新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

サカナクション アダプトツアー

ri_ku


サカナクションのツアーに初参戦してまいりました。まずは1月14.15日に北海きたえーるで行われたツアーに参戦。サカナクションは中学生の頃に観た、ミュージックのmvで衝撃を受けハマりました。音楽にハマったきっかけになったと言ってもいいかもしれません。そのくらい衝撃で、それからは何か辛いことがあればサカナクション曲を寝る前に聴いたりして心を落ち着かせる安定剤のような役割になっていました。
そんな大好きなサカナクションのツアーに初めて行って思った事は、まず、音がヤベェ。いきなり語彙力無くなってすみません。笑
スタンド席だったのですが、スピーカーがぎっしり後ろまで用意されていて、ステージとのタイムラグがなく楽しめました。もう何も気にせず踊りまくりました。びっくりしたし、なんか嬉しくなったのが親世代の方々が踊り狂ってた事ですね〜。札幌も3年ぶりのサカナクションということ、日々のコロナストレスが相待って踊り狂っていたのが印象的でした。何歳になっても聴き続けたいなー、と思いました。
今回はオンラインライブを拝見せず、セトリも一切見ないでいったので初日のワクワク感はたまらなかったです。セトリにもきっと意味があるんだなーと思って聴いていました。

そして本日は現地に行く事は叶わなかったものの、配信で武道館ライブを観ることが出来ましたー!武道館ライブを配信する事にしてくれたチームサカナクションに感謝です。お子さんがいたり、体質的にライブに行けない方、コロナ禍でライブに行く事自体がタブーな方にとっても嬉しく、全ての人に優しい、まさにこれこそ優しい判断だなと感じました。人に優しく、これは山口一郎さんがインスタライブでよく言っていた事ですが、こんな世界で単純な事ですが1番大切な事だと思います。人に優しくなれるようにサカナクションの音楽を聴いて心を穏やかにしていきたいです。
ツアーは終わってしまいましたが、3月30日のアダプトリリースを楽しみに頑張っていきたいです。これからコロナの動向や、自分自身就活があり不安な事だらけですが、音楽やその他諸々の力を借りて生きていきたいです。自分の未来は自分で切り開く。過去は消えず未来は読めず不安は付き纏いますが、今を必死に生きたいです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!