コロナワクチン被害症例集3
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

コロナワクチン被害症例集3

中村 篤史/ナカムラクリニック


画像1

「私の28歳の娘が火曜日にコロナワクチンを打ち、木曜日に死亡しました。急に何を言っているのか意味が分からないと思います。死後解剖では他に何ら異常はありませんでした。ビルゲイツや詐欺師ファウチの名前が関連しているものはすべて、危険と考えるべきです。人口削減。それが彼らの目的です」

画像2

「ヘイリー リンク ブリンクマイヤーさん インディアナ州エヴァンスビル出身。2021年1月21日木曜日、自宅にて死去。享年28歳」

若いのに、気の毒に。我が子がワクチンで殺されて、お母さんもさすがに目が覚めた。ビルゲイツやファウチを非難している。でも、悲劇の起こる前に気付きたかったよね。

"反ワクチン派"をディスりまくっていた中年医師も、ワクチン接種後に死亡しました。

画像3

「コロナワクチンを打てばビルゲイツの5Gアンテナにでもなるってのかい?(笑)おっと、もっとしゃべった方がいいかな。無口ですまんね。ワクチンのせいで自閉症になっちまったもんでね(笑)」と冗談を言いながら、カメラの前でワクチン接種を受けたポーランド人医師Witold Rogiewiczさん、ワクチン接種後に死亡。
OVIクリニック「何から書き始めればいいのか分かりません。我らの友であり、同業者でもあるWitold Rogiewicz医師が、昨夜2月15日急逝しました。我々はこの訃報に言葉を失っています。彼が愛したご家族に心から哀悼の意を表します」
https://www.youtube.com/embed/o-US0EQvU4I
接種の様子を撮影したYouTube動画はこちら。

死亡まで行かずとも、「死にそうになった人」を数えれば、枚挙にいとまがない。

画像4

「父はファイザー社製のコロナワクチンを打ったのですが、今日から調子が悪いです。頭痛と息切れがして、病院に行きました。父は82歳です。
私の義父は81歳なのですが、義父はオックスフォード製のコロナワクチンを受けて脳卒中になりました。
父も義父も、ワクチンの接種前には健康で体調に何も問題なかったのですが、接種後2,3週間の経過で体調を崩し、どちらも今は入院しています」

画像5

「きのう祖父が昨日の朝2回目のワクチン接種を受けました。私の8歳の息子が昨夜祖父宅に泊まっていました。今朝、息子と祖母が床に横たわる祖父を発見しました。祖父は手足を動かしたり話すこともできませんでした。救急車で病院に運ばれ、様々な検査を受けています。
ワクチン接種後にこういう症状が出た人はいますか?あるいは、ワクチン接種とか関係なく、ただの偶然でしょうか?」

画像6

「2月14日日曜日にアストラゼネカ社製のワクチンを受けました。接種部位が軽く痛む以外に特に副作用はありませんでしたが、18日までに肩が痛み始めました。腕の端から肩甲骨にかけて猛烈に痛くなってきて、どれだけ痛み止めを飲んでも効きません。6週間前に私の夫がファイザー製コロナワクチンを受けていて、接種の3週間後にベル麻痺を発症しました。単なる偶然かもしれませんが、他にも同じ症状が出た人の話を聞いたことがあります。誰か、こういう症状が出た人はいませんか?」

画像7

「土曜日の14時40分にファイザー製コロナワクチンを受けました。帰宅後に倒れ込み、そのまま2時間ほど眠りに落ちました。その晩9時頃に体温が上がり始め、4時間おきに解熱薬を飲みました。頭がガンガンしました。日曜日の朝7時に起きたとき、インフルエンザのように熱っぽかった。次第に足がちくちくとし始め、両足の感覚がなくなってきました。足が死んだみたいな感じで、歩いていても気持ちが悪い。正座をして足がしびれる感覚です。足の内部に冷水を注ぎ込まれたようです。病院に行きましたが、この症状が何なのか医者は答えてくれず、そのまま家に帰されました。今朝起きて、ひどい二日酔いのように気分が悪い。頭があいかわらずガンガンする。両足の麻痺感はなくなりましたが、足の内部にある妙な冷たさはまだ残っています」

きりがないので症例の列挙はこの辺でやめます(笑)英語圏のSNSを見れば、本当に、うんざりするほど多くの被害者が投稿している。
その他、コロナワクチンにまつわる周辺的な情報をいくつか紹介しよう。

画像8

「どのメーカーのコロナワクチンを使っているか」の公表禁止へ
医療従事者は使用しているコロナワクチンのメーカー(ファイザー製とかアストラゼネカ製とか)について、公表が禁止されることになった。
https://www.dailytelegraph.com.au/lifestyle/health/tga-bans-pharmacies-from-revealing-which-covid19-vaccine-they-offer/news-story/8bcf3dea974537050600d7f87eb8e13c
まぁ、どのメーカーであれ、コロナワクチンという時点で"目くそ鼻くそ"だけど(笑)
しかしメーカーの公表禁止とは、なかなかどうもね。記事を詳しく読むと、
"ワクチンのブランド名、原材料、その他について、消費者がどこのメーカー製のワクチンだと分かってしまうような情報は明かしてはいけない"とガイドラインに規定される、とのこと。
ああ、なるほど。原材料の情報を明かしたくないわけね。

画像9

「日本、"孤独担当大臣"を創設へ。急増する自殺対策に。
わずか1か月の自殺者数が、2020年のコロナによる全死者数を上回った。自殺者は特に女性に多い」
英語圏の人にいいねやリツイートされまくってる。karoshiが英語になってるのと同じような不名誉を感じる。日本人として恥ずかしいと思わないといけないニュースだよ。
コロナが人を殺しているわけではない。コロナ対策が人を殺している。
統計の示すところを素直に読めば、そういうことでしょ?
必要なのは新たな大臣の創設ではなくて、コロナ対策大臣の西村とかワクチン接種大臣の河野とかの罷免、つまり、コロナ茶番をいい加減やめることでしょうが。

画像10

『ワクチン接種後に死んだからといって、コロナワクチンが致命的だということにはならない』
妙な理屈がまかり通る。こんなに明々白々な因果関係はないだろうに、「コロナワクチンは安全」という主張が堂々となされている。

一方、先手に"逃げの布石"を打ち始める動きもある。

画像11

「強制とは一言も言ってない。打った奴は、あくまで自分の意志で打ったんだぞ!」とことさらに強調。言葉の裏に「あとで副作用がどうのこうのと泣きついてくるなよ」のニュアンスが漂う。

万一のために生命保険に入っている人もいるでしょうが、コロナワクチンの接種後に死んでも、、、

画像12

「保険の確認を!
ワクチン治験の参加者によると、コロナワクチンを接種したために、加入していた生命保険が無効になったという。これは保険の契約条項のひとつだから、というのが理由のようですが、これは多くの人が知らないと思います。みなさんの保険の契約内容をご自身で確認してみてください」
https://www.moneycontrol.com/news/business/economy/covid-19-vaccine-your-existing-health-policy-is-unlikely-to-cover-costs-adverse-reactions-6179301.html/amp?

有力投資家もそろそろワクチン株を見限り始めたよ。後々訴訟ラッシュが起こることが今から見え透いているんだから、当然の動きだろう。

画像13

中国の主席疫学者「コロナの存在証明はなされていない」と認める

画像14

Kaufman博士がずいぶん前から言ってたことで「何をいまさら」な話ではあるけど、Better late than neverだね。中国人研究者が別の角度から同じ主張をすることには一定の意味があると思う。

一方、日本のコロナワクチンテレビ宣伝部門担当者は、

画像15

こらこら、勝手に記念日にすな(笑)
だいたい誰が作ったか、この「予防接種」っていう日本独自の言葉、何とかならんかね。いかにもワクチンが病気の「予防」に寄与するイメージを作りたいんだろうけど、あんなの、病気の種をまいてるだけですから。

スキ ありがとうございます^ ^
中村 篤史/ナカムラクリニック
神戸市元町で内科・心療内科・精神科・オーソモレキュラー栄養療法「ナカムラクリニック」を開業。ブログで健康情報を発信中。翻訳本「オーソモレキュラー医学入門」 http://www.clnakamura.com/ 078-599-9122