「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。

コロナ講演会 in 神戸

きのうは神戸三宮で講演をしてきた。僕の単独講演ではなく、元理研の研究員小早川智さんとの共演だった。
小早川さんは、全国で講演している。コロナワクチンについては、間違いなく、僕の“師匠”である。僕は今回の講演をすごく楽しみにしていた。講演をする側の立場のくせに、普通に客の一人としてわくわくしていました(笑)
ワクチンのことで分からないことがあれば、まず小早川さんに聞く。実際、6月24日参議院会館で行った僕の記者会見では、小早川さんがくれたスライドを何枚か使わせてもらった。コロナワクチンが、なぜ、どのように危険なのか。理論面で、小早川さん以上に説得力のある人は他にいない。

そもそも臨床医は、ワクチン推進派であれワクチン慎重派であれ、コロナワクチンのことをろくに分かっていない。ろくに分かっていないくせに「打て」とか「打つな」とか好き放題言っている。僕も含めてね(笑)でもそれは仕方ないんだ。臨床医というのはそういうもので、知識面や理論面では、研究者には到底かなわない。

特に小早川さんは、mRNAの分野で超一流の研究者である。受精卵に蛍光色素でマーキングしたmRNAを挿入する技術は、今は世界中で使われているが、これは2007年小早川さんが最初に発表したものである。
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/j.1365-2443.2007.01063.x
これによってDNAのメチル化を可視化できるようになり、この分野の研究が飛躍的に進んだ。

画像1

皮肉なことに、この技術はビルゲイツにも利用されることになった。DNAのメチル化の異常を受精卵の段階で検出できるようになれば、先天性異常を選別できる。小早川さんとしては、自分の発見がビルゲイツの優生思想を技術面からサポートする形になったわけで、何ともやりきれない気持ちである。
遺伝子ワクチンのことは僕が一番分かっている」と小早川さんは自負している。「ビルゲイツの目的は、ワクチンというか、人間の遺伝子改変です。僕の技術は、人間の遺伝子組み換えを進めるうえで、中核的な技術になります。コロナワクチンは、そういうワクチンなんです。このワクチンの危険性を、一人でも多くの人に知ってもらいたい

さて、僕が今回の講演で話したのは、「ワクチンの対処法について」である。5ALA、有機ゲルマニウム、各種ビタミンについては以前の講演でも話したことがあったが、今回初めてチャーガについて話した。講演に来る人はだいたい僕のブログを読んでるから、ブログにまだ書いていないことを講演で初出で見せようと思った。
チャーガは、日本語ではカバノアナタケという。カバは白樺のカバで、タケは、たとえばマツタケ、シイタケ、エノキダケなどのようにキノコのこと、つまり、白樺の木に寄生するある種の真菌のことを言う。白樺の木に生えるぐらいだから、北海道とかロシアとか、寒いところがチャーガの産地だ。
このチャーガ、どう体にいいかというと、まず、コロナに効く。実際コロナへの有効性について、特許出願されているほどだ(以下、スライドは油屋康さんからお借りしたもの)。

画像2

有効なのはコロナウイルスに対してだけではない。エイズウイルスにも効くし、インフルエンザウイルスにも肝炎ウイルスにも効く。要するに、ウイルス全般に対して効く

画像3

脳腫瘍に対しても効く

画像4

外科の先生も言っている。

画像5

「この脳腫瘍の患者に対して、自分は特に何もせず経過観察だけしていた。ただ、チャーガを飲んでいた。それで治ってしまった。ということはつまり、チャーガが効いたとしか考えられない」と。
うむ、実にシンプルな結論だ。

チャーガは別段特殊なものではない。ロシアのノーベル賞作家ソルジェニーツィンの作品『ガン病棟』の一節に「チャーガをお茶代わりに飲んできたロシアの百姓はガンにかからない」というのがある。実際その通りで、ロシアのある村では、村人はチャーガをお茶として飲んでいる。別に薬という意識ではない。しかし結果として、その村では全員長寿で、誰も癌にならない
しかしこのチャーガ、困ったことに、培養できない。白樺の木2万本あたり1個しかないことから、「森のダイヤモンド」とも言われる貴重品である。

画像6

チャーガがなぜ体にいいのか。そのメカニズムについては多くの研究がある。抗癌作用、抗ウイルス作用があるベツリン酸、免疫を適正化するβグルカン、各種ビタミン、ミネラルなど、様々な作用機序が想定されるが、最も注目すべきは、その抗酸化作用(活性酸素吸収能力)である

画像7

抗酸化作用が強い食材として、クローブがいいとか、最近ではスーパーフードのアサイベリーとかゴジベリーがいいなどというけれども、チャーガの抗酸化力とは、比較にならない。2位以下を桁違いに突き放して、ダントツ1位の抗酸化力を持っている。地球上に存在するすべての食材のなかで、一番抗酸化力が高い。

画像8

そんなチャーガだから、文字通り、万病に効く。
ガンに効くのはもちろん、糖尿病の改善作用もある。僕がチャーガを取引している油屋さんは、チャーガの糖尿病への有効性について絶対的な自信を持っているから「チャーガを飲んで糖尿が治らなかったら返金する」とさえ公言する。
アトピー、花粉症などの免疫異常にもいいし、普通にお茶として飲めば、老化知らずだ。
心臓にもいい。血圧には高血圧に効くのはもちろん、低血圧に悩んでいる人が飲んでも効くコレステロールを正常化するし、血栓にも効く。コロナウイルス(あるいはコロナワクチン)が厄介なのは血栓症を誘発することだから、チャーガの抗血栓作用は大きな助けになるだろう

スクリーンショット (2206)

講演後、三遊亭多歌介師匠の死を知った。あまりの衝撃で、無事成功に終わった講演の充実感も、一気に吹っ飛んでしまった。
ネットを見ると、ニュースで大きく扱われていた。これが、そこらへんにいる一落語家の死亡なら、こんなに大きく報道されることはなかっただろう。反コロナ、反ワクチンを掲げて活動していた落語家が、コロナに感染して死んだ。マスコミ的には、ここが実に“おいしい”。「ほら見たことか。やっぱりワクチン打ってないからこうなるんだ」と叩きまくる。
そうなるよね。仕方ない。僕が仮にコロナで死亡となっても、マスコミは鬼の首をとったように大きく報道するだろう。『反ワクチン医師のみじめな最期』とか見出しをつけて。ワクチン反対派は、うかつな死に方、できないね(笑)
フェイスブックみると、8月23日には更新してる。死亡が27日。コロナってこんなに進行早いっけ?痛風の持病があったとして、54歳。全然若い。こんなに急に死ぬかな。というか、反コロナの多歌介師匠がPCR検査受けるかな?コロナの嘘を見抜いてるんだから、絶対拒否するよね。検査を拒否したとして、コロナと診断した根拠は一体何?
真偽不明だけど、多歌介師匠、道で倒れていたという話がある。そこにたまたま通りかかった医大生がいて心肺蘇生をした。救急搬送されたけど、結局、力及ばず、亡くなったと。
これが本当なら、、、
いよいよ俺もかなぁ、という気がしています(笑)


しかし落語家の死って、妙なもので、悲しむべきなんだけど、故人を思うと、あんな冗談言ってたなって、笑ってしまうところもある。
「あのワクチン打てばあそこが元気になる」とか言っててさ。バカバカしくて笑ったなぁ。
落語家への追悼は、涙よりも笑いであるべき、という気もするんよね。