見出し画像

ナンパ師としての正しい歳の取り方について考えてみた。

 今年で30歳になりまして、いよいよ若者ノリが似合わないおっさんの年代に突入して参りました。

 2013年に「渋谷で働く営業マンのナンパ日記」をはじめたときは、「ノリが気持ち悪い」とか「そんなテンション、30代の自分にはムリだ」といったコメントをいただいていました。

 当時は「年齢なんて関係ないでしょ。自分は30代になっても今のままのテンションでいたいし、いられる自信があるわ」と思っていたのですが、いざ30歳になってみると、いや、正確に言うともっと前の28歳くらいから、これまでのテンションだと「無理をしている」感が出てしまって、自分の中でしっくり来ていなかったんですね(笑)

 端的にいうと、終始高いテンションで騒いでいることが恥ずかしいと感じるようになって来てしまいました。

 最初は「コミュ障になった期間があったからその影響でテンションの上げ方を忘れてしまったのだろう」「昔のテンションの方が自分に合ってるから、これから取り戻して行こう」と思っていたのですが、どう頑張っても元のテンションに戻ることができず、どうやらこれは年齢とともに内面に変化が置きているのではないかと思うようになりました。

 私が最近ハマっているNetflix版のテラスハウス「IN THE CITY」編に登場する寺島速人さん(29歳)は、入居してすぐ「ここの住人同士で好きな人とかはいないの? ねぇ、どうどう?」のような絡みをしていて、そのノリの軽さを24歳の女子メンバー美咲ちゃんから「29歳でそのテンション...?」のように若干引かれていました。

 確かに私から見ても、29歳のノリとしてはどこか薄っぺらく映ってしまい、自分もこんな風に見えているのか...と反面教師的に見るきっかけになったんですね。

この続きをみるには

この続き:1,018文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
単品で購入すると合計30,000円以上になるところ、4.980円で全て読めます。(どこかのタイミングで値上げします)

noteで更新してきた全ての有料記事をまとめたパックです。今後更新される有料記事もすべて読み放題となります。記事の追加に伴い、値上げを...

または、記事単体で購入する

ナンパ師としての正しい歳の取り方について考えてみた。

なべおつ@渋谷で働く営業マンのナンパ日記

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
編集・ライター。ブログ「渋谷で働く営業マンのナンパ日記」が書籍化し11,000部を突破。『口ベタ営業マンが渋谷ギャルをナンパし続け半年後に1億の契約をとった件』(ワニブックス)。https://nabeotsu.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。