慨深い。

ED映像はアイリスからアプローチを仕掛けてるってのも良いよね。

ゲームでも、アイリスの心情ってほとんど描かれないんだ。どうやら、彼女はミステリアスな女であるべきだって感じらしく。

画像8

WEの未来アイリスのラストの台詞がクッソ尊いのもあれだろうね……。いつもさ、愛してるってラブコールは主人公の方ばかりだったから……アイリスの素直な気持ちが……もうね……。

脱線してしまいましたが、アニメ、ファンサービスとしては良かったのです。
これならば心おきなく、白猫税払って円盤買って限定衣装貰おう!って思える。

サクッと30分くらいを目安に記事を書こうと思いましたが……ちょっと熱を込めてしまって1時間ぐらいになってしまいました〜。

実は2話も先行で見ちゃってるので、良かったとこ、悪かったとこも知っていますが、次回も座して楽しみたいですね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。ありがとナメクジ より
6
エルフの知恵、授けます。