見出し画像

アンティークのテーブルが大変なことに(汗)

天板が真っ白に・・

前にリノベーションと家具のコーディネートをさせてもらった京都の着物サロンさんから連絡が・・

「イベントでテーブルが白くなってしまった〜どうしよー(泣)」

もーすっ飛んで行きました〜

昔の家具の塗装はとってもデリケート

現代のウレタン塗装ならなんてことないのですが・・

恐らくアルコール消毒が溢れてしまって、塗装が変色してしまったのでしょうね・・

アンティーク家具お持ちの皆様、お気をつけくださいね😊



とりあえずこうなってしまったのはどうにかしないと・・

ということで、購入した箕面のアンティークショップmidiさんに連絡してまず見に来てもらいました

アンティークス midiさんはお店に行かれたらわかりますが、めちゃくちゃ家具愛に溢れてる・・ほんと、良いお店で買っててよかった


実は家具をコーディネートした時に関西のアンティークショップ殆ど回って、結局、テーブル、チェア、コーナーキャビネットなど全部midiさんの家具に決めたんで・・

全て自社工房で美しくリペアされてて、アンティークの迫力が存分に現代によみがえっていたので

お店の工房に持って帰って天板の修理をしてもらえることになって一安心


そして復活!

そして約2週間後…

修理を終えて持ってきてくれはった天板がこれ!


もう・・美しい・・・

着物サロンのオーナー由紀子さんも喜んでくださって一安心😊



これからもずっと美しく使ってもらえるように・・

ただ、実は修理前に一つ心配していました


綺麗にはなると思うけど、その時に「アンティーク家具はとってもデリケートなのでこれからは気をつけてくださいね」ではまた同じことになる気がしてた😂

人気のサロンさんなので不特定多数の人が集まるし、いちいち来てくれた人に気をつけてたらせっかくの豊かな時間が台無し…家具のショールームやないねんから😂

どうしよう・・

そこで思いついたのが、アクリル板(PET板)で必要な時だけ薄いカバーをすればいいやん✨


知り合いのアクリル屋さんに作ってもらいました


写真で見てもあまりわからない感じでとっても自然

実はテーブルの形がめちゃくちゃ特殊だったので修理前に紙に油性ペンで型を取ってアクリル屋さんに送って、作ってもらいました😊

だからめちゃくちゃぴったり!

これ、オーバルのアクリル板では不細工やし、透明のテーブルクロスとかじゃせっかくのかっこいいテーブルの迫力が・・・😂ってことなるしね


ほんまに作ってもらっといて良かった😊

再びお客様をおもてなしできる素敵な空間になりましたとさ


自分にとって大切なこと

仕事を長く続くけていると、いろんなことが起きるよね〜

今回の件も、ひょっとしたらリフォームしてだいぶ経ってるし、普通は対応しないのかもしれない・・

でも私に依頼してくれて喜んでくれたお客さんが、えーん、どうしよー(泣)ってなってたら居ても立っても居られない


そしてこうして対応して、喜んでくれはったら何にもかえられない喜びがある

大袈裟にいうと魂にご褒美もらえた感じ

でも、今回もmidiさんやアクリル屋さんがプロの対応してくれたからお客さんが笑顔に戻った

最初にテーブルのカタチ見たとき、アクリル屋さんはびっくりしてはったけどね😝


ほんまに周りの人の繋がりって大事

自分が大切に思うように、私のことを大切に思ってもらえるように信頼を積み重ねていこうと思う





おまけ:京都は洒落てるわ〜

テーブルが美しくなったのでオーナーの由紀子さんと京都でディナー

なかなか予約のとれない超人気のイタリアン

ほんま、京都って上品ですわ

大阪でこんな上品な感じ、なかなかあれへんw

こういうお店のデザートってホントに裏切らないねw

お料理もパスタもワインも堪能して大満足・・あ、仕事しに行ったよね、私w


由紀子さんのサロン

もっと自分を高めたいって思う方、一度行かれてみては?

ものすごーく奥深い京都や日本文化に触れられます

新しい自分に出会えるかもよ

山本呉服店 京都店 山兵さろん




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
きゃー💖ありがとう😊
1
1965年生まれ。マイリッシュデザイン(大阪市西区)代表。インテリア設計、リノベーション、オーダーカーテンなどを行なう。二級建築士(登録番号第750002号) ホームページ https://www.mylish-design.com/profile1/erabareruriyu/