『超一流になるのは才能か努力か』
見出し画像

『超一流になるのは才能か努力か』

中尾マネジメント研究所

この記事では、「People Empowerment/人のやりたいことを見つける」というテーマに関心のある方にオススメの書籍をご紹介します。

『超一流になるのは才能か努力か』は、一緒にTTPS勉強会をやっているSさんから勧められた本です。とても参考になり勇気が出ました。

勉強、仕事、子育てすべてに応用可能の鉄則が学べます

10の鉄則とは
1:自分の能力を少しだけ超える負荷をかけ続ける
2:これで十分の範囲にとどまっていると、一度身に着けたスキルは落ちていく
3:グループではなく、一人で没頭する時間を確保する
4:自分の弱点を特定し、それを克服するための課題を徹底的に繰り返す
5:練習を楽しいと感じていては、トッププレイヤーにはなれない
6:これ以上集中できないと思った時点で練習や勉強はうちきる
7:上達が頭打ちになったときは、取組むメニューを少しだけ変えてみる
8:即座にフィードバックを得ることで、学習の速度は劇的に上がる
9:オンの時間とオフの時間をはっきり分け、一日のスケジュールを組む
10:どんな能力も生まれつきの才能ではなく、学習の質と量で決まる

10が嬉しいですよね。
1,2は思い当たることがたくさんあります。
独立してインプットの時間を多くしているのは、これがあります。
3、いわゆるゾーンに入る時や内省などが重要ですね。
4、TTP(徹底的にぱくる)です。
5、これは反省です。楽しく感じています。
6、これは嬉しいです
7、工夫してみます。
8、確かにって感じです。鉄は熱いうちに打て。ですね。
9、メリハリ大事ですね。

これについてたくさんの事例、実験結果で説明してくれます。
ジャンルも仕事、学問、音楽、教育、スポーツと多岐に渡ります。


つまり、正しく努力し続ければ、超一流になれるのです。


勇気が出ますね。
ただし、単に長期間ではだめです。
負荷をかけ続けないといけないのです。
TTPSは意味がありそうです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
中尾マネジメント研究所
株式会社中尾マネジメント研究所代表取締役社長。リクルート住まいカンパニー執行役員(事業開発担当)、リクルートテクノロジーズ社長、リクルートワークス研究所副所長などを経て、現職。株式会社「旅工房」社外取締役、株式会社「LIFULL」社外取締役も兼任。