『かかわると面倒くさい人』
見出し画像

『かかわると面倒くさい人』

中尾マネジメント研究所

この記事では、「ひとづくり、じぶんづくり」というテーマに関心のある方におススメの書籍をご紹介します。


日経新聞で紹介があったので手に取りました。

・「かかわると面倒くさい人」を10タイプに分類しています。


1 思い込みが激しく、小さなことで大騒ぎする。:過敏で傷つきやすい
2 他人の成功や好意を素直に受け止められない:強烈な比較意識を持つ
3 空気が読めず、場を凍らせる発言をする:自己中心的で相手の心に関心がない
4 不必要な言い訳「すみません」が多い:自己防衛意識が異常に強い
5 独りよがりの正義感を振りかざす:劣等感を隠し持つヒーロー
6 どうでもいい手続きにこだわり、融通が利かない:自分の判断力に自信がない
7 持ち上げられないとすねる:自信がなく、甘えが強い
8 遠慮深く振舞うが、内心、忖度を期待している:謙虚な自分を売り物にする
9 話が長くて、何が言いたいのかわからない:取捨選択ができない
10 肩書にしがみつき、定年後になお嫌われる:過去の肩書だけが自分の支え


・面倒な人と思われないために


上記を人ごとと思いがちですが、私たちも当てはまることがあります。
立場や能力によって「面倒くさい人は」異なります。
頭の中の「〇〇すべき」を書き換えると良いのです。
言うのは簡単ですが、実行するのは難しいよねー
ってのが再確認できる本です。


#NAKAOSBOOKREVIEW
#NAKAOBOOKREVIEW
#面倒くさい
#あの人はなぜ心のエネルギーを吸い取るのか

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
中尾マネジメント研究所
株式会社中尾マネジメント研究所代表取締役社長。リクルート住まいカンパニー執行役員(事業開発担当)、リクルートテクノロジーズ社長、リクルートワークス研究所副所長などを経て、現職。株式会社「旅工房」社外取締役、株式会社「LIFULL」社外取締役も兼任。