natsuki
今日が最後なんで。
見出し画像

今日が最後なんで。

natsuki

11月28日 23時10分、ちょうどぴったり3か月前。
私は初めてnoteを投稿した。

そう、
夜活コミュニティコミュニティプランナー就任のご挨拶である。


あれから3ヶ月、とっても濃密な日々を過ごした。
そんな 4期夜活コミュニティ の歩みを、思い返してみる。



『よるぽかち~む』結成まで


初めてのnoteは、夜活コミュニティに興味があるシーメイトさんすべての方に向けて想いを綴った。
と、同時にもうひとつ意味があった。

私の想いに共感してくださって、
一緒にコミュニティを育てていく仲間がほしい!

私の心の声 より

あまり 大人数をまとめる役、は得意ではない。
少人数で一致団結して取り組みたいなあ…

そんな気持ちからサポーターさんは 2、3名だけ、
noteを見てくれた方から応募を待ってみた。



まずは イリーちゃん
ちょうど MIYUちゃんと3人で自主企画 #計画の立て方シェア会 を実施していて、そこでのやりとりでもコミュニティプランナーになることを打ち明けていた。

そのときから「一緒にやりたい」と言ってくれて
本当に嬉しかった… ありがとう ❤


しほちゃんほとりさん からは、
実は たった4分差でTwitter DMでお問合せいただいた😳

noteをTwitterで再度告知して、すぐあと。
時刻は午前1時、立派な夜活タイム。笑

おふたりがそれぞれ、
noteを読んで共感したこと・共通点などたくさん想いを綴ってくださり
とっても胸がいっぱいだった… ありがとう ❤



その後、4人での初めての会議を終えて
ああじゃないこうじゃない…と案を出し合った結果、

よるぽかち~む

が、爆誕したのである!



初回は「同郷メイトで語らNIGHT」と決めていた


CP就任後、初回イベントまでの準備期間はとってもタイトだった!
まさに今、5期のプランナーさんたちも大忙しなのである。。

私もおなじくワタワタしていたのだが、
ひとつだけ、決めていたことがあった。

実は、希望コミュニティは複数挙げる必要があったため、他にも2つ、希望コミュニティ候補を出していました。

それぞれ「こんなことやってみたい!」という構想はありましたが、
<地方・エリア>をテーマにできそうなフリーなコミュニティは「夜活部」だけでした。

私が 「夜活部」 を選んだ理由|natsukiのnote より


そう、<地方・エリア>をテーマにイベントを実施したかったのだ!


このころの私は、地元広島や地方住みのシーメイトさんと関わりが薄く、まだ心のどこかでシーメイトさんって幻なのではないか?なんて思っていた ←

近くで頑張っているシーメイトさんと仲良くなれたり、実際に会えたりしたらもっとワクワクしないかな?!

そんな気持ちで、輪を広げるきっかけになるような企画を考えた。



~~~
ちなみにこの時、
「夜活っぽいし、なんとなく語呂もいいからこれでいいや~!」
とつけた『 ○○しNIGHT 』というイベントタイトル(笑)

このときは、その後すべてのイベントに統一してつける
お決まり文句になるとは思っていなかった🤣
~~~



当時、実際に作ったワークシートがこちら!

『 同郷メイトで語らNIGHT 』|私のワークシート


エリアを6つに分け、ワークシートの作り方も文字とイラストの2種類、計12枚のワークシートを作成!(こういう作業が好きって知れた瞬間)


このイベントを通じて、私自身も広島のシーメイトさんと仲良くなることができ、実際に会うことができたのは本当によかったこと🥰

イベント開催後も、参加者やそうでない方もたくさんの方がワークシートをアップしてくれて、Twitterでワークシートを見かけるたび嬉しくていいねを何度も押したくなった💓



ただ、「集客」には課題もあり、
これをきっかけによりよい企画づくりを目指してPDCAが回り始めるのであった…



悩みに悩んで、軸が定まった「ワクワク探さNIGHT」


12月中旬、早速悩んでいた。
もうすでに、これだ!というネタが思いつかない。

完全にマンネリだ。(早)


イリーちゃんのタネからの、ほとりさんのひとこと、
「計画の立て方シェア会、参加できなかったからもう1度やってほしいです!」
もあって、なんとか方向性が定めることができる…

が、なお企画書を書くにはなんだかパッとしない日々が続いた。


・「目標を立てる」←すでにやってそう、どこかがやりそう
・「計画を立てる」←すでにやってそう、どこかがやりそう

何個でも考えられて、楽しくなりそうなこと、、


そこでやっと、
自分自身が自主企画中に何度も繰り返した
手段」という言葉を思い出した。



実際の企画内容としては、

目標を達成するための
手段」→「やりたいこと100のリスト
ワクワク!
というわけで以下のスライドとなる。

2022年のワクワク探さNIGHT|投影スライドより


結局、自分自身が毎年作成している

「20XX年のやりたいこと100のリスト」

をつくる時間をとりたかった & つくる楽しさ・良さをシェアしたかっただけなんだが、タイトル通りワクワクをたくさんつくることができたんじゃないかな?と思っている!(自己満)



このころくらいから、
「私もシーメイトなんだし、私自身がワクワクすることを考えたらいいんだ~!」と思うようになって、企画を考えるのも楽しくなってきた🎵


加えて、それまで課題感のあった「集客」を改善でき
やっとなにかを掴めたような、そんな感じがした。
(すでに任期は折り返し地点 笑)



全身全霊を注いだ「『金曜だから夜ふかし』しNIGHT」


この時の企画のタネは #夜活もくもく会 のアンケートにあった。
相変わらず「しっくりこない…」の状態からパロディ企画が生まれたのは

Q. コミュニティイベントでやってほしいことがあれば教えてください♩
A. お休み前日の夜ふかし会

♨夜活もくもく会アンケート♨ より


これがきっかけ。(この回答してくれた方、ありがとうございます!)
「夜ふかし」= あの番組 がすぐ連想されたので
そこから先が決まるのは早かった。



ただ、途中で大きな問題が。
ありがたいことに告知の時点で大きな反響があったのだが

「 (インパクトに負けて)大コケしないか 」

私の頭をよぎり続けていた恐ろしい言葉 より

これだけが、ただただ心配だったということ😂


この心配を解消させたのは以下2点。


・そこまでやるか精神を見せる。
(取材をアピール、細部まで調査、細かいパロディ)

・飽きずに聞いていられる仕組みをつくる。
(見覚えと意味のあるアニメーション、つながりを感じられる効果音)



「桐谷さんを描いてほしい、できれば動きあり」という無茶なオーダーを聞いてくださった ほとりさん
SHEと全く関係のない地方ネタや謎情報をとことん調査してくれた しほちゃんイリーちゃん
改めて本当に感謝…🙇‍♀️



いつも、どの企画も、よるぽかち~むの全員がいなければ
成り立っていないのだ。

ほとりさんが作ってくれた桐谷さん



それまでスライドはALL CANVAだったが、
細かい効果音の差し込みは元祖 PowerPoint 様が最適だ!という気づきも🗽
(音入れとアニメーションのみ、それ以外はやっぱりCANVA 様)

音源探し・アニメーションにはだいぶ慣れたので
いつかまたこういうオモシロ風企画ができたらいいな…!




いろんなことにチャレンジしたこの企画は、
わすれることのできない大切な想い出となった。


こうしていろいろやってきた結果…



なんだかたのしそう!なコミュニティ、になれた?


と思う。
そんなんでいいのか?と思ったりもしたけどいいと思う。笑

だって、
コース内容にコミットした「コース別コミュニティ」でも、
年代で集まる「年代別コミュニティ」でもなく、
よる、という時間を共有するすべてのシーメイトさんのための
夜活コミュニティ なんだもん。



他のコミュニティに比べたら、ナレシェアもないし
有益な登壇者がいたりもしていない。(登壇イベントゼロ)


けど、
何かどこかの項目だけでも「4期夜活コミュニティよかった!」というところがあれば、私の中では満足度1000%である🥳オイ





さ~て、明日からまた
SHElikesの受講がんばるぞ~~😂




最後に、
先日 #SHE動画ch のイベントで
振り返りを動画でもちょろっと作成してみたものをシェア🎦

少しだけ、イベントに参加している気分になれるはず。
※ちなみに「Cap cut」が正しい。あ~恥ずかしい。



4期夜活コミュニティに関わってくださった
すべての方に感謝しています。

本当に本当にありがとうございました😌💕

Special Thanks 🌙✨






おわり。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
とっても嬉しいです🥰
natsuki
2021.08~ #SHElikes start ✽ | 4期she夜活コミュニティプランナー| '94(27)|求人広告営業 ▶︎ 営推 ▶︎ 2022.01~ マーケ職| 📍HIROSHIMA