2015晴明その2_7

疲れで痛い!生理痛

こんなことが思い当たるかたに
・朝から目の下にクマがある
・顔にくすみやしみ・こまかいシワがある
・いつも足がむくみやすい
・手のひらや足の裏に汗をかきやすい
・生理前になると体臭が強くなる
これらは、質のよい血行が十分でなく、全身にいきわたらないためにおこります。

【疲れで痛い!生理痛の原因】
いつも疲れているかたは、全身をめぐる血液の質が低下して、血行も悪くなります。身体に余力がなくなる生理の時は、なおさら。
シクシクした痛みがあちこちにあり、だるさや疲労感をともないます。

・寝不足
朝から目の下にクマがあったり、顔のくすみ・シミ・シワが増えるのは、毎日きちんと疲労を回復していないからです。疲れがたまると、徐々に身体の「うるおい」が失われます。子宮にも十分な血行がめぐらず、貧血気味。月経血をおしだす働きがなかなか高まらず、生理痛をおこします。

・過労
仕事や勉強で根をつめる作業が多く、眼精疲労などをおこしやすいかたは、目や脳などに「かたよった過労」をします。精神や思考を消耗し続けると、頭だけに血のめぐりが集中して、下腹への血行を弱めてしまいます。そのため、慢性的に貧血気味な子宮は、生理前になると十分な働きができずに生理痛をおこします。

・運動不足
なにかと便利な現代社会。歩いたり立ったり、しゃがんだりする足腰の運動をする機会が少ないです。とくに子供の時から歩く習慣のない女性は、下半身へ十分な血行をうながすことができません。足腰を使った運動をする習慣がないかたは、生理前に必要な血行を下腹へおくることができないため、生理痛をおこします。


【お品書き】
・「疲れで痛い!生理痛対策~くらしかたのコツ~」
おすすめ食材・エクササイズやリラクゼーションの具体的な方法や、就寝のコツをわかりやすくご紹介。
・「疲れで痛い!生理痛対策のお灸 」(Youtubeツボ動画 5点つき)
効果的な疲労回復・潤いケアのお灸に加え、届きにくい下腹への血行を促進することで生理痛を解消していくお灸を掲載しました。
・「養生まとめ」


この続きをみるには

この続き:1,635文字

疲れで痛い!生理痛

博心堂鍼灸院

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15
鍼灸臨床と易占を生業に、東洋医学と易の考えを研究している鍼灸師・易占家です。暮らしに役立つ養生法をメルマガで連載中。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。