障害者雇用口コミサイト「アンブレ」のご紹介
見出し画像

障害者雇用口コミサイト「アンブレ」のご紹介

「アンブレ」という障害者雇用の口コミサイトを運営しているネクストワンの武田です。

新しい機能やサービスを追加したときに、背景などを書いていこうと思います。今回はまず、障害者雇用の口コミサイトを作った理由を書いていきます。

アンブレは
病気、障害のある方が、実際に企業で働いた口コミをみることができるサイトです。

アンブレでできること

まずは簡単に、アンブレがどんなことをできるサービスなのかをお話しします。
アンブレでは下記の2つのことができます。

1つ目は、自分にあったぴったりの職場に出会えることです。
病気や障害に絞って企業を検索できるため、自分と似た境遇の方の働き方や満足度などを知ることができます。
口コミには、仕事内容、配慮事項、給料などの企業情報に加え、障害や病気のある方がその企業で働いた感想や働き方といったリアルな職場の様子が書かれています。企業の単純な評価を知るだけでなく、自分との相性を確認することができます。

2つ目は、自分の特性と上手に付き合う方法に出会えることです。
口コミには、企業情報のほかにも当事者が障害や病気によって抱える仕事の悩みやその解決策が書かれています。
また、9000以上ある口コミを障害や病気ごとに集計し、満足度の高い職場の特徴や向いている仕事、働き方を分析したコラムも掲載しています。

例えば、こんな記事があります。
315人の体験談から学ぶ、ADHDの方に向いている仕事と働き方

アンブレを作った理由

1. 知人からの相談
私は前職で5年ほど、患者の体験談共有サービスの責任者をしていました。
その中で知り合った発達障害のある方から「どのような会社に勤めれば良いのか分からない、イメージがわかないし、情報が少なすぎる」という相談を受けました。

調べてみると、確かに障害のある方の転職に関する情報は限られていました。そして、この情報でどう探せばよいのかわからないというのも納得の状況でした。

多くの患者と関わった経験やwebサービスの運用の経験を活かして、何かできるのではと考えはじめました。

2.精神疾患のある方の定着率の低さ
その後も障害者雇用分野について調べていると、
あきらかに精神疾患のある方の職場定着率は低いことがわかりました。

さらに当事者の方のお話を聞いていると定着率以外にも、みなさんが幸せに働いているとはいえない状況が伝わってきます。

一方で、向いている仕事に出会えれば、またはちょっとした工夫で働きやすい幸せな職場が作れれば、長く働いている方も多くいらっしゃいます。

定着率が低い要因を考えていけばいくらでも理由はあると思いますが、適切なマッチングや働くためのノウハウを共有することで、少しは改善できるのではないかと考えるようになりました。

3. 集合知的な世界観が好き
次は、「口コミ」という形式を選んだ理由です。

誰かの経験が誰かの役に立つ、そんな世界を作っていきたいと思い、この形式を選びました。

つらいことや嬉しいことなど様々な経験が一か所に集まり、経験が積みあがる。
その積みあがった経験を活かして、次にトライする人が少しずつ よい環境で、少しずつ良い方法で働けるようになっていけばよいなと思っています。

現時点で大きなビジョンを言い切ることはできませんが、サービスを通して、具体的な問題解決を積み重ねて、少しずつ状況を改善していきます。

アンブレが目指すもの

最近は
・アンブレで企業を見つけて就職できた
・働く勇気がでた
などの嬉しいお声を少しずついただくようになってきました。
少しずつではありますが、当初目指していた姿に近づけているのかなと考えています。
そして今後は、さらなる企業との出会いをスムーズにするためのサービスの開発、障害や病気のある方の仕事に関する知恵の蓄積、発信を強化していきます。 

また現在は同時に、企業のみなさま向けのサービスも計画中です。

これからも、幸せに働く人と場所を増やすべくサービスの開発をすすめていきます!
サービスはこちらから
https://umbre.jp/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ネクストワン

いただいたサポートは事業運営に使わせていただきます。

ありがとうございます!嬉しいです。一生懸命よいサービス作ります。
障害者雇用に関する口コミサービスを作っています。 https://umbre.jp/