中村 篤史/ナカムラクリニック
コロナワクチンは卵巣に蓄積する
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

コロナワクチンは卵巣に蓄積する

中村 篤史/ナカムラクリニック


画像3

「コロナワクチン、12歳以上にも。早ければ月末にも」

明らかに、狂気の加速度が増している

一方、コロナワクチンの毒性が次々と明るみに出ている。
ファイザー社の内部資料が流出し、以下のような研究が出てきた。
https://files.catbox.moe/0vwcmj.pdf
筋注したmRNAワクチンが体内のどこに運ばれ、どのように代謝されるのか。これは研究者にとって重大な関心事である。というのは、たとえば成分の大半が肝臓で代謝/分解され、そのまま体外に排出されてしまっては、意味がない。何のためのワクチンなのか、ということになる。ワクチンの成分が、彼らの”狙うところ“に、しっかり届いてもらわないと困る。そこで、以下のような研究を行い、ワクチン成分の体内動態を調べた。
ルシフェラーゼ(下村脩がオワンクラゲから抽出した発光酵素)で標的したRNAを脂質ナノ粒子(LNP)で包み、これをネズミに筋注する。これでmRNAの体内での挙動を追いかけることができる。

ワクチンの成分、どこに最も蓄積したと思いますか?結果は以下の表にある。

画像4

接種部位、脾臓、肝臓に多いことは想定内。体内に入り込んだ脂質ナノ粒子を白血球が貪食し、それが脾臓や肝臓にたまって、高濃度に蓄積したものと考えられる。
しかし意外なのは、卵巣である。卵巣に高濃度のmRNAが見られた。

いいですか。ここ重要なのでもう一度言います。
脂質ナノ粒子抱合mRNAは、卵巣に高濃度に蓄積します。
これがどういう意味か、分かりますか?

すでに以前にお伝えしたように、コロナワクチンに含まれるmRNAは接種者のDNAに取り込まれ、遺伝子を改変する
『逆転写されたSARS-CoV-2 RNAはヒト培養細胞のゲノムに取り込まれ、患者由来組織に発現する』
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33958444/
「遺伝子を改変する」と漠然といっても、具体的にどこの遺伝子に影響を与えるのか、よく分からなかった。しかし上記の実験を踏まえれば、ある予想が立つ。
卵巣を構成する細胞のDNAに取り込まれ、次世代に悪影響を与えるのではないか。つまり、不妊になる可能性が懸念される。

さらに、こんな漏洩文書もある。
https://jp.sputniknews.com/covid-19/202104248336211/
2021年初頭、欧州医薬品庁(EMA)のサーバーから流出した文書をフランスのル・モンド紙がスクープ。
「実験室でのテスト段階から、世界中に配給する大規模生産に切り替えたとき、RNAの完全性(RNA integrity number ; RIN)が大幅に減少していた。品質指標は78.1%から59.7%に、一部のバッチでは51%にまで低下していた。これはつまり、ワクチンの活性物質の濃度が低いだけではなく、40%以上のmRNAが不安定で、体内でランダムに有害な命令を出す恐れがあるということである。ファイザー社はこの問題を把握しており、投与量を増やすことでこの問題の克服を試みたが、結果は、炎症、血栓症、発作などの有害事象の発生を増やしただけのことだった」

こんなツイートがあった。

画像5

AZワクチンを電気泳動してみると、特にABV5811で「承認内容に含まれていない不明物質」のバンドが多かった、という。
だいたい、すべての成分を公開していないって、フェアじゃない。普通の人は、添付文書にはすべての成分が記載されている、と思うでしょうが。老舗のソバ屋が「うちのダシの味は秘伝で、詳しい成分のことはお伝えできません」とかなら分かるよ(笑)でも体に注入するワクチンで、そういう企業秘密があってはいけない。ちゃんとオープンにしてもらわないと。

さらに、日本の仕事。

画像6

「コロナウイルスに感染すると、感染を防ぐ中和抗体ばかりでなく、感染を増強させる抗体(感染増強抗体)が産生される
これ、ワクチンを打ちまくった国で感染爆発が起こった理由そのものじゃないの?

さて、こんなワクチンを子供に打つという狂気が、現在進行形で起こっている。

画像7

「12歳以下の小児コロナワクチン治験に参加した二人のことを誇りに思います。なんて勇敢なのでしょう。科学のために、他の子供たちのために、注射を受けてくれたのです」
いや、勇敢というか、児童虐待ですから。

子供だって死にますよ、普通に。

画像8

コロラド州の15歳の少年、死亡。ファイザー製ワクチン接種から2日後。フロリダ州の1歳男児。モデルナワクチン接種し、けいれん発作。2日後に死亡。バージニア州の2歳女児。ファイザーワクチン接種から5日後に死亡。


今後もより良い情報提供ができるように努めます。
中村 篤史/ナカムラクリニック
神戸市元町で内科・心療内科・精神科・オーソモレキュラー栄養療法「ナカムラクリニック」を開業。ブログで健康情報を発信中。翻訳本「オーソモレキュラー医学入門」 http://www.clnakamura.com/ 078-599-9122