見出し画像

ホントにあったらしい話。


中学の頃の話です。

その頃は色々ありまして、
母と私達姉妹は、当時の再婚相手から急いで離れる為に
大至急で住まいを探しており、
知り合いが見つけてくれたアパートの空きに、仮に飛び込みました。

今思えば…、入るのが先で、手続きが後。だったんじゃないかな?

お風呂は無くて、キッチンとトイレ、そして六畳と四畳半の二間です。
裸電球で、テレビとコタツぐらいしか家具らしい物も無い。

母は、私達を養う為に四畳半を寝所にして昼も夜も働き、
私達姉妹は、居間を兼ねる六畳で寝ていました。

生活も、少し落ち着きが見えてきたある日、
「ないみ、そろそろお年頃やからひとりでベッドに寝たくないか?」
と母が声を掛けてくれました。

「え?いいの?やった〜!」と私は大喜びです。

と言うわけで、

私は、四畳半の母が寝ていた“ベッド”と言っても、衣装箱に板と布団をひいたある意味作り付けの特設ベッドのある部屋に移り、
入れ替わりで母は、妹と六畳間で寝る様になりました、、、。

母は時々
「ベッドの寝心地は良いか?」と優しく聞いてくれます。

私は自分だけがベッドで寝れて嬉しいのと、
妹に対しての優越感で、最高の気分です。

そして、もっと生活が落ち着いて半年以上は経ったと思うある頃に、
近くの部屋が空いたので、改めてそちらに引っ越し直すことになったのです。

「ねえ、このままじゃダメなの?」と聞くと
「ここはよその人が借りていた部屋を“空きが出るまで”って借りてただけやから…」

「?…ふう〜ん。?」

無事に引っ越しが住んで、四畳半には母が寝る様になり
六畳には二段ベッドがやってきて
私も妹も晴れて自分のベッドが手に入ったのです。

それから更にしばらく経ったある日のこと、
母が、ポツリと打ち明けてくれました。
「先に住んで居た所はね、老夫婦が住んでいらしたんや…。」

つまり、その年老いたご夫婦は
最終的には“あの四畳半”で2人とも亡くなられたそうなのでした。
どの様に亡くなられたのかなどの事情は聞いていません。

とにかく大急ぎで、逃げる様に住まいを探していた私達一家はそこに飛び込んだ。と言う訳だったんです。

母は、河童?を見たり(笑)色々不思議体験をする人でしたが、
本人は「霊などいない!UFO?何言ってんだ?」と頑なに存在を信じない。
心霊番組も大嫌い!という人だったんです。

そうかぁ。

最初は、四畳半で寝て居た母が、
急に私に部屋を譲って、六畳間で寝る様になり。
やっと安眠できる様になって、、、。

安眠?

‼️

だから、寝心地を何度も何度も聞いてきたのか⁉️
んで、改めて引っ越してから四畳半では安眠出来ました。と?

コラァ〜(泣)

母が言うには、
眠っていると、
毎晩、毎晩、天井が開いて
おじいさんとおばあさんがニコニコ『おいでおいで』して
ハシゴを下ろしてきて居たそうです。

そのおじいさんとおばあさんが
果たして当の老夫婦なのかどうかも、確かめようがありません。


ちなみに、

私は毎晩、快適によく眠れてました。

いやぁ〜
知らないって、幸せですねぇ。




以上、


怖い話…?

いや、事故物件の話じゃないの?

いやいや、

🌸知らない方が幸せな事もある🌸という話でした。




おしまい。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます!ありがとうございます!楽しく見て、読んで、愉しんでくださったら嬉しいです\(//∇//)\

あなたの美味しいものを好きになりたい(๑>◡<๑)
60
☆漫画イラスト描くのも見るのもスキ☆文章書くのも読むのもスキ☆朝ドラ大スキ❣️毎日犬〜ズと“好き好きチュッチュ”して生活している【器用貧乏インドア派】♪(´ε` )ムフー! noteは私の自由帳☆現在『あなたの大切なモノ擬人化イラストいたします。』にて修行中!お気軽に声かけてね。

この記事が入っているマガジン

『おはなし』や『エッセイ』
『おはなし』や『エッセイ』
  • 51本

文章が主人公のいろいろ。

コメント (12)
ないみさん、怖い話以上に、ないみさんのご家族の状況を知らなかったので
戸惑いながら読みました。が、ないみさんの明るさにいろいろなものが
飛んでいくような感じで読みました

うちの実家の近所に強烈な幽霊屋敷があったのですが、安く売りに出されてて
住む家族が必ず逃げ出すというような評判の一戸建てだったのですが
最後に買った家族は大家族で、幽霊屋敷など屁とも思わず物凄くパワフルに
生活してて、幽霊屋敷も普通の家になってしまったというのがあります

生命力に満ち溢れた人間には負のパワーにも打ち勝つ力があるのか!と
思ったものですが(笑)ないみさんの無邪気さは、そういうものを
寄せ付けなかったのか、それとも、やっぱりお母さんの方が疲れてたのかも
しれませんね。要らぬ情報を聞いてしまうと、余計にそういうものを
見てしまうのかもしれませんね。無邪気パワー万歳!ですよ٩( 'ω' )و✨
いや〜、身構えて読んだら、ほっこりしました 笑
久保マシンさん、こんにちは。
テヘヘ、コメントありがとうございます。
まあ〜その頃はホントに負の時代でして。
おまけに小中学校と猛烈なイジメを受けていたので学校時代の先生や同級生の記憶がキレイに抜けちゃってるんですよね😅(やられた事は覚えてるぞー💢)

多分、私にしてみれば
毎晩の夫婦喧嘩聞いて寝るんでなければ何処でも快適だったのかも知れません。

そう!ただでさえも感じやすいのに、知ってるもんだから母はエライ目に遭ったと思います。それでも頑張り遂げたんだから、大したもんです❣️

『無邪気パワー』良い言葉ですね!
takuji transmitさん、ようこそおいでやす🍵
ほっこりしてもらえて嬉しいです😆
その上、フォローまでいただいてありがとうございます。
どうぞよろしくお願いしますねヽ(´▽`)/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。