スクリーンショット_2019-10-10_18

FCNAKAIから考察する、今のFリーグに必要なのは「強いこと」?

ここについて僕なりの意見を。

僕の知人に中井健介というFリーガーの選手がいまして、
彼がFC NAKAIという日本一のフットサルチームを目指すチームを立ち上げました。

僕としてはシンプルに応援!

その一択なのですが、
いくつか否定的な意見も散見されるようで、
僕なりの意見をまとめてみます。

今のFリーグに必要なのは、「強いこと」なのか?

中井さんの立ち上げたFCNAKAIは
ここ数年Fリーグが注力して行ってきた施策への再考の良いきっかけになるんじゃないかと思っているのですが、要は「強ければ、集客に繋がる」というよくスポーツ業界で言われる仮説です。

Fリーグはここ数年
「強いこと=集客に繋がる」をモットーに施策を実施してきました。

そこに対する結果は以下の通りです。
みてわかる通り、着実に観客数は減ってきています。

ここ2年間は1,000人を切ってしまいました。
(高野さんのnoteから画像は引用しています)

つまり、
「強くなること」にFリーグとしては注力してきたわけですし、
実際にFリーグのレベルは世界的に見ても非常に高いものがあります。
(誤解なきようにいうと、「チームが強くなる」というのも集客を強化するという要素のうちのあくまで1つでしかない

実際に、名古屋オーシャンズというチームは、
世界的に見ても最強
です。

https://f-sal.com/watch/11959/

その一方で、前述の通り、観客数は減り続けています。
これがまず事実です。

一方、FCNAKAIはフットサルに興味ない人を惹きつけている

その一方で、
FCNAKAIは「フットサルに興味ない人を、フットサルに巻き込んでいる」

これもまた事実です。

事実と、事実を比較しないと、
空中戦になる
のでまず事実を押さえるのが重要かなと思います。

僕にも何人か、
「FCNAKAIはバラエティーだからスポーツじゃない」というご意見をいただいたのですが、どちらが価値があるか?と言われた時に、前述の事実と事実を比べた時に、僕はFCNAKAIの方が可能性を感じるわけです。

スポーツの価値は人が”求める人の数”

これは武井壮さんの話の中で出てくる言葉なのですが、
これは本当にそうだと思ってます。

つまり、
基本的には求める人の数が多い方が正解だと思うわけです。

その意味で、FCNAKAIはすごく価値があると思います。

なぜなら、上手い下手は抜きにして、彼らの挑戦するというストーリー自体が、多くの観客を惹きつけ、結果としてフットサル、Fリーグへの関心に繋がっている。

Fリーグ側も、リソースがない。忙しい。

そういう事情はもちろんあると思いますが、そう言ってても現状は変わらないので、何かしらアクションして欲しいなと思います。
僕にできることなら本当に手伝うので、声かけてください。

Fリーグが少しでも、そしてその結果としてフットサルというスポーツがより豊かで、より良い環境に繋がると嬉しいなと思っています。
そして、僕自身もまだ公表はできないものの、その環境実現に向けて、動いてますのでまたおって公表させてください。

FCNAKAIには引き続き、頂き目指して頑張って欲しいですね!
中井さん、選手の皆さん頑張れ!

Fの頂Twitter

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

スポーツビジネスを一歩でも前に進められるように頑張ります! サポートいただいたお金は僕の仕事のカフェ代にさせていただきます!

ありがとうございます!嬉しいです!
29
「スポーツを心躍る産業に。」サッカードットコム株式会社でスポーツ予約管理SaaS FutPark( http://futpark.me )の事業責任者。前職は新卒からリクルート。川越をホームとしてJリーグを目指す「COEDO KAWAGOE F.C」経営に挑戦中。

こちらでもピックアップされています

#スポーツ 記事まとめ
#スポーツ 記事まとめ
  • 4252本

noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。

コメント (1)
強い、強くないの問題以前に、FC nakaiならびに、Fの頂のスポンサー筋が不明なのが気になります。中井さんのTwitterを見る限り、情報商材業者との関係が深いようですね。

Fの頂の編集の佐藤和貴さんが、『3日で動画をお金に変える講座』という長倉顕太という方の情報商材販売サイトの、実績のコーナーに登場しています。
https://megalodon.jp/2019-0623-0118-26/https://note.mu:443/factoryllc/n/n1f108546ebed

そして、毎週、Fの頂を、自分の5万人のTwitterフォロワーに宣伝している小玉歩さnという情報商材業者として有名な方います。この人はベストセラー本を書いていますが、そのプロデュースをしたのが、上の動画講座の販売者の長倉顕太さんです。で、長倉顕太さんは、今年、元K-1チャンピオンとコラボして情報商材を販売。

中井さんは元K-1チャンピオンとは違い、若い人を率いてスポーツチームを運営しているわけですから、この辺りの人脈について、説明したほうが良いように思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。