『じーじ、65歳で保育士になったよ』
見出し画像

『じーじ、65歳で保育士になったよ』

中尾マネジメント研究所

この記事では、「ひとづくり、じぶんづくり」というテーマに関心のある方におススメの書籍をご紹介します。

元IBMの高田さんという方が65歳で保育士になられた話です。
日本IBMも元社長の北城さんが推薦されています。
知らなかったことがたくさんあります。

一番驚いたのは、保育士の資格取得がとても難しい事です。

失礼な表現になりますが、ここまで難しいのかと思いました。
保育士試験を受験する人はざっくり4万人強。
そのうち合格する人は1万人なのです。

合格率2割くらいです。
まじですか!!!!!

もちろん、これ以外に学校を卒業することで取得できる人が数千人から1万人います。
しかし、学校を卒業するには数百万円単位の投資と時間が必要なのです。
保育士さんが足りない中で、どうしたら良いのかと思いました。
勉強する対象が多岐に渡るのです。
筆記の対象は以下になります。

保育原理
教育原理
社会的擁護
児童家庭福祉
社会福祉
保育の心理学
子供の保健
子供の食と栄養
保育実習理論
これに加えて実技があります

造形表現
言語表現
音楽表現
のうちの2つを選択します。

造形表現
言語表現
音楽表現
のうちの2つを選択します。

著者は、保育園不足の記事などを読んで一念発起して保育士を目指します。
学校に通う時間とコストを下げるためにも通信教育で挑みます。
結果合格し、しかも自宅から近くの設立準備中の保育園に就職できます。
かなりラッキーな例だそうです。

園児からじーじ先生と呼ばれて慕われているようです。
本の中身は、テスト勉強の仕方から、対策
保育園で起きる事、対応の仕方
運営の仕方など多岐に渡ります
実際に高齢で保育士を目指す方にとっては、素晴らしいガイドブックになると思います。

最後の様々な提言も、さすが元ビジネスマンという感じで読み応えがありました。

#元IBM
#65歳から保育士試験を受験
#保育士になった
#保育士試験はとても難しい
#保育士試験は多岐に渡っている
#合格できるイメージが無い
#NAKAOSBOOKREVIEW
#NAKAOBOOKREVIEW

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
中尾マネジメント研究所
株式会社中尾マネジメント研究所代表取締役社長。リクルート住まいカンパニー執行役員(事業開発担当)、リクルートテクノロジーズ社長、リクルートワークス研究所副所長などを経て、現職。株式会社「旅工房」社外取締役、株式会社「LIFULL」社外取締役も兼任。